登って潜って、月をみて。

生きていれば、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちにさせてくれる。

美ヶ原へ その2

こういう地図が、いちばんわかりやすいや。

 

9:50

ふる里館を出発~。

太陽は偉大ですね。

半袖で気持ちよく歩ける。

あれ?

他の人は、薄手のダウンとかフリースとか着てるぞ。

ほんと、接客のとき気をつけなきゃ。

みなさんと私とでは、体感温度がこんなに違うってこと、忘れないようにしなければ…

 

美ヶ原のシンボルの塔です。

 

茶臼山への分岐ですが、ガスってきたからやめよう。

10:20 分岐

ガスっていて展望がないけれど「アルプス展望コース」へ。

王ヶ頭へ向かいます。

北アルプスを一望できる、いい道なのだけれど真っ白けっけだ~。

北アルプス方面以外は青空なんだけどなぁ。

でも、こうやって見えないときもあるって知ってるからこそ、見えたときの喜びは大きいのです。

そして、見えなくても、あの山々が雲の向こうにちゃんとあるっていうことを知れているだけで、なんだか幸せだなと思うんです。

でも、見えたらもっと嬉しいんだけどなぁ、と歩いていたら…

ブロッケン現象が!

薄い雲海にできたので色が薄くて、私のスマホでは撮れていなくて残念。

 

王ヶ頭が近くなってきました。

朝、牛伏山から見えたところです。

 

お姉さん、ごめんね…

せっかく教えてもらったけど、まだピザがお腹にいる。

教えてもらったビーフシチューは、来年の冬にいただくことにします。

 

11:00 王ヶ頭ホテルの下

 

王ヶ鼻へ向かいます。

 

いや〜、いい道です。

 

11:25

王ヶ鼻に着きました。

 

ここから日本百名山の3分の1近くを見られるそうですが!

 

むぅ。

雲海、もしくはガス。

 

 

 

王ヶ頭ホテル方面も、雲がわいています。

ここからの景色はまた今度、だな。

でも歩いてこれて楽しかった。

途中、いい景色がいっぱいでしたもん。

戻るか~。


あぁっ。

未練がましく、最後に振り返ったら雲海が下がってるじゃないの!

あれは、白馬岳?

と心の中で呟いたら、後ろにいたおじちゃんが「あれは白馬かね?」と言ってたので、そうだということにする。

山座同定、苦手。

山座同定 - Wikipedia


あっ、槍だ!

一瞬だけ姿を見せてくれて、すぐガスの向こうに消えました。

嬉しい。

この景色を見せてくれて、ありがとうございました。

 

それからも雲のダンスは続きます。

 

12:15

王ヶ頭へ戻ってきました。

ここも彫刻の森のよう。

自然の中に人工物って好きじゃないのに、なんか圧倒される。

 

王ヶ頭ホテルです。

泊まることはおそらくない(お高い)ので、寄ってみよう。

お腹があまり空いていないので食べないけれど、パチリ。

 

お土産は、mont-bellの王ヶ頭限定グッズがあるくらいで特に買いたいものはナシ。

 

すてきな館内ですね。

あたたかみがあります。

 

有料トイレをお借りしてから、外のベンチへ。

朝、食べきれなかったパンでランチにします。

 

12:50 出発

いい景色だ。

歩いていて気持ちいい。

 

今回は、今朝のご来光に始まり、鳥に見える雲がいくつもありました。遊歩道も広くて、周りが全部見えて、歩いていて気持ちいい〜。

あと1時間ちょいで、このお散歩が終わっちゃうのさみしいなぁ…

 

ふる里館へまもなく着きそうになった途端、またガスの中でした。

牛さんたちは、はむはむ食事中。

 

13:35 ふる里館

預けておいた荷物を回収して、牛伏山への途中の遊歩道から高原美術館へ向かいます。

ふる里館から15分ほどで着きました。

 

朝、外側からですが彫刻はまぁまぁ見たので、展望テラスでソフトクリームにしよう。

霞んでいますが、北アルプスの稜線や浅間山荒船山まで見えました~。

どこを見ても美しい。

 

標高が高いことがよくわかります。 

パンッパンですね。

 

ちょっとお金がかかりましたが、松本市街へタクシーで戻りました。

レンタカーか無料送迎バス(1便のみ)かタクシーしか、ないので。

でも、頻繁には行かないところですし、晴れたんですもん。

無料送迎バスだと、散歩の時間がないんですよね。

ふる里館は(冬以外)連泊できないので、ほかのところに泊まって連泊する方もいらっしゃいました。

冬に雪景色を見に来よう、必ず。

 

そのとき、牛たちはどこにいるのだろう?

 

冬にまた。

美ヶ原 山本小屋ふる里館

以前、美ヶ原を歩いたときに泊まったのは「美ヶ原高原ホテル 山本小屋」でした。

美ヶ原高原ホテル山本小屋 - 信州 美ヶ原高原ホテル山本小屋

何年前のことか思い出せないくらいですが、美ヶ原へはもう一度行ってみたいと思っていました。

 

美ヶ原高原 星空へ続く宿 山本小屋ふる里館【公式】ベストレート保証

今回は、食事のすごさと部屋の過ごしやすさ(和室は、腰痛持ちにキツイ)で「ふる里館」に泊まります。

初めて見ましたよ。

じゃらんで、1000件以上口コミがあるのに5.0なのを。

星空へ続く宿 山本小屋ふる里館の口コミ・評判 - 宿泊予約は<じゃらん>

 

松本駅から送迎バスに乗せていただき、約1時間後。

寝てたら、美ヶ原高原美術館に着きました。

朝までここもどしゃ降りだったそうですが、昼前にやみ、雲海が広がったそうですよ。

でも2日間、もともと雨の予報だったので、こうして青空が見え始めてくれただけで嬉しいです。

 

そこから数分で、今夜の宿に到着。

若いスタッフが多く、説明もわかりやすく聞き取りやすい。

これ、大事!

早口だったり声が小さかったりすると「ほぼわかんねぇ〜」ことも多々あるので。

 

部屋、ステキ!

柱の向こうにはソファもあり、座って過ごせるのがいい。

 

トイレの手前には、タオル掛けがありました。

よく、ガシャンと広げるタイプのは見ますが、これなら邪魔になりません。

 

そしてお風呂です。

大浴場もありますが、今の季節は貸切風呂も2つ。

このように、部屋番号のマグネットをあいている枠に貼り付けていきます。

入ったあと、次に入りたい枠が空いていれば貼り付けます。

夕食前にさっぱりしたかったので、チェックイン後の枠が空いていたのでチャポン。

大浴場も広くていいけれど、この広さがあるなら、ひとりでの〜んびり湯につかりたい。 

大浴場も見るだけ、行ってみました。

 

冷蔵庫にあったチーズケーキを食べて、散歩へ出かけましょう。

気に入れば、売店で買えます。

 

風があるんでしょうね。

刻々と、雲が形を変えてゆきます。

見飽きない。

さすが標高2000m超。

涼しくて快適〜。

 

18:00から夕食でした。

「明日、美ヶ原を歩く」とチェックインの際に伝える(送迎バスに乗らないため)と、ランチの心配をしてくださったフロントの方が夕食時に、王ヶ頭ホテルのランチをプリントアウトしてくださって。

日帰りカフェ2034 | 王ヶ頭ホテル

ビーフシチューがおすすめらしいです。

検索すれば、すぐに私もこのページを見れたと思うのです。

でも「美ヶ原高原美術館にも食べるとこあるだろうし、テキトーにすませます」と言ったことを覚えててくれて、というのが嬉しい。

 

前菜って、一口サイズでこんなにおいしい。

すごいよなぁ。

 

吸い物は、松茸の土瓶蒸しスタイル。

ちょっと面倒。

普通にお椀がいい。

 

蕎麦、うまい。

 

岩魚を焼いたの。

絶対、「頭から食べられます」って言われますよね…

 

信州牛の溶岩焼きです。

富士山麓の溶岩でジュゥッと焼きます。

脂がパチパチはねます。

柔らかい〜。

 

筍、まいたけ、コシアブラ、ふきのとう。

やっぱり、天ぷら苦手だ〜。

これでお腹が一気に膨れる。

 

〆の野沢菜ご飯、普通盛りか小盛りかを聞かれて「普通盛りで」と言ったけれど、これは私の小盛りだなぁ〜という量だったのに、おかわりガマンできた。

 

デザートがでかくて驚く。

いちごのババロアのパフェですって。

 

野沢菜ご飯、ガマンできた。

えらいぞ!

と思っていたら、

「小さなおにぎりにして、部屋へお持ちいただけますよ」

2つください。

まぁ、小盛りだったし。

でも、おにぎり2つプラスすると大盛り以上になるのでは?

うっすらそう思いましたが、おにぎりって言われたらもらうでしょう。

夜のツアーから戻ったら食べよっと。

しかもツアー後には、焼き芋まで用意されていました。

 

ツアーの始まりです。

持ってきた防寒具で足りない場合、ベンチコートを貸してくださいますのでご安心を。

雨のせいか今日は暖かかったように私は感じましたが、ダウンを着ている方が半数以上いらしたので、たぶん寒いんだと思います。

ライトも貸してもらえて、至れり尽くせり。

 

月が明るくて星はあまり見えませんでしたが、北斗七星はもちろん、冬の大三角春の大三角夏の大三角、すべて見ることができました。

私のスマホでは撮れませんが、雲海も。

 

鹿は夜だけ、やってくるそうです。

昼はどこにいるんだろうね。

いっぱいいました。

ライトに浮かび上がる、おしりの♡がかわいいです。

 

宿の方が星座の説明をしてくださるのですが、同じように星を見上げても、この方には全く違う空が見えているんだろうなぁ。

私には、明るさの差はあっても無数の星にしか見えないけれど、星がわかる人には、星が描くたくさんの絵が、空いっぱいに広がっているんだ。

 

人工衛星も見えました。

秒速8km近いんですって。

はやっ!

 

望遠鏡で、月のクレーターを見せてもらえました。

感激。

すごくすごく美しかった。

その写真を後日、データでいただけます。

その日の月が、こちらです。

 

翌朝、日の出前の空をみようと4時に起きて、牛伏山へ。

 

雲がたっぷりで、太陽はみえませんでした。

でも気持ちいいから、もうちょっと歩いてみようかな。

 

王ヶ頭ホテルも見えます。

あとで、あの先まで歩くぞ〜。

 

きれいな空だ。

 

美ヶ原高原美術館まで、思ったよりすぐでした。

 

その脇を木道が通っているのです。

 

橋をくぐれば、駐車場。

 

ここは、5月の1万円さんぽで行った、箱根の彫刻の森美術館の姉妹館なんですって。

 

雲海と太陽です。

ここまで来てよかった〜。

見とれちゃう。

 

当たり前ですが、誰もいない。

中には入れませんが、外から撮れます。

 

遊歩道を戻ります。

 

いい道〜。

 

牛さん、放牧中。

 

約1時間半の散歩でした。

楽しかった。

戻って、温かいココアがいいねぇ〜。

 

いい景色見れたし、朝のツアーは行かなくていいかな。

チェックアウト後に、また歩くし。

やっぱり、みんなで移動とかって苦手。

自分のペースで楽しみたい。

 

あ、貸切風呂あいてる。

ツアーへ行く人が多いからだな。

汗を流そう。

 

大浴場のマッサージチェアも、ひとりじめでした。

うとうと…

これ、気持ちいい~。

欲しい。

 

さて、さっぱりして朝食です。

ツアーの方々はまだ戻っておらず。

私のほかにも4組、ツアーに参加しなかったようです。

お先にいただきまーす。

牛乳がおいしい。

おかわり!

 

どどーんとピザが出てきてびっくり。

私ひとりなのに、このサイズなんですね…

けっこうありますよ。

うまい!

じゃがいものポタージュ、あったまる〜。

りんごのピザも、希望者には配られました。

 

え、パンまで出てきたぞ…

持ち帰りの袋とともに出てきたので、持ち帰り前提なんでしょう。

 

ほかに、ベーコンエッグもありました。

ピザは温かいうちに食べたいから、パンはお昼にいただこう。

パンも焼きたてがおいしいとは分かっているけれど、とても食べられません。

 

 

売店に寄ると…

おぉっ、雷鳥の里のカラビナがあるじゃないの!

すてき。

これ、常時あるものなのか?

北アルプスに行けば、いろんなところで雷鳥の里を見るけれど、カラビナはお初だぞ。

新製品?

買う。

会計後、ガラガラをまわして、ライト付きのボールペンがもらえました。

 

散歩に不要な荷物を置かせていただき、お散歩へ。

続きます。

 

 

美ヶ原へ その1

前日の夜、あずさを「えきねっと」で予約しようとしたら、まさかの満席。

仕方ない。

座席未指定券で乗ろう。

座席未指定券とはどのようなきっぷですか。 | よくいただくお問い合わせ:東日本旅客鉄道株式会社

乗車してから思いついて「えきねっと」で検索。

甲府から乗るとしたら、空いている座席はあるのだろうか?

お、7と8号車が狙い目。

甲府で30席以上、空くもよう。

座れるかも〜、と今いる5号車のデッキから移動しておきました。

結果、八王子から乗って約1時間、甲府で座ることができました。

松本で下車。

気に入っている「くらすわ」でランチです。

和ダイニングくらすわ 信毎メディアガーデン松本店 | くらすわ

前日に、コースを予約しておきました。

予約しないと食べられないコースがあるのです。

ワンドリンクつくし、前菜やスープもあるのでこちらにしました。

ランチは野菜のビュッフェがついているせいか、開店と同時に女性客が続々と入店。

諏訪湖のお店で食べたとき、人参のピクルスを食べすぎて大変なことになりましたから、今回はやめとこうと思ったら、ピクルスがなくて、スライスされたものだけでした。

これでガマンしないで済む。

おいしいと分かっているものを目の前に、ガマンするのつらい。

 

ワンドリンクは「紫蘇とりんご酢ソーダ」にしました。

アルコールもあります。

 

ふろふき大根、うまーい。

ジャガイモ、大好き。

サツマイモは甘いから控えとこう。

なんの線引か不明ですが。

ジャガイモ、太るらしいですね…

玉ねぎのスムージーは、辛味を感じずゴクゴクのめました。

前菜は

・アスパラと筍の天ぷら

ローストポーク

・きのこのマリネ

八ヶ岳サーモンに、柴漬けソースをのせたもの

 

スープは、ジャガイモの温かいポタージュで燻製っぽい味でした。

これ、好き。

 

メインは、信州十四(ジューシー)ポークの肩ロースを玉ねぎのソースで。

うまい!

魚か肉か選べと言われたら、昔は魚だったけれど、今は断然、肉!

 

デザートは、甘酒のパンナコッタに桜のジュレでした。

 

予約不要のランチメニューは、こんな感じです。

 

夜は豪華。

アラカルトより、絶対にコースがいいと思います。


諏訪湖のお店で初めて飲んで以来、クロモジ茶が好き。

香りがいい。

 

ここの1階にはおいしいジェラート屋さんもありますが、さすがに食べ過ぎだ。

やめとこ…

 

食事をしたテーブルから、パルコが見えました。

あ、マッサージ機してこ。

3階にあります。

30分500円が最長です。

100円玉が5枚あって、よかった〜。

お尻と足裏をグリグリほぐしてくれるのが気持ちいい。

 

朝も降り続いていた雨はやみ、青空になってきたけれど、ぐるりと松本を囲む北アルプスの頂には雲がのっかっています。

 

これから美ヶ原へ。

松本駅から、無料送迎バスが出ています。

乗り場を確認したあと、駅ビルのこれに寄ってく〜。

自分ができそうにないことは、とても興味がわきます。

イチゴはありそうだけど…

鯛焼きとか、斬新なアクセサリーになってますね。

両耳にアメリカンドッグついてたら、笑うわぁ。

海老フライやギョーザだって、笑う!

 

この駅ビルの4階にも、マッサージ機がありました。

ですが、12分300円。

パルコの勝ち!

 

美ヶ原行きの送迎バスに乗り込みました。

続きます。

 

 

2024年5月 1万円さんぽ《おまけ》

先日の1万円さんぽ「箱根」編で、予算がけっこう余ったので番外編。

 

京王線幡ヶ谷駅からスタートです。

ちょっと思い出せないくらい昔なので、おそらく20年は前だと思うのですが、中華料理でおいしかったよなぁと思い出して、行ってみることにしました。

龍口酒家 本店 (ロンコウチュウチャ) - 幡ケ谷/中華料理 | 食べログ

まだ、お店あった。

改札を出てすぐの駅ビル内です。

13時前でしたが、外の椅子には順番待ちの方がずらり。

でも回転がいいのです。

座っている間に注文を聞かれ、座ると数分で出てくる。

 

ランチメニューは、こちら。

夜は「おまかせ」

お腹がいっぱいになったらストップしてもらうんです。

 

ツレも私も、④にしました。

麺類は半分になりますが、小鉢が3品に増えます。

麺類が大きいメニューは、小鉢が2品。

ごはん、つけもの、杏仁豆腐はどれでもつくみたい。

ツレは生姜のあんかけの麺、私はクルミだれの麺。

麺はどれもクロレラを練りこんだ、緑色をしています。

左上の、豆腐の麺みたいなのおいしい~。

いかにも体に良さそうな。

 

お店の外から見える漢方の数々。

 

 

ここから代々木上原駅方面へ歩いていきます。

途中には、おいしいパン屋さんのカタネベーカリー。

カフェにも行ってみたいなぁ。

カタネベーカリー - 代々木上原/パン | 食べログ

 

代々木上原駅の先へ進みます。

「ところてん、つきます」って?

ところてん、パックに入ったのしか食べたことない。

うにゅぅ~って押し出されるんですよね、あれって。

えー、見てみたい。

 

1つお願いします!

出るとこ、見せてください。

そしたら、やらせてもらえました。

軽い力で出ちゃうんですねぇ。

帰って、冷やして食べたらとてもおいしかったです。

 

なんだろう、この花は。

「柏葉紫陽花」ですって。

カシワバアジサイ - Wikipedia

アジサイって、まんまるばかりじゃないんですね。

尖ってる。

 

さらに、駒場東大前駅方面へ。

わき道に入ってみると、公園になっていました。

歴史を訪ねて 旧前田家本邸 | 目黒区

木々の背が高く、緑が濃い。

日陰が本当に涼しくて、心地よかった~。

なんか敷いて、草っぱらでお昼寝したい。

 

洋館の佇まいもすてきです。

 

 

最後は、駒場東大前駅の駅前にあるパン屋さん。

ツレが以前寄って、とてもおいしかったそうで連れて来てもらいました。

ル・ルソール (Le Ressort) - 駒場東大前/パン | 食べログ

 

どれにするか、迷う~。

明日、山へ行くのであんパンが欲しかったけれど、売り切れ。

ピスタチオのクリームが入ったもの、王道のカレーパン、縦半分に切ったバナナが丸ごと1本のっているもの、チーズがもちもちカリカリ、などなど。

トレイに載りきるくらいを目安に、欲しいものを買いました。

 

おいしいや、どれも。

踏切をはさんで公園があったので、またこのお店に来るときはピクニックをしたいと思います。

 

今日は12403歩でした。

 

2024年5月 1万円さんぽ

今月は箱根へ。

 

先月、食べたお蕎麦屋さんからスタートです。

ツレもお蕎麦が大好きなので。

小田原駅からバスに乗り「仙石」で下車。

バス停の目の前です。

箱根 座りや

Aセットが断然おすすめ!。

 

春らしく、前菜も天ぷらも、山菜の盛り合わせでした。

 

栃尾揚げも食べちゃおう~。

中は、しっとりみっしりではなくて、悪い意味ではなく水分は少なめ。

 

私はとろろ蕎麦、ツレはもち豚そば。

とろろ、ねっとりしていておいしかった。

 

デザートは、あんみつ。

この前食べて、すごくおいしかったんですもん。

あんこって、なぜこんなにおいしいのでしょう。

大人になって、好きになってよかった。

 

食べるのが遅い私が食べている間に、食べたら眠くなったツレはスピスピ寝ていました。

 

「仙石」からまたバスに乗ります。

バス停に番号が振ってあり、分かりやすい。

箱根は、路線バスが入り組んで走っていますからね~。

 

強羅駅前で、転回します。

くるりと回って、おもしろかった。

 

箱根へは観光でなく、山に登るために来ることがほとんどなので、観光らしいことしてみよー。

美術館がたくさんあるのね。

箱根 彫刻の森美術館 THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM

青空ならきっと、もっと彫刻も映えるのになぁ…

と思っていたけれど。

 

雲の穴に吸い込まれてゆきそうだなぁ~。

いろいろ想像力がかきたてられます。

 

この球体には2つ、穴が空いています。

頭を突っ込むと…

万華鏡のように反射しておもしろい。

みなさんなぜか、反対側から写真を撮ろうとする人と頭を突っ込む人がペアになっていないことが多くて「あ、すみません…」ってお見合いみたいになっていて、周りが大笑い。

 

 

これ!

見入っている人が多かったです。

ただまわっているだけなのに、なんか不思議というか。

 

躍動感のある人たちがたくさん手をつないでいます。

生垣があるからできなかったけれど、自撮り棒があればもう少しスマホを近づけて下から仰ぐようにして撮ったらおもしろそう。

腕を精一杯のばしてみたら、こんなのが撮れました。

 

「いっせーの、いち!」って遊びましたよね。

 

ここも人気でした。

20人くらい座れる、大きな目玉焼きのベンチ。

 

めっちゃ、体やわらけぇ。

最近、すっかりかたくなってしまいました。

以前は前屈すると、脚を交差させていても手のひらがべったり床についたのに…

ストレッチ増やそうっと。

 

あ、この人、パンフレットで見たことある。

思ったより、大きかったです。

 

480枚のステンドグラスの塔です。

外から見たら分からないけれど、中へ入って圧倒されました。

私、ステンドグラスの光が大好きなのです。

一方通行のらせん階段を上っていきます。

上ってゆくと景色が変わる。

うわぁっ~、で心がうめつくされていました。

ほんとにきれいだったなぁ。

 

この方たちと、うまく重なって写真を撮ったり。

 

バイバイ、またね。

 

ミュージアムショップには、かわいいネックレスがたくさん。

箱入り娘、ってシャレてる。

 

彫刻の森美術館、行く前はこんなに楽しめると思いませんでした。

ほかの美術館も行ってみよう。

行かないで「つまんなそう」って思うのは、つまんないと思う。

行ってつまんなければ「やっぱりつまんなかったね~。あっはっは」でいいんですもん。

 

 

歩数は18091歩。

来月はどこへ行こうか。