山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

山の記録

立山黒部アルペンルート

朝食をいただき、7:00過ぎに出発。 喫茶メニューには、大いに未練あり。 次に来たときは食べるぞ!! 室堂のターミナルは近すぎます。 どんなにゆっくり歩いても15分ほど。 天気がいいから、もっとゆっくり歩く。 何度も何度も振り返る。 またあの稜線を歩…

室堂さんぽ

本日宿泊する、みくりが池温泉にザックを置かせてもらい、登山靴からサンダルに履き替えてお散歩へ。 なんてきれいな池なんだろう。神様の台所です。 お腹空いています。 みくりが池温泉で見かけたピザにも心ひかれましたが、せっかくの青空、もうちょっと外…

立山へ その4

鹿島槍ヶ岳から昇る朝陽を見て、朝食をいただいて、トイレを済ませて6:25。 ゆっくり出発しました。 けっこう風が吹いています。 お盆の天気予報は残念ながら、ずっと雨と風が強い予報。キャンセルも多いでしょう。 山小屋にとって、本当に痛手だと思います…

立山へ その3

朝食をすませて小屋の外に出るとライチョウの声。 砂浴びをしたりしていることもあるそうです。 あえて探すほどではないので、ご来光に集中。 ここから見ると台形に見える前剱のあたりから太陽が! 5:15でした。 5時間以上トイレがないので、もう一度、ト…

立山へ その2

地鉄富山駅から、終点の立山駅へ。 1時間20分ほどです。 雲ひとつない青空。 山々の稜線がくっきり。 どきどきしてきます。 緊張ではありません、楽しみでたまらなくて! です。 立山駅から称名滝まではバス。 アルペンルートは切符売り場に並びますが、こ…

立山へ その1

勤務明け、新幹線で富山へ。 今回は有給を2日とり、明け休みプラス4日間、剱岳を眺める山歩きへ出発です。 それにしても、富山へ行くたびに思う。 北陸新幹線、ありがとう。 妙高山や火打山も登ってみたいなぁ。 おかげでほんっと、アクセスしやすくなりま…

中央アルプス 空木岳へ その4

4:20に目が覚めました。 小屋の前でご来光を見てから出発しよう。 今朝の気温は14℃。 いいなぁ、小屋の前で見ることができて。 小屋が金色に染まります。 振り返ると、雲海。 半袖でいいや。 風がないから、すぐ暑くなるでしょう。 〈本日の計画〉 5:00 出発…

中央アルプス 空木岳へ その3

極楽平を出発し、右に左に絶景を眺めながら歩きます。たまにハシゴ。 興味はないけれど、花の写真を撮ったりします。 10:25 濁沢大峰 ゴゼンタチバナだっけ(違っていたらスミマセン)、八ヶ岳で教えてもらった花に似ているなぁ。 その後ろの花もかわいい。 …

中央アルプス 宝剣岳(ほうけんだけ)〜空木岳へ その2

買っておいたおにぎりと味噌汁で朝ごはんを済ませ、6:11のバスに乗りました。 次の「菅の台バスセンター」では… バス停には100人以上、チケット売り場にも30人以上が列を作っていました。 山岳地帯を走るバスですので補助席は使いますが、立ってギュウギュウ…

白駒池 苔ツアー

白駒荘で申し込んだ「苔ツアー」 参加費は、ひとり3000円です。 時間は約2時間なので、山から下りて泊まって、あとは帰るだけ~、なんてときにもちょうどいい。 まずは、八ヶ岳の成り立ちから。 10万年前に硫黄岳が爆発して、にゅう(ここからの景色も好き…

男体山へ 

男体山は、山が信仰の対象です。 それにふさわしく(?)「二荒山(ふたらさん)神社中宮祠」が登山口。 標高は1280mです。 6時の開門前は登ることができません。 背後に男体山がすっきり見えています。 登山届のようなものに記入し、下山時刻も申告します…

日光白根山へ その3

「前白根山」の山頂でのんびりして「白根山」へ向かいます。 7:40 ぐんぐん下り、きれいな避難小屋に到着。 ここらの山も、山頂に小屋があったらなぁ…日帰りなんてもったいない景色なのに。 山小屋を維持(特にトイレ)するの大変だって知っているけれど、…

日光白根山へ その2

3時過ぎに目を覚まし、昨日買っておいた駅弁で、がっつり朝ごはん。 駅弁屋のお姉さんがおまけしてくれたお菓子もしっかり食べ、山歩きに不要な荷物をフロントに預けて出発。 歩行時間が9時間の予定ですから、麦茶などを2リットル以上、あんパン(山で食…

新緑の高尾山へ

休みだったので、寝たいだけ寝てから高尾山へ向かいました。 暑い〜。 どこを歩こうか迷って、琵琶滝・1号路へ。 涼しさを感じる水の音、緑の濃い匂い、鳥のさえずり、木陰のヒンヤリとした空気。 やっぱり山はいいなぁ。 7月上旬頃の気温ということで、9…

沼津アルプス その3

11:35 馬込峠 葉っぱの影が、これから歩く道にたくさん落ちています。 きれいだなぁ。 また海! 奥駿河パノラマ台です。 トイレがあればここでのんびり、本読んだりしたいのですが。 ここからしばらく、左に駿河湾を見ながら気持ちいい道が続きます。 振り返…

沼津アルプスへ その2

日本には、いくつのアルプスがあるか知っていますか? でっかい山脈の北アルプス、中央アルプス、南アルプスは何日もかけないと歩き通せません。 そのほかに、日本各地に「ご当地アルプス」があるんです。 全国のアルプスを歩こう! 今だからこそ行きたいご…

沼津アルプスへ その1

これからは、北アルプスなどの高い山だけでなく、日本各地にある「ご当地アルプス」も歩いてみたい。 山を歩いたあとに入る温泉、おいしいものを食べるのも大好きなので、2020年12月に歩いた秩父の長瀞アルプスと皆野アルプスを思い出し、そんなことを思いま…

青木ヶ原樹海ツアー その4

いよいよ、最後の洞窟「富士風穴」です。 でかい…石垣に囲まれたところを8メートルほど下りると大きな入り口がぽっかり。 この石垣は、一年通して気温が一定なため、この洞窟で蚕の卵を冷やしていた明治時代に作られたそうです。 この洞窟、中から外を見る…

青木ヶ原樹海ツアー その3

ここは、本栖風穴です。 写真では大きさが分かりにくいですが、水蒸気爆発のあとの噴気孔で、けっこうな大きさです。 深さは15メートルくらい、横穴は500メートルくらいあるそうです。 近くまで行ければ、寝っ転がってどれだけ大きいかお伝えできるかと思っ…

青木ヶ原樹海ツアー その2

樹海の森の高い木は、栂松(つがまつ)が70%を占めます。 檜が20%で、どちらも常緑樹。 いつも青々としているから、青木ヶ原樹海と言われるそうです。 富士山の上から見たら青い海のように見えるのだろうか。 次に登ったら確かめてみたいと思います。 低い…

青木ヶ原樹海ツアー その1

ブログに書くのが遅くなってしまいましたが…4月の半ばに、青木ヶ原樹海を歩いてきました。 今年のはじめ、なぜか急に 「樹海を歩いてみたい」 と思いました。 ひとりで歩くこともできるかもしれないけれど、不安のほうが勝って楽しめないだろうな、と考えて…

浅間山を眺めに その2

10:50 湯ノ平(ゆのだいら)分岐 気持ちいい道〜。 登山道はここから先、いきなり雪道になりました。 ギュッとしまっていて歩きやすい。 アイゼンは付けなくて良さそうです。 11:10 賽ノ河原分岐 前掛山には行けません。 シャクナゲも咲く支度をしています。…

浅間山を眺めに その1

朝風呂ちゃぽん。 長湯すると歩くのがめんどくさくなってしまうので短い時間にせねば。 まぁ、ひとりで来ているので「今日はやーめた」もアリなのですが、快晴なのでそれはもったいなさすぎます! 朝ごはんは8:00から。 ちょっと遅めの出発になりますが、大…

鋸山へ

翌日は千倉に泊まりました。 千倉に来たときはいつも行く「浜の郷」 アジのたたきや大漁丼がおいしいんです。 1年以上ぶりでした。 良かった、ご主人たちも元気そうで。 http://www.nihonji.jp/keidai/ さて、東京へ帰る前に鋸山へ。 ここの百尺観音が大好…

千葉の伊予ヶ岳へ

標高は低いけれど楽しい山。 千葉県の岩井駅近く、伊予ヶ岳(いよがたけ)を往復してきました。 時間があれば、お隣の双耳峰(山頂がふたつ)の富山とあわせて登ることもできます。 先々週、久しぶりの遠出をしました。 勤務明けの日曜日、アクアラインを通…

茶屋メシのはしご

雲ひとつない快晴なので、ちょっと山を歩いてくることにしました。出発が遅くても行けちゃう高尾山。まだ10時半なので、景信山から高尾山にしようと思っていましたが、高尾駅についたらバス停には長蛇の列。小仏行きの方がすごいか。陣馬高原下行きは少ない…

高尾山の先、一丁平へ

駅まであと1分、ってところで気づきました。 箸と油を忘れた… 油はウィンナーを炒めるため。 こんがり焼き色をつけたかったけれど、今日は茹でよう。 問題は箸だ。 今まで何回も箸を忘れ、そのたびに枝を拾っている。 でも今日は現地ではなく、駅に着く前に…

薬王院へ初詣

朝、目が覚めると空はどんより。 窓を開けると寒い。 暖かい布団に戻り、仕事中の短い仮眠では明らかに足りていない睡眠を補給してから、初詣に向かいました。 高尾山口駅の改札を出ると、想像していたより気温が低い。 今日は汗をかいてはいけない気がする…

新年初めての山歩きは

元日は仕事だったので勤務明けに、景信山に登りました。 仮眠でうまく眠れなかったけれど、高尾駅が近づくにつれてヒンヤリとしてきて目が覚めます。 高尾駅から小仏峠行きのバスに乗ります。 このバスに何度乗っただろう…今年もよろしくお願いします。 勤務…

今年最後の高尾山へ

私の山歩きの1年は、ほとんど高尾山に始まり、高尾山に終わります。 もしかしたらもう一度行けるかもしれないけれど、天気次第なところもあるし。 休日、用事をすませた昼前、スカッとした青空だったので、高尾山へ向かいました。高尾山だと、「よし、山に…