山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

高尾山って、いくつもコースがあります


まずは高尾山へ!

 東京に住んでいる方なら、遠足で登ったことがあるかもしれません。

 

晦日には深夜も臨時列車が走り参拝者が絶えず、節分には力士が豆をまき…

そして天狗のいる山です。

 

標高599メートルですが、スタートは標高200メートルほど。

それを1時間~1時間30分で登るのですから、それなりに汗をかけます。

 

普段の服装でも歩ける山ですが、やはり快適に歩けるよう工夫したいものです。

いちばん下に着るものは綿ではなく、運動するときに着ているような化繊がいいです。

本当に寒い時、汗をかかなければ綿でもかまわないです。

あと上着

着ると暑いけど、脱ぐと寒いというのは困ります。

薄手の素材で、面倒がらずに調節するようにしましょう。

登り始めは少し涼しいくらいでいいかもしれません。

すぐに暑くなります。

休憩するときは、冷える前に座ったらすぐに着てくださいね。

 

さて、ようやく山歩き開始です。

京王線高尾山口駅を背に右へ進むと、ケーブルカーやリフト乗り場が正面にありますが、その左から歩き始めましょう。

 

私のオススメは

  • 6号路を登り、稲荷山コースで下山
  • 稲荷山コースを登り、1号路で下山

「歩き足りないな~」

という方は、稲荷山コース~もみじ台~一丁平まで足をのばしてはいかがでしょうか?

 

山を歩くとき、書店で売っている山の地図は持っていってほしいのですが…

高尾山に限っては、京王線の駅に置いてあるスタンプラリーの地図であったり、るるぶなどのガイドマップでよいかと思います。

 

高尾山が初めてという方は、改札を出て登山口まで行く間のお蕎麦屋さん、団子やジェラートは下山後の楽しみにしていただいて、まずは歩いてみてください。

 

6号路は、水の道です。

冬は凍結する場所もあるので、あまり寒くならないうちに登ってみましょう。

 

稲荷山コースは、木の根っこが張り出していたり、少し段差があったりと山を歩く練習になると思っています。

 

目線はずーっと真下だと酔いますし、首も痛いし、視界が狭くなってしまいます。

2~3メートル先を見て、足元は視界に入っていれば、少し前に認識した道を歩くことになります。

特に下山時など「ここ、歩きにくそう」と思ったら、しっかり足元を確認しながら歩いてください。

 

1号路は薬王院がハイライトです。

意匠がステキです。

鮮やかな朱色、こまかな細工、何度も歩いているのに時間をかけて見てしまいます。

 

ここでは御朱印もいただけます。

健康登山のスタンプもあり、たまると精進料理や記念品をいただけるそうです。

励みになりますね。

 

下山後のお蕎麦もいいですが、私は「ごまどころ 権現茶屋」の「ごんちゃ麺」が大好きなのです。

ごまどころ権現茶屋|高尾山薬王院 姉妹店 胡麻専門店・おもてなし茶屋

辛いものが苦手な私も、汁まで完食です。

特にこれからの季節、冷えた体がぽっかぽかですよ。

せっかく暖めても、ジェラートもいただくんですけどね。

ここでは、甘じょっぱさを売りにしているのか?ふりかけをかけたりもできます。

お試しを~。

 

下山後は駅前の水道で、靴についた土を流せます。

駅に直結している温泉がありますので、登る前に着替えをコインロッカーに預けておくといいですね。

ぬるめの炭酸泉があり、リラックスできますよ。

お食事処もあり、ビールで乾杯している方もたくさん。