山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

山歩きにそろえたいもの

最初の山歩きに必要なものって?

  • ヘッドランプ(山の日暮れは、街より早いです!!)
  • 水筒
  • 防寒具
  • 雨具(森の中を歩くくらいなら、折りたたみ傘やポンチョでも)
  • 地図

 

 

それからの山歩きに、あれば快適なものって?

  • 行程にあった大きさのザック(一般的に日帰り20リットルほど、1泊30リットルほど)
  • 上下が分かれたレインウェア(風に吹かれてもまくれず安心、防風の役割も)
  • トレッキングシューズと、厚みのあるウールの靴下
  • 速乾性のTシャツ
  • 脚が曲げ伸ばししやすく、速乾性のパンツ
  • 膝が心配な方は、サポート機能がついたタイツやストック(1本または2本)

 

 街にあるアウトドアショップでは、デザインも素材もさまざまなウェア、ザック、シューズが売っています。

 

確かに山のものは、高いと思われるかもしれません。

ただ、その価値はあると思えるものもあります。

丈夫で、長持ちするものが多いです。

パンツは、伸びがよく速乾性に優れているので、私は旅行の際も着ています。

長時間の移動でも、締めつけず脚は楽ですし、乾きが早いということは持ち物が少なくなります。

 

ここでひとつ注意です。

 

アウトドアショップの店員さんは、必ずしも登山経験者ではないということです。

とくに、ウェアはアパレル専門の派遣会社から派遣される店員さんが多い場合があります。

 

店員さんですから、もちろん素材のことなどは勉強されていると思いますし、詳しい方もたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、山の中でそれを着て、長い時間を過ごすのは私たちです。

素材のことを説明してもらっても、初めてのことですから理解できない部分もあると思います。

買って、山で着て、失敗して…を私も繰り返してきましたが、安い買い物ではありませんし、やっぱり悔しいです。

 

「春の〇〇山に登りたい」「夏にアルプスに行けるようになりたい」といった希望を伝えてもいいですが、店員さんに自分が登りたい山を登ったことがあるか、聞いてみるといいかもしれません。

その山でなくても近い地域で標高が同じくらいであれば、参考になります。

 

「このタイミングで着ればいい」

「これを持っているなら、兼用できるからこっちは買わなくてもいい」

など、具体的なアドバイスをしてくれる店員さんに出会えるといいですね。