山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

山での少し怖かった体験

山岳信仰という言葉があるくらい、古より崇拝の対象となってきた「山」

 

思いがけず、命を落としてしまうこともある「山」

 

霊をみた、とおもしろおかしく書くつもりはありません。

この山で、命を落としてしまった人たちだったのだろうな、と思っています。

どのような状況で、命を落としたのかは分かりません。

 

今までどんな場所にいても、周りの人が「ここ、なんかいるよね…?」という場所でも気配を感じたことすらなく、霊感のようなものは自分にはないと思っていました。

ですから翌朝、霊だったのかもしれないと分かり、単純に驚いただけです。

怖くはなかった。

なんだか、とてもかわいそうだと思いました。

 

 

妹と、中央アルプスのとある避難小屋に泊まったときのことです。

 

山頂まで行く予定でしたが、午後から天候が思わしくなく「明日にしよっか」と避難小屋で寝かせてもらうことにしました。

小屋の入り口の土間で食事を作っていると、やはり空が暗くなり雨が降り始めました。

食べ終わって中でのんびりしていたら、単独の男性がやってきました。

 

男性「いいですか?」

私達「もちろんです」

男性「お二人だけですか?」

私達「はい」

男性「じゃあ、申し訳ないから下りようかな…」

 

いやいや、我が家じゃないし遠慮しなくていいでしょう…

雨だって降ってるし、もう17時を過ぎている。

間もなく真っ暗になる。

 

土間をはさんで両側が板張りになっていたので、分かれて眠りにつくことになりました。

 

男性は眼鏡をかけていました。

こちらも二人ともレーシック手術を希望(角膜が薄くて断られました)するほどの近眼。

 

やることもないし、雨降ってるから星も見えないし。

20時にならないうちに「おやすみなさい」

 

途中で目は覚めたけど、ちゃんと寝ていたようです。

窓から入ってくる白い灯りが眩しくて目が覚めました。

寝ている場所に向けて、下向きのスポットライトのような強い光。

「月…?にしては明るすぎるか…?」

あまりに眩しくて片目だけ開けて、腕時計を見ました。

時計のライトをつけなくても見えたくらい、本当に明るい。

「2時前かぁ、けっこう寝たな」

 

眩しいだけでなく、何人もの声がざわざわ。

けっこううるさい。

「富士山の小屋みたい」

と、ふと思いました。

富士山は、夜通し登る(弾丸登山)方も多いので、たとえば八合目の小屋で仮眠をとるつもりでも、通過・休憩する方々の話す声で眠れたもんじゃないです。

テンションが上がってますし、海外の方の声はさらにデカい。

横になって体を休めるだけです。

 

中央アルプスでも夜通し登る人いるんだな」

寝ぼけた頭でそう考えました。

が、「あまりいなそうだけどな、しかもすごい人数だし」

眩しすぎて目が開けられないけど、ぼんやりと考えます。

 

「まだ雨降ってんのかな、休憩するなら入ってくればいいのに。静かにしてほしいけど」

 

ごとっ、ごとごとっ。

「あー、ここの扉重たかったもんなぁ。開かないのかなぁ」

 

その間も「ざわざわ」は遠ざかったり近づいたり、避難小屋の周りをゆっくり回っているよう。

 

「開けてあげようかなー」

体を起こしながら目を開けると、白い影が土間を入り口に進んでいきました。

「あー、男の人も起きちゃったんだな、そりゃ起きるよなぁ(この声と光じゃ)。それともトイレかな?」

トイレは入り口を出て右回りに進むとあります。

 

自分が立ち上げる必要がないと思ったら、まだざわざわしていたけれど、また眠っていました。

 

翌朝、雨はやんでいました。

「おはようございまーす」

男性に「夜中、トイレ行きました?雨だったから濡れちゃったでしょう。カッパ着るの面倒だからこういうとき、傘あるといいですよねー」

「え?行ってませんよ?どちらかではないんですか?」

と、手で示されました。

妹に「?」と顔をすると「行ってないよ」

そうでしょう、行くなら絶対起こされると思うし、あのとき妹は隣に確かにいました。

 

「え、だって白い上着をはおって行きませんでした?」

そのとき、男性が黒いウェアだったのでそう言ったのです。

男性は「白い服なんて持っていません。カッパも緑です」

と、針金の物干しにかけてあるレインウェアを指しました。

 

お互い無言になりました。

全員が「ざわざわ」を聞き、眩しい光で目を覚ましていました。

男性は最初、妹か私に「ヘッドランプで照らされた」と思ったそうです。

でも光が入っているのが窓からなのを見て「たくさんの人が小屋周辺にいる」と。

 

どうしたかったのでしょう、あの大勢の人たちは。

 

妹と二人っきりだったら…いつものように単独だったら…どうなっていたでしょう。

怖くて、そこにいられなかったと思います。

かといって、外の「ざわざわ」に向かうこともできない。

男性がいたから、男性だと思うことができた。

 

もう山頂へ向かう気持ちがなくなっていました。

「下りよっか」「うん」

 

後日、他の山小屋の方から、その避難小屋がある場所は、遭難した方々を火葬したところだと聞きました。