山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

お金は分けて持ちましょう!

いつものバッグに入れているような財布を山に持って行く方は、あまりいないと思います。

トイレでチップとして入れる小銭、お札の他には往復の乗り物で使用するSuicaなどのカード、人によってはクレジットカードを持つ場合もあるでしょう。

 

すごく小さなジップロックに入れて、かさばらないように現金だけを持つ方も多いようです。

私は、小さな財布と小さなジップロックの2つ持ちです。

 

 

南アルプスを下山しているときに、それは起こりました。

景色がいいところでのんびりする以外は、登りも下りも立ったまま休憩をとることが多いのですが、そのときも一息ついたあと、ついでにチョコでも食べようとザックを下ろしました。

下ろしたザックを自分の体に寄りかからせて、麦茶も飲みました。

 

登ってきた方に話しかけられ、不用意に体の向きを変えました。

すると…体に寄っかかっていたザックは支えを失い、コロンと転がりました。

「わっ」

決して狭い道で休憩していたわけではありません。

しかし、角度が悪かったのでしょう。

30リットルの小さなザックはコロコロと加速し、フッと視界から消えました。

登山道から落ちてしまったのです。

 

血の気が引きました。

あの中にある財布がなければ、帰りのバス代がない!

甲府から帰るための切符も入ってる…ひぇ~~~!!

 

ザックは見えませんでしたが、落ちた辺りから、おそるおそる下りました。

本当は登山道を外れてはいけない。

分かっていますが、あれがないと帰れない。

さらに希望を言えば汗も拭きたい、着替えも入ってる。

 

あった…本当に幸運でした。

もっと転がっていたら、川に落ちてました。

いい場所に止まってくれていた。

 

拾い上げ、登山道まで戻ります。

すぐに持っていた小さなジップロックに1万円を入れて、ズボンのポケットに押し込みました。

この1万円があれば、もしこのあと財布を無くしても家まで帰れます。

 

f:id:yueguang:20190204203344j:plain

帰れなかったら楽しい気持ちが台無しです…

 

家まで帰れないのも困りますが、お金を無くしたのが1日目だったらもっとショックです。

楽しみにしていた山歩き、中止になっちゃいます。

泣きます。

 

それからは財布のほかに、ジップロックに3万円を入れて山に向かうようにしています。

もし、財布を無くしてもそこから1~2日は山を楽しめ(計画を変える必要はあるかもしれませんが)て、自宅まで帰れるだけのお金を入れています。

 

ジップロックに入れているのは、かさばらないという理由もありますが、汗でお札が濡れてしまうからです。

肌身離さず持てる場所に、この大切なお金を入れておきましょう。