山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

山でスカート

以前はけっこう見かけた「山でのスカート」。

最近はずいぶんと減りました。

スカートをはいて山を歩いていた女性たちが、山に登らなくなったのか。

彼女らが、スカートからパンツにシフトしたのか。

 

平らな道だけを歩くなら、かわいくてとってもいいと思います。

かわいい格好で歩いている女性を見ると、見とれてます。

それに山用のスカートなら、脚さばきの良いデザインでしょうし、階段や岩を登るときも妨げにならないのでしょう。

 

ただ…同性の目から見ても…いくら中にタイツをはいていても、どんな年齢の人でも、スカートの中が見えるという状況が私はイヤなのです。

駅の長いエスカレーターで、バッグやカバンをお尻に当ててスカートの中が見えるのを防いでいる光景を見ますが、そのときも「ちゃんと隠していてくれ、お願いだから見せないでくれ」と思います。

山でも同じ気持ちです。

 

前にスカートの人がいたら、どうにかして抜きたいです。

いつ、階段や岩が出てくるか分からないし。

 

岩を登っている人がいたら、基本的には下で待たなくてはなりません。

ですが、ただ待つわけではなく、どうしても見上げてしまいます。

下りてくる人がいそうなら譲ったり、落石がないか注意したり、など状況を見るからです。

埼玉に両神山という山があり、けっこう岩場が多いのですが、10人くらいの女性が全員スカートでして。

何人もいっぺんに鎖につかまって、何人ものスカートの中が見えている光景に…あっけにとられてしまいました(数人が一度に鎖につかまるのは、強度面からも不安ですし、誰かが落ちた場合に道連れになる可能性もありますから、やめた方がいいです)。

まるで開いた傘みたい。

私でもそうなのだから、すでに岩の下に到着していた数人の男性は、もっと目のやり場に困ったと思います。

「どこでもスカート!」ではなく、山を選べばいいのになぁ…と思いました。

岩場の多い山にするならスカートじゃない方がいいのに…「何を着ようが勝手でしょ!」と言われてしまいそうですが。

なぜでしょう。

パンツなら、どんなにお尻が大きい人を下から見ても気にならないのだけれど。

 

f:id:yueguang:20190221222850j:plain

山では、梯子も多いですし

 

「スカート絶対反対!」みたいな発言をしてしまいましたが、山小屋では常にロングスカート+暖かタイツです。 

下山して温泉に入ったあとに着るスカートを、山小屋でも着ています。

汗で濡れたズボンを乾かせますし、足首まで丈がありますので安心してくつろげます。

素材が麻なので、夏でもサラッとしていて気持ちがいいです。

 

更衣室がない山小屋でも、ロングスカートがあれば下着も替えられますし、重宝しています。

小学校のプールのときに使っていた、ボタン付きバスタオルの感覚ですね。