山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

北アルプス 船窪小屋

おとうさん、おかあさんと呼びかけたくなるような温かさのあるご夫婦でした。

出発時には心のこもった声をかけていただき、1人で歩く私を心配してくださり、鐘を鳴らしてくれました。

振り返るといつまでも手を振ってくれていて、じーんときてしまいました。

今はオーナーが変わっています。

 

七倉から向かったのですが、下山してくる方々みんなが船窪小屋のファンになっており「すごくいいところよ」と。

私もそう思います。

くつろげました。

ここが山ということをうっかり忘れるくらい、行き届いているなぁと感じました。

布団はふっかふか清潔で、スペースもちゃんとある。

男性用のトイレだけ屋外にあります。

下山してくる方々のオススメに従い、2食付に。

夕食は…

  • ダケワラビ、ヤマニンジン、あざみの天ぷら
  • ジャガイモとキクラゲ入りでもちもちの生春巻き
  • しみ大根(冬の間に凍らせることで味が染み込む)
  • 古代米
  • ゼリー

本当においしかった。

こんなところで、こんなに珍しい手の込んだ料理をいただけるなんて…

大根は前シーズンの小屋閉めのときに仕込んで下山するそうです。

どれだけの大根なのでしょう。

 

夜はお茶会がありました。

ネパールのシェルパだった方がいたからです。

歌ったり踊ったり、眠くなったので寝てしまいましたが、遠くに聞こえる柔らかな歌声や話し声が心地よかったです。

 

水場は少々、足元が悪いところにありますが汲みに行きましょう。

北アルプス ランプの山小屋 船窪小屋 - 船窪小屋について

 

 

f:id:yueguang:20190316225331j:plain

転んだから見つけられた、妖精のような花

美しい花だと思いませんか?

樹林帯でつまずいて手をついたら、目の前の穴の中にひっそりと咲いていました。

名前は知らないし、調べもしていませんが「妖精のような美しさだな」と思いました。

穴の中なのにこの輝き。青白くぼんやり光っているように見えました。

 

そしてこの樹林帯も気持ちいいんですよ。

森が生きていると感じました。

登り出しは標高が低いから暑いけれど、吹く風は心地よかった~。