山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

北アルプス 三俣山荘

 

f:id:yueguang:20190318202704j:plain

窓の向こうには…

コポコポと音を立ててゆっくり落ちていくコーヒー。

それを待つ大人たち。

優雅だなぁ。ドレスじゃないけれど。

大好きな山を目の前に飲むコーヒーは、きっとおいしいんでしょうね。

私は香りだけ、いただきます!


 

夕食には、北アルプスで増えすぎている鹿の肉が入ったシチューが提供されました。

鹿肉に抵抗はありませんが、これは熱々ならおいしいと思います。

その日は混雑しており、私は夕食が2回目(食堂に一度に全員入りきらないので、夕食を希望した順に割り振られる)でした。

お腹を空かせて並んでいる私たちの横を、1回目のお客さんたちが引き上げていきます。

「あのシチュー、冷めていて食えたもんじゃないな」という声が聞こえ、「シチューなんだ。今日は冷えるから温かいと良かったなー」と思いながら食卓に向かいましたが、熱々でおいしかった。

濃厚なシチューとご飯がよく合いました。

苦手な方は、メニューを確認してからの方がいいかもしれませんね。

 

「黒部の山賊」という本が置いてあります。

この著者が三俣山荘を拓きました。

おもしろい本ですよ。本棚にあればぜひ読んでみてください。

ぽつぽつ窓をたたく雨音に耳を傾けながら、暖かな小屋の中で本を読む。

非日常の贅沢です。

1週間も山を歩いていれば、毎日が晴れということはありません。

雨が降っても山は美しいし、山小屋でこんな時間を過ごせるのも私は嬉しいんです。

今降っている雨も、夕方にやめば幻想的な日没を見られますし、翌朝にやんでいれば空気がきれいになっていて清々しく歩けます。

 

ところで私は鼻がよくありません。

それでも雨が降り出す前の湿った匂いは分かります。

匂いのほかに雲を見て分かることもあります。

湿った香りがしてきたら…山小屋までもうすぐならダッシュします。

間一髪、土砂降りになる前に山小屋へ入れたこと、何度もあります。

全く間に合わないなら仕方ありません。それでもレインウェアを着ておいたり準備ができます。ザックカバーもかぶせておけますし、防水ではないカメラならしまっておきます。

レインウェアも、降り出す前に着ることができれば、気温にもよりますがウェアは濡らさずに済みます(夏だと汗で濡れてしまうことも)からね。

 

f:id:yueguang:20190326232928j:plain

おしゃれ…

濡れて艶やかです。