山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

南アルプス 仙丈小屋

登山口の北沢峠は標高が高いのです。

山頂までこんなに楽に歩けていいのかと最初は罪悪感がありました…が、今となってはそんなことを思わず、気合を入れず(安全に歩くという意味では気合を入れますが、危険個所もないので)にのんびり歩けるステキな山だと思っています。

北沢峠から4時間ほど。

歩きやすい道をぐんぐん標高を上げていくと、視界が開けて仙丈小屋が見えます。

夜になれば、星だけでなく街の夜景も瞬きます。

 

そして、仙丈ヶ岳の山頂までは少しの距離。

この近さはいいですよ~。安心感があります。

気軽に(トイレへ、飲み物を取りに、など)何往復もしちゃいます。

夕陽や朝陽だけでなく、到着してから眠るまで過ごしています。

お尻の下の携帯マットは必需品ですが、寄っかかれる岩もあるのでいいです。

f:id:yueguang:20190406220922j:plain

朝、この時間が大好きです


 

仙丈小屋 – 山小屋

ここの山頂で、ちょっとおもしろい若い男性に出会いました。

f:id:yueguang:20190217175737j:plain

温かいミルクティを飲みながらブロッケン現象(影の周りに、虹のような輪っかができる。このような地形で多く出ます)をみたり、山頂からの展望を満喫していたら、ずっとこちらを気にしているのです。

「どうされました?」と聞いたら…

「ここから叫びたいんです。いいですか?」

いいもなにも、ここは私のものではありません。

存分にどうぞ。

ヤッホーかな? なんて思っていたら…大きく息を吸い込んだ彼は、

「28歳のオレ~、がんばってるか~?」

え?

そういうことはアンジェラ・アキのように「拝啓…」と手紙にしてみたらどうだろう。

今、28歳なのか、それとも未来の28歳のオレに向かっての叫びなのか。

気づくと大展望に背を向けて、唖然と彼を見上げていました。

そんな疑問をはさめる余地なく、28歳の自分に向けてのエールは続きます。

最後に、見上げていた私に向かって彼は「今日、誕生日なんですよ」

ハッ! おめでとうを言わなくては。

「お、おめでとうございます」

鈍い反応でスミマセン。

ハッ、今日28歳になったのか聞けばよかった。

 

でもこれには続きがありまして、夕食後、彼は小屋番さんに

「オレ、今日、誕生日なんですよ」

え? 今言う?

小屋番さんは忙しく厨房で働いており「はぁ」としか返ってこなかったようでした。

知らない人にいきなりそう伝えられてもなぁ…

山の夜は、そんなことを思いながら過ぎていきました。

結局、何歳だったの?