山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

中央アルプス 木曽駒ヶ岳へ その2

昨日の朝、職場での終礼後、先輩方が口々に
「くれぐれも気をつけるんだよ」
「(ニュースの)テロップに名前が出るような事故はダメだぞ、ちゃんと帰ってこいよ」
と声をかけてくれました。

心配して、でも気持ちよく送り出してくれる家族や周りの人がいる。
帰れば、話を聞いてくれたり、写真を見てくれたり。
幸せだと思いました。

何年か前、5連休なんて年に一度、夏休みとしてしかとれなくて、計画をたてた春から、すごくすごく楽しみにしていた山歩き。
台風がきていたのに、もしかしたら進路が変わるかも、と本当は変わることはないって分かっていたけれど、心配する人がたくさんいたのに、私は北アルプスに向かいました。
妹はやめたから1人で。
心の中では、ずっと同じ言葉がぐるぐるしていた。
「ダメなら、また来年の夏まで(この先まで登るのを)待たなきゃいけないんだ」
毎日、6時に家を出て、週の半分以上を23時前に帰る生活。
ずっと楽しみにしてたんだよ…と雨と風が強くなったために休憩させてもらっていた山小屋の前で、涙がとまらなくなりました。
でも、私の夏休み中に天候が回復することは、ありえないだろうと感じました。
2日かけてどうにか双六岳まで来たけれど、下山しよう。
体がもっていかれそうな風を感じて、やっと納得できました。
遅い。
涙と雨で顔はぐちゃぐちゃですが、どうせ濡れるからいいや。
誰もいないし!
と、カラ元気で下山を開始しました。

1泊2日でこの山に来たときに、いつもご来光をみる好きな場所まで下りてきました。
今回はご来光を拝めなかったなぁ…
立ち止まり、槍ヶ岳を眺めました。
すると、どんっ! どんっ! とお腹に響くような重低音。
何の音よ?

山に風がぶつかる音だったと思います。
この説は確かめようがありません。
だって、誰にも会わなかったから。
もともと上空の雲は、すさまじい速さで流れていましたが、視線の高さの雲が一定量で固まるようにまとまり始め、塊となって標高2000メートルくらいの山腹にあたっては砕ける。

見たことのない光景でした。
今までも悪天候の中を歩いたことはあったけれど、こんなの初めて。
雨具を激しく打つバチバチという音に負けないくらいの重低音。
ずいぶん長い時間がたっていました。
雨と風にうたれながら、ただ「すごい…」と眺めていました。


さて台風の晩、夜中に雨は降ったようですが、5時に起きたときには、すでに路面が乾いていました。
風もまったくありません。
山は雲がかかっていましたが、予定どおり朝食後、8時に近くのバス停へ向かいました。
宿泊場所をここにしたのは理由があります。
私が乗車したバス停は「駒ヶ池」ですが、この次が「菅の台バスセンター」。
ロープウェイ乗り場まで自家用車は入れませんので、車の方はこの駐車場にとめてバスで移動します。
今回も30人以上が列をつくっていました。
良かった…ひとつ前のバス停から乗り込んで。
もう少しあとの時間になると、もっともっと混みますので臨時バスも出るのでしょうが、今日くらいだと補助席を使えば乗れる状態です。
日光のいろは坂ほどではないにしろ、くねくねした道をバスは上り続けます。
酔いやすい方は、補助席でなく普通の席に座れるようにしたほうがいいです。
頭が揺れるとキツいですよね…
路線バス始発の駒ヶ根駅から乗るのが確実ですが、花や紅葉などの季節でなければ、平日であれば菅の台バスセンターより前に乗車できれば、まぁ大丈夫かと思いますが断言はできません。

高速バスから直接、路線バスに接続する場合は、高速バスを「駒ヶ根インター」で下りて、歩いて2分ですぐ大きな道路に出られます。
「女体入口(にょたいいりぐち)」という、なんともすごい名前のバス停から、この路線バスに乗ることができます。

f:id:yueguang:20190911142933j:plain

新宿発の高速バスなら、路線バスとロープウェイがセットになった乗車券がありますので、そちらをご利用ください。
お得ですし、バスで小銭を用意しなくて済みます。

さて、終点のロープウェイ乗り場に到着。
また長い列です。
時速25km、秒速7mのスピードのロープウェイ。
相当な速さですよ、これは。
たった7分30秒で、標高1662mから2612mへ。
高山病になりやすい人は注意です。
症状が出てもおかしくない標高、スピードです。
途中、滝がいくつも見えたり、雲を突き抜けて雲海が見えたり。
これからの山歩きを想像して、ワクワクしっぱなしです。
標高を950mも上げたのに、気温が1℃しか下がってないし…19℃もありました。
「これは真夏の気温ですよ。今年はほんとにおかしいですよ」と係員さんが教えてくれました。

乗り場がある、ホテル千畳敷から外へ出ると!
カール地形が広がっています。
雲が少しありますが、見たかった景色。

f:id:yueguang:20190911143127j:plain

もう花の季節は終わっており、紅葉にはまだ早い。
だから、すいていました。
カールの中を、ぐんぐん高度を上げていけます。
最初の1時間弱がんばれば、あとはお散歩気分。
最初だけ、息が少し上がります。

しばらく歩くとガスに包まれました。
幻想的〜。
こう思うようにしてます。
水蒸気の粒が肌に触れるのが分かる。
髪も肌もカメラも、どんどんしっとりしてきます。
こんなじゃ景色も撮れないので、カメラをしまい、ザックにカバーをかけておきます。
雨が降りそうなときも、早めにカバーをかけます。
当然、山で雨に降られれば屋根はありませんから、すぐずぶ濡れ。
だから心配なときは早めにかけちゃう。
雨具もザックとカバーの間に、挟み込んですぐ出せるようにしてます。
落とさないように、カバーはちゃんとかぶせてくださいね。

乗越浄土を過ぎると、ますます幻想的に!
太陽はぼんやり見えるのに、20m先も見えない!
誰かの鈴の音が、かすかにチリーンチリーンと聞こえます。
真っ白な世界でのこの音は…この世ではないような。

途中、中岳を巻く道がありますが、わざわざこう書いてあるので、やめときましょう。

f:id:yueguang:20190911144915j:plain

大して時間は短縮しません。
巻道を選ぶほど、中岳への登りがキツいわけでもありません。

中岳から下ると、すぐに頂上山荘。
営業していませんでした。
テント場としての利用はされています。

頂上木曽小屋と、木曽駒ヶ岳山頂への分岐を小屋方面へ。
15分かからずに到着。
ザックを置いてから、ゆっくり頂上へ行こうと思います。

続きは、また次回…