山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

冬至なのに…雨

今日も、先月に続いて職場のセンパイたちとハイキングに出かけました。
冬至の前後2日間ほどは、高尾山からダイヤモンド富士が見えるので、晴れたらダイヤモンド富士を。
晴れなければ、センパイたちが「登ったことがない〜」と言っていた、高尾山のお隣の草戸山を歩こうと思っていました。

夕方から、雨かみぞれ予報だったので草戸山に決定。

夜勤明けなので、昼前に高尾山口駅に集合。
草戸山の山頂でクリスマス気分を味わおうと、クリスマス柄のアルミホイルに包んだシュトーレンを用意してあります。

こまかなアップダウンと、少し長めのアップダウンが続くので、登り一辺倒・下り一辺倒よりも変化を楽しみながら歩けます。
こういう道の方が、脚の疲れが少ない気がします。
同じ筋肉を使い続けないからでしょうか。

f:id:yueguang:20191222194714j:plain

おしゃべりを楽しみながら、たまに休憩しながら、1時間15分ほどで気持ちよく山頂に着きました。
「ほんとに400メートルないんだね~」
「でも、けっこう歩いた感があるね」
と、この道を気に入ってくれたようです。

シュトーレンを出そうとしたら…
センパイ(スタイリッシュな男性)は、シジミの佃煮や昆布のおにぎり、すりごま入りのだし巻き卵、栗が入った大福を用意してました。
負けた…おにぎり…だし巻き卵…。
敗北感がすごい。
女がこうあるべき! と思っているわけではないけれど、とってもおいしいんだもん…

下山したら、とろろそば食べようって言ってたじゃん!
おにぎり大好きなんだから、くれたら食べちゃうじゃん。
しかも2種類とも。
大福まで完食し、お腹いっぱい。
1時間の下山でこなれるわけがない。

もう1人のセンパイが、
「競馬当たったら、食べきれないくらいのエビの天ぷらもごちそうするよ〜」
いや、食べきれるだけでいいです。
それに、エビだけじゃなくてほかも食べたいです。
「どこの蕎麦屋にしようか〜?」
たくさんありすぎて、どの蕎麦屋にすればいいのか…
高尾山に通いつめている私ですが、ここらの店で3回くらいしか食べた記憶がありません。
店頭のメニューを比べてワイワイ相談していると、ポツポツと雨が降ってきました。
ツイてる!

むぎとろつたやに入りました。
センパイ方は生ビール、私はコーラで乾杯!
天ぷらや、とろろ蕎麦をいただきました。
とり南蛮もおいしそうだったなぁ。

f:id:yueguang:20191222194741j:plain

今回、写真が少なくなってしまいました。
おにぎりのセンパイが写真担当で、自分が芸能人かとつい錯覚するくらいにパシャパシャ撮ってもらっていたら、自分が撮るのをすっかり忘れていました。