山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

池ノ平湿原へスノーシュー

カーテンを少しだけ開けて寝ました。
明るくなってきて自然に目が覚めました。

服を着て外へ行くと、みっちりとした雲海はなかったけれど、八ヶ岳南アルプス甲斐駒ヶ岳がきれい〜。

風も思ったほどなく、パウダースノーをキュムッキュムッと踏んで、ホテルの周りを散歩をしました。

ポストにもつらら。

f:id:yueguang:20200211072051j:plain

昨日より、網戸と窓の間の雪も増えています。

f:id:yueguang:20200211072020j:plain

朝風呂もサイコウ!

f:id:yueguang:20200211084349j:plain

高峰高原ホテルの朝食は、シンプルな和定食+さっくりとしたクロワッサン+卵の殻が器になっているプリンでした。

スカイレストランと名付けられた、陽の光が差し込む食事処からの眺めは、とても良かったです。

食べている間に、雲海が育ってきました。
富士山は、雲海からちょこっとだけ頭をのぞかせています。
八ヶ岳だけでなく、中央アルプスも見えます。
大パノラマですね。

f:id:yueguang:20200211091748j:plain


本日は「高峰温泉」に宿泊です。
バスタ新宿から乗ってきた高速バスの終点が「アサマ2000スキー場」です。
今朝は、高峰高原ホテルの車で送ってもらいました。
ここから宿までは、雪上車で送迎してくれます。

https://www.takamine.co.jp/activities/snowshoe/

f:id:yueguang:20200211154423j:plain

今回は、これじゃなかったけれど赤がとてもかわいい!

高峰温泉は、スノーシュー、ストック、スパッツを宿泊者に無料で貸し出ししてくれます。
靴も貸し出ししていましたよ。
靴下さえ売店で購入すれば、一式貸してもらえるんですね。

スパッツとは、ズボンの下にはくピタっとしたタイツのことではなく、靴の中に雨や雪が入らないようにしたり、ぬかるみがあればズボンが汚れないように泥除けとして使うこともあります。
丈もさまざまで、長いものは膝まで、短ければくるぶしより数センチ上くらいまでを覆います。

f:id:yueguang:20200211154509j:plain

スノーシューとは西洋式のカンジキです(和式のものは、ワカンといいます)。

裏に刃がついていて、雪をぎゅっと踏みしめてもくれますし、雪の上を歩いても深くは沈み込みません。
足を上げると爪先が入り込み、かかとが浮くので登りも歩きやすいのです。
スノーシュー同士がぶつからないよう、ややガニ股気味に歩きます。

f:id:yueguang:20200211154535j:plain

スノーシューで歩くのは2回目。
何年ぶりだろう。
新宿発のツアーに参加して、八ヶ岳を歩いたんです。
往復のバス車内での、自己紹介や感想を言い合うのがめんどくさくて、二度とツアーには参加しなくなりました。

ただ、そのときが快晴で楽しくて!
現地のガイドさんも、
「こんなに晴れたのは、この冬初めて」
というくらいの澄み切った青空に、真っ白な南アルプスが本当に美しかった。
普段は歩けない草の上などのルートも、雪が積もっているから歩けちゃうのです。
でも、ロープやリボンで歩くルートの指示がある場合は、必ず守ります。
雪が少ししか積もっていない場合は、植物を踏み潰してしまうことになりますから。

f:id:yueguang:20200211154721j:plain

今日は、のんびり「湯の丸高峰林道」を歩いて「池ノ平湿原」へ向かいます。
水ノ塔山など、展望のいい山を歩きたかったのですが上は突風が吹いているとのこと。
足元も反対側は崖のような部分もあるので、久々のスノーシューでもありますし、足慣らしで散歩にしました。

f:id:yueguang:20200211154630j:plain

普段は飽きる林道歩きも、誰の足跡もなくまっさらな雪の上ですから楽しくてたまらない!
緩やかな登りなので、ずっと鼻歌ですよ。

f:id:yueguang:20200211161436j:plain

出発時、気温はマイナス10℃でしたが、ここは向きがいいのか風もたまにしか吹きません。
そして快晴なので、歩くと暑いくらいです。
たまに強く風が吹くと、木々に積もった雪が舞ってとてもきれいです。
途中からは、ガードレールも完全に雪の下。

f:id:yueguang:20200211160527j:plain

池ノ平湿原に到着した途端、すごい風!
パウダースノーが顔に吹き付けます。
でも、景色は本当にきれい。
木々も凍っています。

f:id:yueguang:20200211161528j:plain

湿原は雪の下。
毎年埋もれても、ちゃんと花が咲くって不思議だし強いなと思います。

f:id:yueguang:20200211160434j:plain

富士山、八ヶ岳甲斐駒ヶ岳木曽駒ヶ岳御嶽山…ぐるりです。
雪に木々が影を落としています。
濃すぎるほどの青空。
空気が澄んでいると濃くなるそうですね。

f:id:yueguang:20200211161759j:plain

風の音と、自分が雪を踏む音しか聞こえません。
静か。

f:id:yueguang:20200211160502j:plain

トイレはもちろん閉鎖中。
そうなると、ゆっくりできないなぁ。
湿原を少し歩きましたが、かなり風が強いので林道に戻り、そこでおやつタイムにしました。
ミルクティーにしょうがのパウダーを入れれば、体がぽかぽかです。

f:id:yueguang:20200211160357j:plain

10時過ぎに出発して、3時間の散歩を終えて宿へ戻りました。
すぐ前はゲレンデで、スキーをしている人の姿が見えます。
スキーとスノボ、どちらも20年以上前に各1回ずつやったことがありますが、続けなかったところをみると、おもしろくなかったのでしょう。
またいつか、やってみる日がくるのでしょうか。

今回、気温が氷点下だし、スキー用のグローブを買おうと思いましたが、高いんですよね〜。
そうそう標高が高い雪山に行くわけではないので、これにしました。
ちょっと作業用っぽいけれど、2000円しないし、中が起毛しているので暖かくてインナー手袋いらず。

f:id:yueguang:20200211160258j:plain

明日は黒斑山(くろふやま)へ登り、浅間山を見ようと思います。