山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

北アルプス 燕岳へ その3

10:10 燕山荘に到着。

 

f:id:yueguang:20200813163934j:plain

良かった、ここに泊まることにしておいて。
せっかく景色のいい道を、真っ白の中歩くのはさみしい。

久々のアルプスなので、いつもは大天井岳まで行くのですが、今回はここをゴールにしておいたのです。

 

f:id:yueguang:20200813163748j:plain

これこれ! チキンカレー!
ほろほろと骨からはがれる肉がうまぁ。
食堂には、それなりの人数がいたけれど、室内だからか、静かなしゃべり声がときたま聞こえるだけ。
登山道はけっこう賑やかでしたが、やはり気をつかいますよね。

 

f:id:yueguang:20200813163906j:plain

ストーブついてます。
つい12時間前、寝苦しかったことを思うと…長袖を着ていることが信じられない。
山小屋に着いてからの着替えは必ず一式持っているので、汗拭きシートで拭き取ったあと着替えます。
汗かいたままの服で最初から最後までずっといられる人もいることは確かですが、下山後の温泉の着替えと兼ねていますから荷物が増えるわけでもありませんし、やっぱり着替えると気持ちがいいです。

 

f:id:yueguang:20200813164341j:plain

山小屋の利益を考えると申し訳ないのだけれど…
「今日は、ひとつの布団に何人だろ。ひとりだったらいいな」
と、昨シーズンまでは思いながら歩いていたので…
真ん中にロールスクリーンがあり、普段は3つ布団を敷いているスペースが半分になり、そこをひとりで使えるなんて…夢のようです。

 f:id:yueguang:20200813164032j:plain

 

小屋番さんの話では、最近ずっと午後の天気が悪くて日没が見れてないそう。
今日も見られないだろうな、この雨じゃ。

 

 f:id:yueguang:20200813164058j:plain

毎回思う。
信じられないくらい、きれいなトイレ。

山の上、というわけじゃなく下界にあっても驚愕のきれいさですよ!
そして水洗。
一昨年働いた山小屋と比べてしまう…すごい費用なんだろうなぁ。

 

 f:id:yueguang:20200813164243j:plain

あ、ライチョウの親子。
天気わるいから、何度も出現。
ぐぇー、という変な鳴き声ですぐ気づけます。

 

少し昼寝すっか。

起きても、まだ雨は降り続いています。

歩いていたときよりも強いし。

ほんとに明日、やむんかいな。

f:id:yueguang:20200813164159j:plain

 

乾燥室に、干したものを取り込みに行きます。

2時間もしないのにカラッカラのホッカホカに乾いてる。

ありがたい〜。

汗や雨でびしょ濡れの冷たい服を着る寒さを想像すると…良かった!

水道の水も飲め、水筒に入れられる。

水って重いんですよねぇ…山小屋がなくなったら、私は山を歩くことができません。

それにしても、これだけ「予約を!」と各山小屋が発信しているのに、

「予約してないのですが」

と入ってくる人の多いこと。

驚きました。

「予約ナシでは宿泊できません」と明記している小屋もあるのに。

休業している山小屋も多いですから、営業しているかしていないかも含め、登る前に何らかの方法で確認しているはず。

しかも、登山口にも書いてあるんですよ。

今日(8月7日)はまだ、連休の前日&天候不良でキャンセルもあり、余裕があったから受けられたようですが、

「明日以降は、ダメなところもあるかもしれませんよ」

とやんわり言われていました。

予約の人でピッタリ埋まっているところに、予約していない人が入ったら、お互いの距離が保てなくなるということです。

まぁ、この天候では、先に進むのを諦めてここで泊まりたい、となったり、テント泊をやめたり、ということもあるかもしれませんが。

山小屋も、消毒や換気など、いつもよりずっと仕事が増えているので、できるだけ協力したいです。

明日、早く起きて雨じゃなければ稜線散歩に出かけようと思っていますが、予報は芳しくない。

大好きな景色は見れず、ただのいい運動になってしまいそうな予感。

でも仕方ない、山ですから。

毎回天気がいいわけではありません。

逆に雨の予報がピーカンだったことも何度もあります。


ライチョウと散歩もできたし、手ぬぐいも買った。

無事に下山できれば、すべてヨシ!

来なければよかった、とは全然思わない。

ただ、限りある資源(お金)なので、次回はあの景色が見たい!

どんな景色か、何度も歩いて知っているのに見たいのです。

燕岳の緑と白の模様も大好きなのです。

以前の写真を載せます。

 f:id:yueguang:20200813164416j:plain

 

続きます。