山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

薬師沢小屋

ご来光や夕陽は見ることができないけれど、この山小屋が好きなんです。

薬師沢と黒部川が出合う場所。

黒部川は、黒部ダムがある黒部湖に注がれる川です。

f:id:yueguang:20200921095038j:plain

f:id:yueguang:20200921095735j:plain

小屋に着いてからの時間が贅沢。

f:id:yueguang:20200921095123j:plain

小屋のすぐ前にある、しっかりした梯子を下り、水のそばへ。

ぼけーっと、ただ水が流れるのを眺めながら音楽を聴いていると2時間以上たっていました。 

f:id:yueguang:20200921095230j:plain

キラキラしてるなぁ、水が。

足と手を同時に浸すとすぐに寒くなるくらい、キーンと冷たい。

f:id:yueguang:20200921090720j:plain

太郎平小屋グループ | 手作りのおもてなしを心がけてます

釣りをする人、沢登りから帰ってくる人、静かな時間が流れます。

f:id:yueguang:20200921090627j:plain

それにしてもこの橋、こんなに高かったっけ?

人の記憶ってあてにならないですね…

揺れて足元がスケスケなところが怖い人は、心して渡ってください。

男性が練習していました。

f:id:yueguang:20200921095321j:plain

f:id:yueguang:20200921095836j:plain

橋を渡り、向こうの河原へ下ります。

明日歩く道の最初のところだけ予習をしておくと、スムーズに出発できます。

ここのように一本道なら迷わないですが、何本もの登山道が交差する場所に建っている山小屋だと、特に早朝の暗い時間に出発するときに踏み出す1歩を間違えて、目的地から遠回りになってしまったり、全く別の方向に進んでしまうこともありますから。

この標識、センスあるよなぁ。

変わっていなくて嬉しい。

f:id:yueguang:20200921095423j:plain

 

本日の泊り客は10人いないから、とまさかの個室。

f:id:yueguang:20200921095453j:plain

女性が1人だったからでした。

着替えもゴロゴロも、気兼ねなくできる〜。

窓枠からの景色が絵のようです。

f:id:yueguang:20200921095531j:plain

 

懐かしい…この傾斜を計るの。

寝るときに頭の向きに注意しないと酔いますよ。

f:id:yueguang:20200921095601j:plain

 

あと、これこれ!

階段の入り口に書いてある「最後の急登」

2段ベッドの梯子とか、ほんとそう思う。

f:id:yueguang:20200921095651j:plain

 

いい時間を過ごしているうちに、夕食の時間。

食卓が一緒になった、群馬から来たという40代の男性。

「ここで釣りをするのと、雲ノ平にテントを張るのが夢だったんです」

今回、ふたつとも夢が叶っちゃうんですね。

今日は釣り、明日はテント。

釣り竿をストックの間に収納し、折れないようにぐるぐる巻いて丁寧に持ってきたそうです。

岩魚を何匹も釣ることができたそうで良かったですね~。

山ですてきな景色に出会う、すてきな時間を過ごす。

みんな、それが叶えば本当に幸せです。

ご飯もおいしく炊けていて、お腹いっぱい食べました。

f:id:yueguang:20200921095920j:plain

 

それにしても冷たくおいしい水が無料なんて。

ゴクゴク飲みます。

山で水は貴重。

水不足の小屋がほとんどです。

下の沢から汲み上げたり、と本当に大変なのです。

 

沢に浸した手ぬぐいで体も拭いちゃいます。

汗拭きシートもいいけれど、やっぱり水。

さっぱりします。

 

夜、目が覚めたので外で星を眺めます。

かなり風が出てきて、月も星も見えるけれどサッと姿を消してしまったり。

明日は予報通り(20m以上)、風が強そうだなぁ。

 

水の流れる音がざーざー聞こえるのですが、それも心地いい音となり、深く眠ることができました。

夕食をいっぱい食べたのに、お腹が空いて目を覚ます。

なんて健康的なのでしょう…

f:id:yueguang:20200921100039j:plain

 

https://blog.hatena.ne.jp/yueguang/yueguang.hatenablog.com/edit?entry=26006613506846155

以前のブログに書いた本の作者のおねえさんが、今年も働いていらっしゃいます。

釣りのお客さんと話している姿が楽しそうでした。

 

続きます。

 

f:id:yueguang:20200921100120j:plain