山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

ヒュッテ大槍

この山小屋から見える槍ヶ岳、とっても好きなんです。

夕暮れ、槍が真っ黒なシルエットになります。

f:id:yueguang:20200927174442j:plain

以前撮ったものです

朝陽、槍が赤く染まります。

今回はどちらも見ることはできませんでした。

次のお楽しみにとっておこう。 

この小屋も何回泊まっているだろうか。

3回は泊まってる。

ヒュッテ大槍|北アルプス表銀座 槍ヶ岳(やりがたけ)の山小屋 燕山荘グループ

 

f:id:yueguang:20200927181920j:plain

受付を済ませ、つけ麺を注文。

毎回これ。

泊まらないときも食べてます。

ほかもおいしそうなんだけど…

f:id:yueguang:20200927182301j:plain

チャーシュー、うまぁ~。

ん?

チョコバナナケーキ?

普段なら食べようと思わないのですが…

なぜか食べたくなりました。

最後の急坂にやられたのでしょう。

しかも200円って…同じグループの燕山荘、ケーキが有名だけれどそれなりのお値段するよ?

200円でいいのかしら。

f:id:yueguang:20200927181949j:plain

温かいチョコがかかっていて、ふわぁっとバナナの香り。

しっとり、おいしい!

  

お腹が満たされたので、ザックを寝床へ運びます。

f:id:yueguang:20200927182036j:plain

例年なら繁忙時期は、この布団に3人寝るんですよ。

それが3帖(6人分)を独り占め。

f:id:yueguang:20200927182106j:plain

 

着替えてサッパリし、食堂で山の雑誌を読んで過ごします。

受付にある真鍮のチャームやピンバッヂが気になる。

それにしても、ピンバッヂってどこにつければいいの?

ザックやウェアじゃ穴が開くし。

せっかく防水機能とか撥水機能とかあるのに、穴開けたくないんだよね…

全部チャームにしてほしいなぁ。

槍ヶ岳のてっぺんにライチョウがいるの、すごくかわいいし。

うーん、やっぱりチャームを買っちゃう。

欲しいときに買わないとなくなるし、やっぱり買いたくなってもすぐ買いに来れないし。

会社の人へのプレゼントと自分に買いました。

f:id:yueguang:20200927182149j:plain

 

外は真っ白。

明日は朝から雨、確実でしょう。

今日、上高地まで一気に下山することもできました。

天気が悪くなることが分かっているなら、キャンセルしてそうする人の方が多いと思います。

でも、山で長く過ごしたかったし、微力ですが少しでも売上の足しになるように。

明日は雨でもいい、下山するだけ。

2時間ほど雨と風にうたれて、すぐに森の中のさんぽ道になるから。

 

15:00 激しく窓をうつ雨と風。

良かった…早く着いて。

山の雑誌を読みながら、秋に登る山を考えます。

 

f:id:yueguang:20200927182356j:plain

さて夕食!

ダイニングもおしゃれなんですよ。

椅子がこの形なので、混雑(例年)していても隣の人とくっついたり圧迫感はなさそう。

丸椅子がいちばんイヤ。

この幅でこの人数?ってくらい並べることができるから。

隣の人の肘が脇腹にガシガシ当たったことがあります。

 

写真だけ見ると、山の中って信じられませんよね。

昨年のスゴ乗越小屋も、広さが違いますがこんな雰囲気でした。

料理に自信のある小屋はこうなんでしょうか。

 f:id:yueguang:20200927182453j:plain

うめーうめー!

幸せ~。

乾杯ワインがついています。

飲めないので辞退。

f:id:yueguang:20200927182529j:plain

食後に、昼食べたケーキがおいしかったのでチーズケーキ(これまた200円)を頼みました。

冷えたチーズケーキ。

とてもおいしく、贅沢な気持ちになりました。

スタッフの子が焼いているそうです。

すごい…

 

f:id:yueguang:20200927182601j:plain

夜はこのストーブがつきました。

雨と風の音がすごい。

テントの人は怖くないのかな。

トイレ行くの大変そう…いちいち雨具着ないと、この降り方じゃずぶ濡れになる。

 

小屋の中は本当にピカピカです。

トイレも。

この状態を保つのにどれだけの苦労があるか。

本当にありがたいです。

 

寝床の向かいには関西から来た女の子。

山に登るために免許をとったと…頭が下がる。

私は免許をとったのに結局、運転が怖くて、原付に乗る以外は身分証明書です。

マスクをして距離を保ちながらですが、夕食後、ぼそぼそと山の話をしました。

 

「今回の山歩きも最高だったな」

5日前、富山に着いたのがすごく昔のことのよう。

薬師沢小屋の沢の色、きれいだったな…と振り返っていたら、いつの間にか眠っていました。

 

コト、カチ…かすかな物音で目を覚ましました。

5時少し前。

あぁ、朝ご飯の支度をしてくれているんだ。

小さい頃、親が朝ご飯を作る音で目を覚ますのが好きでした。

冬なんて特に、温かい匂いがどんどん部屋に入ってきて、空気も暖まっていって。

f:id:yueguang:20200927182742j:plain

「おはようございます」

「どうぞー、用意できています。 いっぱい食べてくださいね」

はい、ありがたく!

手を合わせ、いただきます。

朝から野菜がたっぷり、そしてサバ。

これがふっくらでおいしかった~。

 

今年いっぱい北アルプスを歩けて良かった。

どの山小屋も、そこで働く人たちの尽力のおかげで、マスクを着用という今までと違う面はあっても、本当に快適に過ごせました。

温かい食事、暖かな寝床。

それを山で提供してもらえるのは当たり前のことではありません。

山小屋がなければ山を歩くことができない人の方が多い。

来年もどうか営業をしてもらえることを祈ります。

 

続きます。