山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

奥秩父 金峰山&瑞牆山へ その1

始発でJRの韮崎駅に向かいます。
曇のち雨の予報だけれど、電車の窓から見える空は青く、雲がぽこぽこ浮かんでいます。
このまま天気がもってくれるといいな。

高尾駅で松本行きを待つ数分がとっても寒かった!
今年初めて寒いと思いました。
松本行きは登校時間と重なっていたため、高校生がどんどん乗ってきます。
スマホを見ているからなのか、コロナのためか、こんなにたくさん若い子がいるのに静かな車内。

相模湖、四方津猿橋、大月…降りたことのある駅をいくつも通り過ぎ、今まで登った山を思い出しながら山々の稜線を眺めます。
西に進むにつれ、雲がどんどん増えていく。
やっぱり予報どおりかなぁ…

山梨市駅〜」のアナウンスでふと顔を上げると、白い頂の富士山が。
こんなに一気に真っ白になったのか!
冷えたもんなぁ、ここ数日。

韮崎駅に着き、ホームのベンチで冷え切った素足(行き帰りは足を解放したいからサンダル!)から、靴下をはいて登山靴に。
富士山だけでなく、八ヶ岳も白いなぁ。

8:50発「みずがき山荘」行きの路線バスに乗ります。
3人しか乗ってない…前は同じくらいの季節、ギュウギュウの車内で立って1時間乗ったんだけどなぁ…途中から乗ってきた観光客が文句を言うくらいの混雑だったんです。

ただ、このバスは時間が悪いのは確かです。
このバスでは日帰りができない。
登り始めが10:00過ぎになってしまうから。
となると、日帰りの登山者は車でしか来れない。

f:id:yueguang:20201029171035j:plain

10:10
トイレを済ませて登り始めます。
標高は1510m。
ここから5km、標高差1000mほど登ります。

f:id:yueguang:20201029171107j:plain


10:35
瑞牆山が見えるベンチ
f:id:yueguang:20201029171136j:plain

10:50
富士見平小屋 標高1810m
手前に水場があります。
f:id:yueguang:20201029171159j:plain

瑞牆山金峰山は、この小屋から道を分けます。
今日は金峰山へ。
すぐ鹿に出会いました。
f:id:yueguang:20201029171231j:plain

雨具を着るほどではないですが、たまにパラパラと雨が降り始めました。
樹林帯はこんなとき、屋根になってくれます。

f:id:yueguang:20201029171314j:plain

11:40
大日小屋 標高2040m
f:id:yueguang:20201029171345j:plain

12:00
大日岩 標高2170m
f:id:yueguang:20201029171424j:plain
ここで雪になりました。
乾いた雪なので全く濡れません。
雨より良かった。
涼しくてちょうどよいです。

静かな山歩きです。
自分の呼吸音、足音、はおったポンチョに雪が触れるカサッという音しか聞こえません。
何度も何度も深呼吸します。

f:id:yueguang:20201029171532j:plain

12:10
小川山との分岐
f:id:yueguang:20201029171454j:plain

根っこが元気だなぁ。
f:id:yueguang:20201029171607j:plain

少しずつ積もってきました。
f:id:yueguang:20201029171638j:plain
f:id:yueguang:20201029171709j:plain

木なのか岩なのか…
f:id:yueguang:20201029171742j:plain

ポンチョは本当に便利です。
今回は稜線歩きが短いのと、風も8mほどの予報で、迷いなくポンチョです。
脱ぐのもはおるのも楽ですし、ザックまでかぶせればザックの背や肩の部分が濡れないのがいい!

13:10
砂払ノ頭 標高2317m
f:id:yueguang:20201029171826j:plain

稜線に出た途端、雪が真横から飛んできます。
笑ってしまうくらいすごい雪!

f:id:yueguang:20201029171919j:plain
f:id:yueguang:20201029171949j:plain
f:id:yueguang:20201029172024j:plain

手がかじかみますが、手袋をするほどでもなく濡れないので快適です。

f:id:yueguang:20201029172104j:plain
鎖場が2回出てきますが、登りでは使わずに行けそうです。

13:30
金峰山小屋への分岐 標高2497m
f:id:yueguang:20201029172203j:plain

山頂は明日にしよう、きっと真っ白だから。
木々が雪を遮ってくれ、ゆっくり歩けるようになりました。

f:id:yueguang:20201029172241j:plain
f:id:yueguang:20201029172309j:plain
f:id:yueguang:20201029172334j:plain

13:50
金峰山小屋に到着
f:id:yueguang:20201029172408j:plain

雪のおかげで、予定より1時間も早く着きました。

続きます。