山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

みくりが池温泉

最終日、雄山から室堂へ下りてきました。

もともと、そのままアルペンルートに乗ってしまえる時間に下山できる計画でしたが、室堂は大好きな景色。

f:id:yueguang:20210816150450j:plain

下山口や登山口として通過するだけでなく、いつか、ゆっくり散歩をしたいと思っていました。
なら、今回そうしよう! と。

f:id:yueguang:20210816210840j:plain

みくりが池温泉へ。

私はひとりで宿泊なので、相部屋です。

カーテンで仕切られている二段ベッドで、6人泊まれる部屋でした。

コンセントとライトもあります。

コンセントの位置が高すぎて、スマホを充電しながら操作しようとすると何かを台にしないと…

f:id:yueguang:20210816150528j:plain

今は、2人以上なら、少しのプラス料金で個室にできます。

相部屋は11,600円+入湯税

そう、ここは秘湯を守る会の宿なのです。

秘湯スタンプ帳、知っていますか? - 山、はじめます。

スタンプ帳、持ってきました。

チェックイン時に預けておけば、チェックアウトまでに押印してくれます。

 

日帰り入浴も受け付けているので、混んでるかな…とのぞいたら2人しかいない。

お風呂セットはまとめてあるので、部屋にザックを置いてすぐ向かいました。

その2人もすぐ出たので、なんと私だけ。

f:id:yueguang:20210816160328j:plain

体を洗い、湯に浸かる。

ほゎ~~~。

気持ちいい~。

ふたつ湯船があるのですが、左は熱すぎてとてもムリ!

片方にしか人が入らない(入れない)ので、密になりそうです。

どうにかなりませんかね…


f:id:yueguang:20210816160408j:plain

ぴかぴかに磨かれたテーブル。

早く食べたいな〜。

夕食はチェックイン時に選べます。

17:30~と19:00~。

朝食は6:00~8:00の間でいつでも。

f:id:yueguang:20210816160538j:plain

玄関前のベンチで風に吹かれて、ただぼんやり。

剱岳は少しガスってきた。

立山三山の稜線はまだピーカンだ。

またあの道を歩きたいな。

3日間歩いてきた道が全部見える。

なんだかすっごく嬉しい。

ずっと歩いてこれたんだな、ってじーんとくる。

f:id:yueguang:20210816210624j:plain

16:00過ぎた頃、チェックイン待ちの行列になっていました。

日帰り入浴は終了している時間だけれど、これじゃお風呂は混むだろうなぁ…

さっき入れて良かった。

f:id:yueguang:20210816210657j:plain

また訪れることがあれば、使い捨てスリッパを持参しようと思います。

外に出る人が履いていたスリッパがどんどん玄関にたまるし、誰かが履いていたばかりのスリッパを履いてしまうと、なまあたたかくてちょっと気持ち悪いので。


f:id:yueguang:20210816160725j:plain

f:id:yueguang:20210816160830j:plain

待ってました、夕食。

以前来たとき、げんげの唐揚げや行者ニンニクラーメンを食べたなぁ。

追加で頼めるメニューもあります。

f:id:yueguang:20210816160643j:plain

ごはんもおいしい。

「太刀魚の塩焼き」

「さすの昆布締め」

味わい深い。

f:id:yueguang:20210816160807j:plain

「とうもろこしの茶碗蒸し」は冷たくてデザートがわりに。

 

満腹。

夕陽を見に玄関前のベンチへ。

f:id:yueguang:20210816160944j:plain

太陽は雲に隠れてしまっていたのですが、刻々と変わる雲の形がおもしろくて、そこに居合わせた人たちで

「お尻をかんでいるワニ」

「追いかけられているウサギ」

「あ、コックさんみたいな帽子になったよ」

「プーさんみたいにお腹が出てる」

などなど、言い合って楽しい時間でした。


24℃の快適な温度の部屋。

清潔な布団。

昨日眠れていなかったせいか、19:00前にはこてんと眠りに落ち、深夜1:00過ぎに目が覚めました。

山から下りてくると、山で飲めなかった分、意識して水をたくさん飲むのでどうしてもトイレに起きる。

あ!

温泉はいろう!

混んでるってことはないだろうから。

手ぬぐいと化粧水を持ち、豆電球の明るさのライト(部屋が真っ暗なので)を手のひらにしのばせて、二段ベッドのはしごに足をかけたら…

ピカッ!!

えっっ!

どうしよう…

人が動くとセンサーで照明がつくのは知っていたけれど、相部屋は21:00消灯ですから、それ以降は作動しないと思うじゃないですか…

まさかの明るさ、こまかい作業ができるくらい明るい(=昼間と変わらない)。

 

全員を起こしてしまいました…

ごめんなさい、と言ったら「お互い様だから気にしないようにしましょう」ってことになり、よかった。

温泉から戻ったときも、もちろんピカッ!

再び眠りについてすぐ、誰かのトイレ(?)でピカッ!

誰かの出発でピカッ!

常夜灯くらいの明るさで足元を照らす、でいいと思うのですが…

もしくは「相部屋の方は、分厚いアイマスク持参」と明記してもらうか。

 

そして、最初のピカッで大層驚きまして、負傷しました。

はしごに右脚を打ちつけました。

山では転ばなかったのに…まさかここで。

1週間たった今も、上の方は薄くなりましたが、くるぶしまでアザが消えません。

お見苦しいですが…太くてスミマセン…足首が特に痛いです。

f:id:yueguang:20210816161430j:plain

でも、ひとりでのんびり入れた温泉は、最高に気持ち良かった!

そのあと、星を眺めながら涼んだのも。

f:id:yueguang:20210816161409j:plain


朝食。

6:00前に、朝陽を見に行きました。

山から太陽が顔を出すのは、日の出時刻プラス1時間だそうです。

真砂岳のあたりから昇ってきました。

f:id:yueguang:20210816161833j:plain


みんな、朝ごはん食べてるのかな。

周りに2人しかいません。

こんなにきれいなのになぁ。


さて朝食です。

f:id:yueguang:20210816161616j:plain

ごはん、おかわり!


続きます。