山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

高尾山へ 夕暮れハイク

16:30過ぎに、高尾山口駅へ到着。
今日は夕暮れハイクです。
登り始めは暗くありませんが、山頂に着く頃には日没、星空を眺めてから下山します。

f:id:yueguang:20211004210312j:plain

いつもの稲荷山コース。
下山してくる人もまばら。
駅からケーブルカーまでの道は、けっこう人がいたのに。
ビアマウントで呑んで、ケーブルカー利用っていう感じの方もいそうでした。

f:id:yueguang:20211004210353j:plain

最近、海にぽちゃんと落ちて、流れに身を任せているだけだったから…
スクワットさぼってたから…
息が切れる。

でも、展望台までがんばれば、調子が出てくるのが分かっているので、無心で登ります。
展望台はだいたい半分のところにあるのですが、めったに寄りません。
その左にあるまき道が、秘密の道っぽくて好きなんです。
堂々とあるので、全然秘密じゃないのですが、カーブしていて先が見えないのがいい。

f:id:yueguang:20211004210534j:plain

空が柔らかな色になってゆく。
それにつれ、足元は暗くなります。
根っこに注意しながら歩きます。

f:id:yueguang:20211004210759j:plain


あともう少し。
ここを登れば、今日の目的地のもみじ台。

f:id:yueguang:20211004210823j:plain

ここまで50分。
まぁまぁか。

f:id:yueguang:20211004210851j:plain

富士山の周辺には雲が多め。
茜色から水色、そして藍色へ。
空を見上げながら音楽を聴いてるだけで至福のとき
今日は玉置浩二さんの「メロディー」でした。
やっぱり山もいいなぁ。

f:id:yueguang:20211004210923j:plain


明日の勤務明けから、八幡平と岩手山を歩くので、その足慣らしも兼ねてでした。
高尾山には、本当にお世話になっています。
テント泊を初めてしたときには、重いザックを背負って長時間(高尾山〜陣馬山)歩く練習したり、数え切れないほど鍛えてもらいました。
100回どころじゃないと思います。

高尾山にいるにもかかわらず、他の山に思いをはせます。
今日、北アルプスの涸沢ヒュッテのホームページをみたら、紅葉まっさかりでした。

8年前だったか…
妹と上高地から奥穂高岳に登り、下山で涸沢に寄ることにしました。
紅葉のときは、布団1枚に3人寝ると聞いては泊まれません。
テントも登山道にはみ出るくらいの数でした。
トイレも1時間待ちは当たり前だったのです。
本当に美しい紅葉でした。
また行きたい。

汗も冷えてきたし、静かな時間を堪能した。
そろそろ下りましょう。
明日も仕事だ。

そして!

夜間にトレランする方は、充分お気をつけください。
もちろん歩いている人も気をつけなくてはならないのですが、速度が出ていますから。
ダメージが全然違う。
木の根っこに足をとられ、前へ跳びながら転倒した人の巻き添えになるところでした。
申し訳ないけれど、受け止めきれないので避けました。
この前の台風で道もぬかるんでいるし、またそんな人が来ても怖いので、下山は途中から1号路に変更。

f:id:yueguang:20211004211242j:plain

遠くに都心の煌めきが見えても、山の夜は闇です。
ついでに言うと、夜の海の中はもっと闇です。

スマホの懐中電灯だけでなく、もうひとつ灯りを持つこと。
ヘッドランプなら、もし転んでも、頭から外れて飛んでいったり壊れたりは、そうそうありません。
両手もあいてますしね。

夜だから見えるものもあります。
静かに歩けるし、星はきれいだし、ナイトハイク大好き。
けれどいきなりは、おすすめしません。
何度も歩いていても、いつもの道が長く感じたり、合っているのかな…と不安になるのです。
せめて昼間に一度は歩いてから。
下山は1号路にすると、薬王院のあたりからはケーブルカー乗り場まで(そこから下は真っ暗です)は電灯もありますし、ほぼ舗装路です。
それに、時間によってはケーブルカーも動いています。
初めてのナイトハイクなら、陽が落ちるまでに1号路以外で山頂へ。
夕陽を見て下山は1号路、が楽しめると思います。
山頂やケーブルカー乗り場などから、都心の夜景が見えますよ〜。
夜は涼しいし、といってもまだまだ寒くない。
秋は、ナイトハイクにぴったりです。

f:id:yueguang:20211004211327j:plain

薬王院でおまいり。
星がたくさん瞬いてる。
今日は月の出が遅いし、出ていたとしても細っこいので、星がよく見えます。

f:id:yueguang:20211004211422j:plain

ケーブルカー乗り場を過ぎ、真っ暗になったのでヘッドライトをポチッとつけて、急な舗装路をひたすら下ります。

19:00
夜の遠足、おわり!
楽しかった〜。
よく眠れそう。

f:id:yueguang:20211004210228j:plain

ホームに上がると、なかなか乗ることのない京王ライナーの車両が、各駅停車として運転していました。
乗れてラッキー!!