山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

藤七(とうしち)温泉 彩雲荘

十和田八幡平国立公園 藤七温泉「彩雲荘」l 温泉


盛岡駅14:00発の無料シャトルバスに乗り、1時間ほどの「さくら公園」バス停下車。

道の駅のような建物があります。

お土産物も少しありました。

ここで宿の送迎車に乗り換えて、さらに40分。


東京は9月の終わりからキンモクセイが香り秋の気配になりましたが、ここはすでに秋真っ盛り!

黄や赤のスタンプをぽんぽん、と押したような景色を眺めながら高度を上げていきます。

標高1400m、藤七温泉 彩雲荘に着きました。

途中、硫黄の香りのする煙がそこかしこで吹き上げており、温泉につかるのが楽しみ。

f:id:yueguang:20211007171902j:plain

部屋に案内され、灯油ストーブが出ていることに驚きましたが、夜、周りの女性が「寒い寒い」と言っているので、世間一般には寒いようです。

f:id:yueguang:20211007171934j:plain

ザックのいちばん上に入れておいた温泉セット(化粧水と下着の替え)と浴衣をひっつかみ、露天風呂へ向かいます。

混浴が5つありました。

f:id:yueguang:20211007174345j:plain

f:id:yueguang:20211007172114j:plain

女性は湯浴み着やバスタオルを巻いて入浴可能ですが、濡れた湯浴み着ってめちゃくちゃ冷たいですよね…

湯から出たときに巻いていたら、風邪をひきそうです。

なので、移動はバスタオルを巻きますが、湯船には裸で!

19:30〜20:30は女性専用になるので、そのときには湯浴み着いりませんし。


露天風呂は温度がぬるめでした(お尻を下につけるとアチチ!)。

長湯するには良さそうですが、ちゃんと温まりたかったので内湯へ移動。

暗さがいいわぁ。

f:id:yueguang:20211007172339j:plain

もちろんシャワーはなく、洗面器に湯と水をためて流します。

f:id:yueguang:20211007172412j:plain

ドライヤーやテレビ(ロビーにはあります)はありません。

そして、電波も弱い。

山ではよくあることです。

ぼーっとするもよし、本を読むもよし。

f:id:yueguang:20211007172507j:plain

温泉卵がおいしい!

私はもともと「黒たまごプラン」にしていたので、チェックイン時に3ついただきました。

だって、食べてみたいのに「なくなることもある」ってホームページに書いてあったから。

f:id:yueguang:20211007172627j:plain

宿泊者専用のお風呂も行ってみよう。

温度がちょうどいい〜。

ここがいちばんのんびりできるな。

晴れれば、ここからご来光が見えるようです。

熊出たら、これ、とっさに叩けるか…

f:id:yueguang:20211007172555j:plain


さて、夜ごはん!

バイキングです。

お腹すいた〜。

昼はおにぎり2個だけでしたから。

f:id:yueguang:20211007172710j:plain

・姫竹の煮つけ

・水菜のこぶ

じゅんさい

・鹿肉の味噌煮

・紅鱒の刺身

・ひっつみ鍋

・くるみ豆腐

・さわもだし(きのこ)

稲庭うどん

など。

キーンと冷たい水がおいしい。

館内の蛇口から飲めます。

f:id:yueguang:20211007172748j:plain

部屋へ戻って地図を見て計画の練り直し。

もともと岩手山に登るつもりだった日が、終日雨のようです。

予報が変わればいいけれど、展望のいい山にわざわざ雨の日に登ることない。

湯につかって本でも読んで、ゴロゴロしちゃう!

山を歩く日が1日減ってしまうけれど、修行じゃないのだから、楽しく安全に歩ければいい。

柔軟に変えられるよう、予備日があるといいですよね。

今回は最終日にどこを歩くか特に決めず

「また八幡平へ行って茶臼岳まで足をのばすのもいいんじゃない?」

と新幹線を遅くしていたので、岩手山ではありません(盛岡駅へ行くバスに間に合わないため)が、楽しめるように計画を変更できました。

明日、八幡平〜茶臼岳を歩き、宿へは路線バスで向かうことにします。

八幡平〜松川温泉までは「裏岩手連峰縦走コース」となっており、歩くのを楽しみにしていたのですが、八幡平とあわせると10時間超なんです。

朝はおにぎりを作ってもらって早立ちするつもりでしたが、ゆっくりご飯を食べて出発、天気もビミョーなので歩行時間は短くします。

f:id:yueguang:20211007174433j:plain

明日の予定は決まったし、温泉で温まって寝よう。

宿泊者専用の露天風呂が気に入ったので、そちらへ。

もうもうと立ち昇る湯気。

さぁっと風が湯気を吹き飛ばすと、空にはたくさんの星。

いいなぁ、幸せだなぁ。


朝までにお腹すかせなくちゃ!

ぐっすり眠りました。

温泉でぽっかぽかになったまま眠ったのも良かった。


布団をはねていたため寒くて目が覚めました。

4:30かぁ。

f:id:yueguang:20211007174508j:plain

日の出は5:30頃みたいだけど、今いっちゃおう。

1人でのんびり湯につかっているうちに、空が明るくなってきました。

快晴ではないけれど、これなら!

雲海も見える。

冷えていた体も、指先までじんじん温まってきました。

そろそろ人が来そうだな、上がろう。

長湯すると歩きたくなくなっちゃうし。

もうひと眠り…幸せ…

部屋から太陽を感じました。

f:id:yueguang:20211007174644j:plain


さて、朝ごはんもバイキング。

とろろごはん、温泉卵、湯豆腐、いぶりがっこなど。

漬物が充実してました。

f:id:yueguang:20211007174537j:plain


続きます。