山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

岩手 八幡平(はちまんたい)へ

八幡平市観光協会

f:id:yueguang:20211007202615j:plain

 

八幡平は、岩手と秋田の県境。

ここにある八幡平山頂レストハウスでは、2つの県のお土産が買えます。

ナマハゲのキーホルダーや、南部鉄器の熊鈴など。

f:id:yueguang:20211007202647j:plain

 

ずっと来てみたかった場所へ続く道が目の前にある。

「はちまんたい」

名前もかわいいと思いませんか?

f:id:yueguang:20211007203253j:plain

f:id:yueguang:20211007213959j:plain

7:50

宿の車で、八幡平山頂レストハウスまで送ってもらいました。

車道歩きキライなので、ありがたい。

遠くに鳥海山が見えました。

くっきり見えるのは珍しいそうです。

遠すぎて写真は撮れませんでした。

f:id:yueguang:20211007203337j:plain

この写真は、レストハウス前からの岩手山

黄葉がきれい。

秋だなぁ。

赤がないので鮮やかではないけれど、好きな色合いです。

 

八幡平は台地状の火山です。

それでもあまり、荒涼とした印象はありません。

柔らかな秋の色に彩られているからでしょうか。

鏡池やめがね池を経て、20分で八幡平山頂へ着いてしまいます。

あっけないですね…

f:id:yueguang:20211007203607j:plain

 

敗北感がハンパなかった…

このときまだ8:30前で、気温は10℃以下でした。

私は長袖1枚で歩いていたのですが、前にキャミソール姿の女性が!

「寒くないんですか?」

よく自分が言われるセリフを心の中で送りました。

アップダウンがある道ではないので、体暖まらないのに、すごいなぁ…

 

f:id:yueguang:20211007203756j:plain

八幡沼の脇、陵雲荘(避難小屋)にトイレがあります。

快適そうだなぁ、ストーブあるし。

誰かがさっきまで使っていたのでしょう、室内はほんのり暖か。

f:id:yueguang:20211007203931j:plain

室内にこんなポスターがありました。

春に見られるというドラゴンアイ。

カッコイイ…この世のものと思えないのですが。

完璧な形なのは、たった1日とかでしょうね。

f:id:yueguang:20211007204052j:plain

このドラゴンアイは、鏡池

今の鏡池は、↓こんなです。

この辺りの池や沼は、全て火口湖だそうです。

f:id:yueguang:20211007204413j:plain

 

ガマ沼や八幡沼もきれいでした。

f:id:yueguang:20211007204749j:plain

f:id:yueguang:20211007205713j:plain

 

足元は、石畳か木道(源太森方面へは、湿原が終わると登山道のところもあります)。

道が分かれるたびに地図や道標があり、迷う心配のない遊歩道です。

f:id:yueguang:20211007204955j:plain

 

草もみじだ〜。

のどかな秋、って雰囲気が大好き。

f:id:yueguang:20211007205821j:plain

木道が草もみじに吸い込まれそう。

鼻歌が出ちゃいます。

気持ちいい〜。

f:id:yueguang:20211007205953j:plain

 

景色との出会いは一期一会。

いつも絶景を期待してしまうけれど、見られないときだって、もちろんあります。

今回もそう。

今日の予報は曇のち雨。

晴れると思わなくて、もし見られなくても来られただけで嬉しい。

青空に映える黄葉が見られなかったら、また来れば(遠いので、時間と費用の問題もあります)いいじゃないか、って思っていた。

それなのに、この景色。

じ〜んときてしまいました。

f:id:yueguang:20211007210515j:plain

 

やっぱり山はいい香りがします。

 

源太森の展望台。

f:id:yueguang:20211007210624j:plain

 

9:25

安比岳(あっぴだけ)との分岐を、黒谷地(くろやち)方面へ進みます。

f:id:yueguang:20211007210729j:plain

しばらく、のんびり歩いていたのですが…

え?

熊だよね、あそこに見えるのは…

こっち見てるか?

まだ遠いけれど…

あちゃー。

ダメだ、戻ろう。

視線を外さず静かに後退りして、向こうからこちらが見えなくなったらダッシュ

 

転んだ。

歩くのに準備運動はいらないけれど、ザックを背負って走るには必要だったみたいです。

左膝を強打。

でも痛くない、良かった…

しばらくドキドキがおさまりませんでした。

f:id:yueguang:20211007210931j:plain

 

11:00

避難小屋へ戻ってきました。

ベンチがあります。

朝ごはん少なめだったから、ランチにしちゃおうかなぁ。

だって、すっごく気持ちがいい!

まさか、日向ぼっこできるなんて〜。

f:id:yueguang:20211007211112j:plain

藤七温泉の黒たまごと、盛岡駅で買ったコッペパン

昨日はふわっふわだったけど、1日たつと少しかたい。

当日中に、って言われたもんなぁ。

次は買ってすぐ食べよう。

黒たまごは、ほのかな甘みがあっていくらでも食べられます。

 

f:id:yueguang:20211007211417j:plain

 

レストハウスへ戻ってきました。

お土産を買って自宅へ送ります。

 

天気、夕方までもつなぁ。

結果論になってしまいますが、早朝に出れば歩きたかった裏岩手縦走コースへ行けた。

でも八幡平でゆっくりできなかったか。

f:id:yueguang:20211007211229j:plain

やっぱり畚岳(もっこだけ)だけでも行ってこよう!

せっかく晴れてくれたんだもん。

レストハウスから30分かからず着きました。

八幡平樹海ラインを下って、登山口に入ります。

f:id:yueguang:20211007211749j:plain

登山口から1km歩けば、標高1578mの山頂へ到着。

360度ぐるり、柔らかな黄色いスタンプをポンポンされた景色。

f:id:yueguang:20211007212013j:plain

f:id:yueguang:20211007212052j:plain

半袖でちょうどよいくらい、ぽかぽか。

音楽を聴いてのんびり目をとじて…

目を開ければこの景色。

幸せだ〜。

 

ゆっくり下山。

f:id:yueguang:20211007212350j:plain

 

再びレストハウスへ戻り、バスを待ちます。

f:id:yueguang:20211007212230j:plain

路線バスで松川温泉へ。

昨日泊まった藤七温泉を通ったのですが、露天風呂が丸見えでした〜。

あらあら。

 

続きます。

f:id:yueguang:20211007212513j:plain

 

f:id:yueguang:20211007213513j:plain