山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

夕暮れの高尾山へ

「今日は空気がカラカラ、快晴です」
との天気予報、山に行きたくてたまらなくなりました。
昼過ぎまでは用事があるから、高尾山へ夕陽を見に行こう。

f:id:yueguang:20211203214403j:plain

15:00、高尾山口駅に降り立つと平日にもかかわらず、やっぱり人出は多い。
下山してくる人が多い時間帯なのでしょう。
これから登るツアーの人たちもいます。
あえて高尾山でツアーって、何をするんだろう?
ちょっと興味あります。
絶対に行かないけど。

f:id:yueguang:20211203214522j:plain

駅から登山口までの売店で、この季節恒例の「むかご」が売っています。
炊き込みご飯にしましょう。
下山後はもう閉店しているので、3袋買います。
 
ケーブルカー乗り場前の紅葉は、すっかり終わっており、散っていました。
上の方はまだ、山吹色に染まっています。
柔らかい光が木々を照らしています。

f:id:yueguang:20211203215025j:plain

それにしても、すっかり寒がりになってしまいました。

2月に半袖で出勤して怒られていた頃が懐かしい。
あれから10年たってないんだけどなぁ。

f:id:yueguang:20211203214745j:plain

ケーブルカー利用が多いのかな?

稲荷山コースは、すれ違う人も少ないためペースもそこそこ、静かに秋の空気を満喫しながら歩けました。
 
山頂まであと少し、というところにベンチが2ヶ所あります。

f:id:yueguang:20211203214820j:plain

登山口に近い方の、このベンチがお気に入りです。
寝っ転がりたいくらい、のんびりした空気感。
が、そんなことしてると日没に間に合いませんので進むとします。

f:id:yueguang:20211203215340j:plain

いや〜、気持ちいい。
長袖1枚で汗ばむ程度。
あまり汗をかいてしまうと、夕陽を見ながら冷えちゃいますからね。

f:id:yueguang:20211203215412j:plain

もみじ台に16:00着。
一丁平までは…無理だな。
それまでに沈んでしまう。

f:id:yueguang:20211203215441j:plain

富士山のお隣に、まばゆい光を放ちながら沈んでゆくのを、音楽を聴きながらただ見てるだけ。
ちょっと寒い、でもすごく落ち着く。
やっぱり山が好きだなぁ。

f:id:yueguang:20211203215512j:plain

 
山を歩いていると、いろんなことを考えます。
私は今、無職です。
在職中に面接を受けていたため、10月末で退職したあと、11月1日からすぐバイトを始めました。
しかし、どうしても楽しめず、無給期間だったこともあり辞めました。
仕事を辞めて、社員でなくてもなんでもいい、楽しめる職場にいたいと思いました。
仕事そのものが楽しく、周りの環境(人間関係や、サービス残業が多すぎない、とか)もどちらもいいのがそりゃ最高ですが、それを求めていたらすぐに見つけることはできない。
どちらかでいいから…と思って選んだバイト先でした。
1日に10km以上アップダウンを歩く(重い荷物を持ちながら小走り、でも宅配関係ではありません)のですが、それは全く苦になりませんでした。
山に鍛えてもらったからですね。
健康にも間違いなくいいと思ったのですが、このバイトでは「外で働ける」という点しか楽しみを見いだせませんでした。
教える方だって大変です。
それが分かっているから、見切りをつけました。
これからどうしたらいいんだろう。
今の自分でできること、とやってみたいことが違う。
未経験者歓迎とあっても実際に面接に行けば「未経験じゃちょっと…」
じゃあ、書かないでほしい。
経験者のみ、としておいてくれればビミョーな空気が流れることはないのに。

f:id:yueguang:20211203215751j:plain

16:18、太陽はすっかり見えなくなり、ずいぶん白くなった富士山がくっきり現れました。
マジックアワーの始まりです。
今日はどんな色に染まるのだろう。
 
16:30、山々の稜線をふちどる橙色が濃くなってきました。
それにしても寒い!
完全に暮れるまでは、多分いられないな。
暖かいダウンを持ってくれば良かった。
温かいミルクティーも。
 
限界!
10分しかたってないけど!
16:40、来た道を戻ります。
反対側の空は、淡い桃色になっていました。
木々の間からですが、どんどん色を変える空が見えます。
 
1ヶ所だけ、すごくぬかるんでたところがあったなぁ。
あそこを真っ暗になる前に通りたい。
スニーカーなので、ズブッと入るの勘弁。
尻もちなんてついたら、帰りの電車で座れないもん!
 
東京の夜景です。
登るとき、都心までくっきりだなぁ〜と思ってから1時間半しかたってないのに。

f:id:yueguang:20211203220428j:plain

 
山頂では
「冷えたから温泉はいってこ!」
と思っていましたが、下りとはいえ歩けば体が暖まります。

f:id:yueguang:20211203220825j:plain

お腹が空いてる方が勝り、さっさと京王線に乗りました。
人生2回目のタイ料理。
カオマンガイというのをいただきました。
ほかにも食べてるんですけどね。
おいしかった〜。

f:id:yueguang:20211203220605j:plain

 
約2週間後、高尾山の山頂からダイヤモンド富士を見ることができます。