山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

箱根その1 箱根百薬。と関所へ

箱根へやってきました。
小田原あたりで雨が本降りに。
あちゃー。
ってことで、本日は観光デーになりました。

f:id:yueguang:20211215212428j:plain

今回どこを歩こうかと地図を見ていて「甘酒茶屋」とあるのを見つけ(箱根は〇〇茶屋というバス停が多い気がします)調べたら、ほんとに茶屋で、甘酒やお餅を出してくれるというではないですか!

箱根甘酒茶屋【公式】へようこそ

ここを出発点にして、屏風山~要害山と歩き、箱根神社へ行こうと思っていたのですが、こんなに降ってはね…

 

箱根の山といえば、金太郎で有名な「金時山」と芦ノ湖からロープウェイでも上がれる「駒ヶ岳」です。
早雲山から駒ヶ岳を歩きたいけれど、ずっと通行止め(噴火警戒レベル1)です。
ロープウェイで往復だけしてもなぁ…
行くだけになるしなぁ。
またいつか、歩けますように。
 
 
1日目が曇と雨、2日目が快晴予報。
ほんとは金時山を1日目にしたかったけど、計画変更。
小田原からバスで、元箱根港を目指します。
 
バス停をアナウンスしてくれるのだけれど…
「ビーバートザンマエ」
 ん?
聞き間違い?
電光掲示板を見たらそのまんま「ビーバートザン前」
目が覚めた。
なんだろう? と見ているとホームセンターでした。
 
お次は「ホテル前」
普通、なんてホテルか言わないか?
…あぁ、富士屋ホテルなんですね。
箱根でホテルっていったら、富士屋ホテルに決まっているでしょうということなのでしょうか。
 
そのすぐ次は「神社下」
ここも、なんの神社か言わないんだ…
 
もういいや、眠くなってきちゃった。
f:id:yueguang:20211215212558j:plain
バスだと酔うのですが、景色やお店も目に入ってきて「ここ、寄りたい!」となることも多いので、バス旅はけっこう好きです。
直感というほどたいそうなものではないけれど、いいなと思えばすぐ降りられますし。
電車じゃスピード出てますから、なかなか見つけられない。
今回も、食べてみたいお店を発見しました。
明日、寄ろうかな。
 
乗り物に酔わない眼鏡をいただいたのですが、今回持ってこなくて、クネクネ道で酔い悔しがっていたら、プレゼントしてくれた子が
「新進気鋭なデザイナーか、目を合わせてはいけない人かの二択(だからやめといた方が…)」
と、ごもっともな返事をくれました。
いちばん後ろの席ならいいかと思ったけれど、乗ってきた人が座る席を探すときに視界に入りますもんね。
二度見します、私だったら。
 
f:id:yueguang:20211215212754j:plain
「箱根百薬。」
箱根神社第一鳥居のすぐ横にあります。
バスに酔ったけれど、寒さのためか、頭がシャキンとしてすぐ復活。
ここで食べてみたかったんだ〜。
土日は、豆腐がなくなることもあるそうですよ。
カレーもあるのか。
f:id:yueguang:20211215212843j:plain 
でも、ここはやっぱり「とうふめしときのこ汁」で!
このビジュアル…
高さもありますよね、けっこう。

f:id:yueguang:20211215212947j:plain

豪快、の一言です。
これについてもさっきの眼鏡の子が
「食卓に出すとビックリするくらいの手抜きなシチュエーションも、箱根というだけで絵になる不思議さ」
ほんとに!
吹き出してしまった。
お母さんに「ご飯だよ~」って言われてこれを出されたら、5秒くらい絶句した後に
「ど、どうしたの。お母さん。私、なんかした?」
と、謝ってしまいそうです。
 f:id:yueguang:20211215213126j:plain
 
キノコと鶏肉の汁で、冷えていた体が一気に汗ばむくらい、温まりました。
とうふ、ほんとにでかっ。
そう思うのに、味のしみ込んだとうふと麦飯を交互にかっこむ手がとまりません。
 
f:id:yueguang:20211215213044j:plain
レコードの音もいい。
低音でなんか落ち着く。
 
デザートはシフォンケーキと迷ったのですが「龍神の玉」を。
箱根の湧水と和三盆でつくられた和菓子です。
すんごい透き通ってるんですけど!
スプーンで弾くと、ぷるっ。
f:id:yueguang:20211215213200j:plain
 
昼前&雨のためか店内が空いていたので、ゆっくりさせてもらっている間に雨がやみました。
関所まで1キロ。
雨の芦ノ湖もいいもんです。
海賊船、かっこいい!
f:id:yueguang:20211215213612j:plain
強がりじゃないですよ!
そりゃ、快晴もいいと思う。
でも葉が落ちた枝にころんころんとつく雫、ほんとにきれいですもん。

f:id:yueguang:20211215213657j:plain

箱根恩賜公園を歩いていきます。
「箱根」じゃなく「函根」
この字をあてているのを初めて見ました。
f:id:yueguang:20211215213733j:plain 
湖畔沿いに道があります。
せっかく雨もやんだし、少し歩こう。

f:id:yueguang:20211215213813j:plain

 
へぇ、海賊船って何隻あるんだろう?
さっきのと色が違いますね。

f:id:yueguang:20211215213851j:plain

一周できますが、適当なところで引き返します。
関所資料館を見学。
入館料は500円でしたが、箱根フリーパスをお持ちなら割引らしいです。
けっこうおもしろくて見入ってしまった。
江戸を出る女性は、全身や頭髪の特徴を記した紙を持たされ厳しく改められたとか。
なんで髪をすいてる?
髪になんか隠すってこと?
f:id:yueguang:20211215214014j:plain
関所破りをすると投獄されるとか。
そういえば学校で習った気がしますね。

f:id:yueguang:20211215214101j:plain

f:id:yueguang:20211215214209j:plain

武器もいろいろ展示されていました。
 
この階段、江戸時代からあるんですって!
約70段上がるだけで、芦ノ湖が見渡せます。

f:id:yueguang:20211215214256j:plain

右上の番所から24時間監視していたそうですよ。
前には芦ノ湖、後ろには屏風山。
関所破りは難しかったでしょうね。
 
 f:id:yueguang:20211215214339j:plain
やりたい顔ハメがいっぱいあるけれど、ひとりだとちょっと…
もう二度と会わない人にお願いするといっても、恥ずかしいこともあるのです。

f:id:yueguang:20211215214414j:plain

 
今日は強羅温泉に素泊まりです。
強羅駅からケーブルカーと並んで1駅分歩きました。
となりに道があるのです。

f:id:yueguang:20211215214452j:plain

「公園下」駅でケーブルカーとお別れ。

【公式】ホテル 強羅彩香 - 四季倶楽部

箱根で素泊まり5500円って安いので選びました。

 f:id:yueguang:20211215214519j:plain

あ~、ちょうどいい感じ。

湯船は大きくありませんが、そんなに混まないのかな?

 

部屋でWi-Fiがつかえない(ロビーではつながりました)のと、コンセントが入口の扉と洗面所にしかないので使いづらかったです。

広くて清潔なのに、おしいなぁと思います。

f:id:yueguang:20211215214618j:plain 
もう一度温泉につかったら眠たくなってしまいました。
 
続きます。