山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

丹沢 仏果山~高取山~宮ヶ瀬ダムへ その2

なに、このベンチ!

どこよりも景色、サイコウじゃん!

しかも、向きがいいのか無風。

分かってたら、ここでランチしたかった〜。

本来なら、ダムからここに登ってきているんです。

ここをゴールにしちゃってたんじゃないかな…

もういっか〜って。

f:id:yueguang:20220112211643j:plain

トイレ(まで1時間かからない)を我慢できるギリギリのラインまで、ここで音楽を聴きながらのんびりすることに決めました。

 

それにしても、水と思えない。

動きがないんですもん。

 

f:id:yueguang:20220112211834j:plain

私のザックと同じ色。

 

私はこの色が好きなのです。

白、黄、オレンジ、黄緑、青、紺も好き。

 

よし、もうトイレに行かねばならない。

下山しよう。

この先、斜めになっている階段がありヒヤッとしました。

思わず、ロープを握ってしまいました。

f:id:yueguang:20220112212846j:plain

急な階段が続きます。

これは上るほうが楽だなぁ。

 

ダムに近づくにつれて、水がチャプチャプする音が聞こえてきました。

水と思えなかったけど、水でした。

当たり前ですが。

12:15

ダムへ着きました〜。

f:id:yueguang:20220112213630j:plain

高取山の山頂から、1時間で下山です。

そこから5分の「水エネ館」にトイレがありました。

f:id:yueguang:20220112213703j:plain

私は家を出た6:30からトイレにいけてなかったので…待望のトイレです。

本来歩こうとしていたルートなら、半原バス停にあります。

 

ここでは、ダムの仕組みなどを学ぶことができます。

初めて雨量計というものを見ました。

カコンカコンという音とともに、カウンターの数字がどんどん増えていきます。

約3秒に1回、カコン。

f:id:yueguang:20220112213446j:plain

f:id:yueguang:20220112213542j:plain

f:id:yueguang:20220112213606j:plain

こんなんじゃシャンプーいつまでたっても流せないよ〜、くらいの弱いシャワーです。

その水を漏斗で集めてカコン。

 

館内や外で過ごすうちに、1時間以上たっていた…

f:id:yueguang:20220112214424j:plain

f:id:yueguang:20220112214221j:plain

f:id:yueguang:20220112214321j:plain

真上から眺めていると、インクラインが動き出しました。

真下の白い建物から右にのびているの分かりますか?

すごい角度ですよね。

そこをインクラインが移動するんです。

f:id:yueguang:20220112214354j:plain

 

f:id:yueguang:20220112214717j:plain

私もインクラインで下ります。

 

貸し切りでした〜。

 

f:id:yueguang:20220112214815j:plain

f:id:yueguang:20220112214840j:plain

 

私はジェットコースターに乗れませんが、先頭に乗るとこんな感じなのでしょうか。

ひとりだったため、到着まで座席の間をウロウロしてしまいました。

f:id:yueguang:20220112214908j:plain

 

下からより上からのほうが、高さが分かりますね。

 

f:id:yueguang:20220112215119j:plain

f:id:yueguang:20220112215207j:plain

この先にも小さなダムがあり行ってみましたが、わざわざ行くほどではないかも…

 

宮ヶ瀬ダムを見てしまうと、より小さく感じてしまいます。

 

あいかわ公園が隣にあります。

この公園はすごく人気らしいです。

f:id:yueguang:20220112221645j:plain

山のようなトランポリン(ふわふわドーム)など、小さな子から小学生くらいでも楽しめる遊具がありました。

 

f:id:yueguang:20220112221808j:plain

そこを通り抜け、愛川大橋バス停へ到着。

再び凍えながらバスを待ち、本厚木駅に戻りました。

 

夜ごはんは、こちら方面に登りに来たら寄ることの多いフィーコディンディアにしようと思っていましたが、身体が冷え切ってしまったのとお腹がすいていたため、開店時間まで待てず、ホテル近くの居酒屋さんにしました。

ワカサギの天ぷら、おいしかった〜。

f:id:yueguang:20220112215916j:plain

 

明日はどの山に登ろうかな。

続きます。