山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

丹沢 鐘ヶ嶽(かねがたけ)へ

本当はもっと遅くに下山してくるはずだったので、貯まっていたじゃらんポイントで本厚木駅のホテルを予約していました。
そして翌日は箱根の山にでも登ろうかな、と思っていたけれど…
せっかく本厚木に泊まるのだから、わざわざ箱根へ移動するのではなくこのあたりで歩いたことのない場所へ行くことにしました。
f:id:yueguang:20220123190657j:plain
宮ヶ瀬行きのバスに乗ったとき「尼寺」というバス停を過ぎました。
そこはどこだったんだろう、と地図を眺めていると…
山の地図では尼寺というお寺は見つけられなかったけれど、そのバス停のそばに「飯山観音」とあります。
春には桜がきれいなところみたい。
道も歩きやすそうだから、順礼峠〜白山〜飯山観音長谷寺)はツレと行くことにして…
その隣にある鐘ヶ嶽(かねがたけ)を歩いてこよう。
 
3時間足らずの短いコースです。
ほんとはもっと歩きたいけれど、泊まった部屋の隣があまりにうるさくて5人くらいいるんじゃないかと思うほどのテレビの大音量。
22時過ぎたのでもう寝たいなぁ、と思いフロントの方にお伝えすると、言いに行ってくれた(2人しかいなかったそうです)ようで、そのときは音量が小さめになったのですが、フロント業務が終わった深夜からもう言われないと思ったのか再び大音量。
山小屋じゃないから耳栓持ってこなかったよ…
近くにコンビニあったけど、着替えて買いに行くのなんてめんどくさい。
で、眠れず。
そういうときは無理して歩いても楽しめないので、山は少しにして、昨日行けなかったフィーコディンディアでおいしいランチをいただき、早めに帰ることにしました。
 
厚木バスセンターから乗車しようと、余裕をもって出たはずなのに乗り場が分からない!
9番乗り場はどこよ!
出発時刻まであと1分?
高いところに乗り場の番号がないので、バスがいるためにまわりこまないと番号を確認できない。
行き先がなじみのないところばかりなので、バスの行き先表示だけでは見当がつかないのです。
あ、あのバスだ!
駆けていくと凍っていた道で滑りました。
周囲からも「あっ!」
登山靴に感謝ですね。
お腹にぐっと力を入れたら、どうにか態勢を立て直すことができバスの運転手さんが扉を再び開けてくれました。
走り出したバスの中で息を整えていると…ん?
窓から見えるのは、さっき出てきたばかりのホテルじゃないか!
ホテル近くのバス停から乗れたんかい…
まぁ、いいや。
乗り場が分かったから。
 
8:40
うとうとしているうちに「広沢寺(こうたくじ)温泉入口」バス停に到着。
f:id:yueguang:20220123190819j:plain 
8:50
鳥居をくぐって山に入ります。

f:id:yueguang:20220123190857j:plain

始めは緩やかで、体が楽〜。
石仏がぽつんぽつん。
先日行った奈良の仏像も心に残ったけれど、こういう道にある石仏が好きです。

f:id:yueguang:20220123190951j:plain

そこを歩く人たちを静かに見守ってきたんだろうな、そして歩く人たちはそっと手を合わせたのだろうな。
こんなことを想像すると、時代が変わっても変わらないものもあると嬉しくなるんです。
f:id:yueguang:20220123194106j:plain
石柱が励みになります。
二十八丁目まで。
f:id:yueguang:20220123191034j:plain 
暑い…
昨日は凍えていたのに。
1枚脱いでも暑い。
やっぱりいちばん下は、半袖にするべきだった。
 
こんな石が、足元にたくさん。
おもしろい模様です。

f:id:yueguang:20220123191132j:plain

 
石柱二十七丁目からは、長~い階段。
あと15分で標高差100mを上がるんだもん。
そりゃこうなるか。

f:id:yueguang:20220123191213j:plain

約200段上がると二十八丁目。
踊り場で休憩。
そのあと約350段。
疲れてるから、数え間違えていると思いますけど。
この階段、足を置く幅が狭いんです。
下るほうが歩きづらいんじゃないかな。
 

f:id:yueguang:20220123191419j:plain

 
やはり案内が手厚いです。 

f:id:yueguang:20220123191503j:plain

 
9:55
浅間山七澤神社本殿
f:id:yueguang:20220123191348j:plain
 
すぐ先が鐘ヶ嶽の山頂△561ですが、展望はありません。
f:id:yueguang:20220123191315j:plain 
さっきまで無風だったけれど、下りでは風が冷たい!
道がつけられている向きで、体感温度が全然違います。
 
いい道~。
f:id:yueguang:20220123191610j:plain 
10:25
分岐です。

f:id:yueguang:20220123191659j:plain

右を指している「らくらくコース!」と思ったけれど、日陰かぁ。
暗いし、寒そう。
真逆だけど、こっちも「山の神隧道」方面へ行くから明るい方へ行こう。
しかもスベスベって!

f:id:yueguang:20220123191809j:plain

 
少し急坂なところもありましたが、明るくていい!

f:id:yueguang:20220123192022j:plain

 
10:40
山の神隧道です。
f:id:yueguang:20220123191920j:plain 
水の流れる音を聞きながら、舗装路を2km歩けば「広沢寺温泉入口」バス停へ戻れます。

f:id:yueguang:20220123194227j:plain

お腹すいたなぁ。
コンビニで売っている8粒くらい入って100円のチョコが山では食べやすく、夏以外は持っていくことが多いです。
アーモンド入りが好き!
ぐぅぐぅがピタッと、とまりました。
 
バスで本厚木駅に。
さぁ、食べるぞ~。
パスタコースとイワシフライにしようっと。

f:id:yueguang:20220123192152j:plain

お店の方が
イワシフライは1枚にもできますよ(通常は2枚)」
「お腹空いているので食べられます」
「今日のイワシは大きいから、1枚の方が…」
「大丈夫です! お腹ぐぅぐぅいっているので!」
笑われたけれど、大きなフライがきました。
f:id:yueguang:20220123192128j:plain
サクホロ~。
酸味のあるソースにスパイシーな衣。
あれ? 2枚あったのにもうない。
f:id:yueguang:20220123192232j:plain
前菜の真ん中にある黄色い四角は「パネッレ」
ひよこ豆のペーストを揚げたもので、いくらでもいけそう。
f:id:yueguang:20220123192313j:plain
いつもイカスミスパゲティにしてしまうんだよな。
ウニとリコッタチーズを混ぜて、う~ん、おいしい。
 
楽しかった。
おいしかった。
次はどこの低山へ行こうかな。