山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

冬だからこそ

窓の外を見ると、朝からの雨が雪に変わりっていました。

すでに向かいの家の屋根には、うっすらと積もっています。

今日は登りたくないけれど、明日が晴れなら登りたいなぁ。

雪をサクサク、踏みしめながら歩くの大好きです。

平日で早朝や夕方に歩けば、山はいつだって静かに歩けるけれど、雪の日はさらに静寂。

しん、とした静けさです。

水墨画のような、薄い灰色の世界も好きです。


そして、気温が低い冬の朝は、写真のような氷の芸術を見ることができたり。

f:id:yueguang:20220210151936j:plain

f:id:yueguang:20220210153107j:plain

寒い季節ならではの楽しみですね。