山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

西伊豆の雲見でダイビング その2

「穴があったら入りたい」

雲見のダイビングのキャッチフレーズです。

そのとおり。

たーくさんの穴があります。

落ちたり抜けたり、やっと通れるような狭い穴、ともかく穴だらけ。

 

1本目、まいります。

とぷぅん。

潜降は問題なくできた。

耳も抜けた。

久しぶりだと緊張します。

空はこんなに晴れているのに、海の中は薄暗い…

これが濁りかぁ。

もちろんナイトダイビングのように真っ暗ではありませんが、夕暮れダイビングって感じ。

 

まぁ、約10ヶ月ぶりの海ですから。

うまく海中を漂えればそれでヨシ(๑•̀ㅂ•́)و✧

昨日聞いていた、水温の差が大きいというのは本当でした。

21~28℃の範囲だったようです。

ぬるいところと冷たいところがハッキリしていて、全然混ざっていない。

見た目も、淡水と海水が混ざったときのようにモワモワしています。

クレバスを8mくらい落ちると、写真の岩と岩の間にある水路下の洞窟へ。

ここには、キンメモドキの群れ群れ群れ!

揃って向きを変えて、囲まれて。

圧巻のショーでした。

これは見ることができて良かった!

それにしても、もうちょっと水が青くて、光が射し込んでくれるといいなぁ。

 

先日まで、この洞窟の両脇の壁にウミウシがたくさんいたそうです。

すべて消え去ったとのこと。

ウミウシが海中を漂っているのを見たことがないのですが、どうやって移動するの?

なぜ、一気に全部がいなくなったのでしょう。

 

ウミウシは、こういうのです。

色も形もいろいろ、1400種類くらい確認されているらしいですよ。

 

スズメダイが威嚇してくるので何事かと思ったら、卵を守っていました。

ショップに戻ってから、インストラクターさんが撮った写真を見せてもらいました。

びっしりある卵をよく見ると、それぞれに目が見えます。

私が持っているカメラの倍率では、ちいちゃな卵を写すことはできません。

 

 

最後に、安全停止をします。

水深5mくらいで3分間。

体内に溶け込んだ窒素を排出するために、ダイビングの最後には、必ず安全停止を行います。

このとき、ロープにつかまっての停止(ということは、だいたい流れがあったりうねってる)は100%吐く。

他の人が近くにいるので、懸命にこらえる。

このときの3分間の長いこと長いこと…

酔いどめのんでも、いつもダメ。

動き回れればまだいいので、今回はキンギョハナダイの群れを見ながら動き回ります。

 

45分のダイビングを終えてプカっと浮かぶと、ボートがピックアップに来てくれます。

海面で待っている間に、やっぱりダメでした。

気持ちわりぃ…

ボートが近づくと波も大きくなりますしね。

リフトに足をかけたら自動で上げてもらえるという、とても画期的なボートでしたが、そんなことより気持ち悪い。

でもすぐ着くから、ありがたい。

 

2本目の準備をして、浴槽へ。

ここの施設は、シャワーもたくさんあるし、ダイビング後の体を温める浴槽が3つもあります。

 

ボートが出るまでまだ時間があった(ダイビングの合間の休憩は必須です)ので、すぐ近くの展望台へ行ってみました。

あ、富士山がうっすら。

2週間後には、あの頂きにいるはず。

 

2本目へ。

ここは潜降し始めたときから水が冷たい。

多分、フツーは寒いと思われます。

そしてやっぱり暗い。

 

オオウミウマがいました〜。

くるん、って巻きついてますね。

ゆらりゆらり

ずっとくっついてるのかと思いきや、けっこう動き回るらしいです。

その動くところを見たいぞ!

 

アカホシカクレエビ

 

ハナミノカサゴ

 

ソフトコーラルがもりもりです。

ブドウみたいな色ですね。

そういえば、そろそろシャインマスカットの季節…食べたい!

 

そして、やっぱり吐く。

海の中がよければ3ダイブするつもりでしたが、この濁りじゃなぁ…

2ダイブにしとこ。

吐いたのは関係ありません。

海面で待つといつも吐くので想定内!

吐けば気持ち悪さも終わりなので、器材を洗い、シャワーを浴び、すぐにおいしいご飯を食べに行けます。

 

お腹すいた!

 

続きます。