山、はじめます。

生きていれば、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちにさせてくれる。

高知 柏島でダイビング その1(2022)

空港が好きです。

たくさんの地名の案内板や放送が、目に、耳に、ひっきりなしに入ってきて、ここにくればどこへでも行けるんだという高揚感。
いつも思うのだけれど、こんな非日常の場所で働く人たちは、これが日常なわけで…
起きてご飯を食べてお風呂に入って寝る。
そんな1日を過ごしても、どこで暮らすか、どんな仕事をするかでまったく違う1日になるんだなぁ、と改めて思います。

柏島は、ほんとに遠い。
5時に家を出て、ダイビングショップに併設されている民宿に着いたのが15時前。
搭乗時間や、高知駅からの特急に余裕をもたせてるとはいえ、沖縄よりはるかに遠いではないですか!

 
高知空港から、連絡バスに乗って高知駅へ。
路面電車がかわいい〜。

特急と各駅電車を乗り継ぎ、最寄りの宿毛(すくも)駅まで約2時間半。
車で迎えに来てもらって40分。
ようやく着きました〜。

柏島ダイビングサービス フィンハウス

前に潜りに来て、1年もたつのかぁ。

 

 

あいかわらず、猫が道端で寝てる。

というか倒れてる。

こんなんが12匹いるんですよ。

すぅすぅ、よく寝てる…

近寄ったらフツー、起きません?

 

高知駅でおやつを買いました。

ミレーに、朝とか昼と午後とかあったとは!

全種類ひと袋ずつ、つながってればいいのに〜。

迷うけど、今は買うのやめよう。

きびなごシリーズがおいしければ、帰りにも買おう。

あと、龍馬パスポートのスタンプ欄が埋まっていたので、紺→赤にランクアップしてもらいました。

買い物したり宿泊したりして、スタンプを押してもらったり、持っているだけで割引を受けられることもあります。

赤の次、ブロンズまでは2回くらい高知に来ればすぐです。

 

今、石垣島のあたりは台風で荒れていますが、ここは波もなく穏やか。

雨の予報だったのに晴れていて、日焼け止めを塗っていない肌にジリジリくる。

 

 

散歩してこよう〜。

透き通ってんなー!

日曜日なので、家族連れが砂浜で遊んでいます。

近くにこんなとこあったらいいよねぇ!

この橋をくぐって、ダイビングボートは沖に出ていきます。

明日もこの海況が続きますように。

こんなふうに晴れてくれたらなお嬉しいけれど、欲張りませんから…

イルカ、まだいるのかなぁ。

湾内でマグロの養殖をやっているので、エサのおこぼれにあずかれて困らないから住みついているんですって。

昨年は親子に会うことができたんです。

 

浜への入口がありました。

「白浜」とあります。

急な階段を下りていくと、小さいけれど極上のビーチ!

ビーチを上から撮りました。

右の、岩がくぼんでいるところです。

人が浮いてますね〜。

ステキですね〜。

 

夕食です。

ここのご飯、おいしいんです。

サバとカツオのたたき、サイコー!

お腹いっぱいなのに、追加がきた…

 

どんな海が見れるかな。

楽しみです。

 

続きは帰ってからになります。