山、はじめます。

生きていれば、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちにさせてくれる。

海で、バブ?

海からハシゴで上がり、器材をおろしていると、嗅ぎ慣れた香り。

入浴剤みたいな香りがする。

 

その理由が、2本目に潜るときに判明しました。

となりで器材をセッティングしていた夫婦が、個包装のバブを取り出しました。

 

え?

ほんとにバブだったんだ?

それを何に使うの?

 

中身をパキッと半分に割り、それぞれ自分のウェットスーツの中の胸元へ。

 

なんのために?

その日、船はいくつかのダイビングショップが乗り合いでした。

その人たちをガイドする人も、それを見てたけど何も言わない。

公然と行われてもおかしくないことなのか?

当たり前なの?

 

ホテルへ戻って、すぐ検索。

「ダイビング バブ」

ダイビングでの入浴剤使用の害について - よかよかダイビング 天草牛深

ダイビング寒さ対策 バブ編 | スキューバダイビング情報

簡単にまとめると、バブだけじゃなく、きき湯などの発泡性の入浴剤は体を温める効果があるとのこと。

そりゃそうだ。

入浴時に入れるとポカポカが持続します、とうたっている製品もあるのだから。

 

水温が少しずつ下がってくるこの季節。

人によっては、冷たいと感じることもあるのかもしれないけれど。

暖かく潜りたいなら、ウェットスーツの素材をロクハン(厚手)にするとか、フードベストを下につけるとか、ドライスーツ(頭と手以外、濡れない)にするとか、ほかに方法があるのに。

 

きれいな海に潜るのに、自分は人工的な香りや色を海に溶かすって…

 

海に吐いてしまう私が言うことじゃないか。

 

でも、なんだか釈然としません。