登って潜って、月をみて。

生きていれば、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちにさせてくれる。

奥秩父 両神山(りょうかみさん)へ。熱中症に…

両神山 (りょうかみさん):1,723m - 山と溪谷オンライン

12年前、ツレと歩いた両神山

ちょっと気温が高めなのは気になるけれど、新緑の美しい今また登りたくなったので行ってきました。

結論から申し上げますと…

熱中症になり、途中で引き返しました。

頭がぼぉっとして気分は悪く、麦茶を飲んでも飲んでも足りない。

今までの経験から「このくらいの気温ならこれくらいの水分で充分」と思って持参した量を、登りの途中で飲み切ってしまった。

水場があったから補給することはできたけれど、明らかにおかしい。

残念だけれど、今回は下山。

秋は蜂のシーズンだから、初冬にまた登りに来よう。

 

梅雨入り前、青空でした。

気温は26℃予報。

登山口の標高が低いのが少し心配でした。

 

7:40 日向大谷バス停 △640

バス停から両神山荘へ上っていくと、トイレがあります。

 

7:50 登山口

 

新緑、好きです。

撮っても撮っても、あきません。

 

8:15 会所

登山口からここまで小さなアップダウンが続き、登り始めと標高がほぼ変わらず…

 

まだまだ標高差1100mの登りが残っています。

 

沢の音が心地よい。

通る風が涼しい~。

 

9:10 八海山

ここから急登の始まりです。

なんかすごくキツイ。

でも、もう少しがんばれそう。

 

9:35 弘法の井戸

何度も水をすくっては首筋を冷やします。

やっぱり熱中症だ。

いくら暑いとはいえ、汗の出が尋常じゃない。

もう少し上がれば、清滝小屋があります。

そこで休憩して下山しよう。

清滝小屋からさらに1時間半登って、そこから登山口まで下る自信はありません。

早めに決めないと、もう動けない… となってからでは遅い。

 

9:50 清滝小屋 △1290

こんなに大きかったっけ?

人の記憶(私の記憶、か)はアテにならないものです。

けっこう泊まれますね。

 

きれいなトイレでした。

無人小屋なのに、ちゃんと管理がされている。

みんなが自分の家のトイレを使うように、きれいに使っていければと思います。

広いテーブルで、パンと干し芋と乾燥梅干しを食べて元気が出てきました。

 

10:40

下山しよう。

 

石仏に癒されます。

お顔がみんな、違うんですよね。

 

ここまでくれば、あともう少し。

無事に下りてこられました。

ありがとうございます。

 

12:30 登山口

ほっとしました。

両神山荘のこの貼り紙、ちょっとかわいくないですか?

野生生物の来客対応?

お客さまなのね。

 

 

しばらく山はやめておこう。

両神山から戻って4日たちますが、本調子でない感じが続いています。

熱中症にかかった翌日 | 熱中症ゼロへ - 日本気象協会推進

 

15年以上前の7月上旬、梅雨の晴れ間に妹と谷川岳へ。

日本三大急登のひとつ、西黒尾根を登っていきました。

2時間ほどたった頃、顔がほてり、今回のように汗の量が尋常じゃなく、気分も悪くなりました。

でも、若さですかねぇ。

勢いで登り切ってしまいましたが、引き返すべきでした。

谷川岳コースガイド|日本三大急登にチャレンジ!西黒尾根~厳剛新道コース | YAMA HACK[ヤマハック]

15年たった今、同じことはできない(やらない!)でしょう。

それを若い頃のイメージと同じままでいれば「昔いけたからいける」と前進してしまう。

そして引き返せなくなる。

そのことを常に忘れずにいたいと思います。