登って潜って、月をみて。

生きていれば、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちにさせてくれる。

2024年6月 1万円さんぽ

東京都庭園美術館 | TOKYO METROPOLITAN TEIEN ART MUSEUM

目黒駅から高い建物の間を歩いて数分、大きな森が出現しました。

庭園美術館です。

竹久夢二の絵は特に興味がないので、庭園のみでいっか。

 

彫刻の森美術館か、ここは?

 

山で新緑を見たばかり。

ですが、どの緑も美しい。

 

緑が濃いなぁ…

車の音はひっきりなしに聞こえるのに。

視界は緑でいっぱいなのに、人工的な音が聞こえるのは不思議な感じです。

13時に敷地内のレストランを予約しているので、それまでのんびり散歩します。

 

茶室がひっそりとありました。

抹茶などがいただけるわけではありません。

 

枝が全部こっち向き〜。

 

なんじゃこりゃ。

茶色の針が垂れ下がってる?

なんだ、落ちた松の葉が引っかかっていたのか。

 

5m先には大きなトラックがゴゥッと走る道路があるのに、振り返れば鳥の声しか聞こえない。

 

竹久夢二は人気ですね〜。

海外の方も多く出入りしていました。

入口だけ、おジャマさせていただきました。

美術館って優しい世界だなぁ、と思います。

 

comodo restaurant(レストラン コモド)-東京都庭園美術館- - 東京都庭園美術館のCafe & Restaurant

ここは、予約できるのはコースのみ。

11時と13時からの一斉入店で始まります。

席が空いていれば入店できてアカラカルトメニューもいただけるようですが、この先2週間までは予約でいっぱいだそうです。

メニューを見ただけでは、なんだか味が想像つかないものもある。

窓の外、新緑が見える席でした。

 

前菜です。

3種のソースとクスクスがマッチしておいしい。

食べたことない味でおいしいものっていいねぇ〜、とツレ。

ほんとだね。

 

枝豆の冷製スープ、うまい〜。

もっとくれ!

 

お腹が空きすぎていて、パンをおかわりしたかったけれど、3つにちぎって食べ終わるサイズで200円かぁ。

次の店で主食を食べよう、とすでにハシゴする気満々です。

 

ツレのブイヤベース、ちっちゃ!

だけど、すっごく旨い。

なんだ、このスープは。

丼で飲み干したいくらいです。

 

私の日南どりもパリッ、プリッととてもおいしい!

でもやっぱり、ちっちゃ!

 

最後のカサレッチェとは、なんだろな。

説明が早口すぎて、ほぼ何言ってるのかわからなかったけど…

「ショートパスタと胡椒」だけは聞き取れました。

モチモチしてる。

すぐなくなっちゃいそうだから、1本ずつ大事にいただきました。

 

デザートは、アールグレイジュレを添えたパンナコッタ。

とろりとしたマンゴーものっていました。

ツレのマンゴーを奪っていて、写真を撮り忘れました。

 

それにしても、腹が膨れん。

ここから麻布十番まで散歩して、なんか食べようよ〜。

 

なんだ、この白い建物は?

ラチナムドンキ?

ドン・キホーテの高級版?

あ!

ここが白金台だから?

人生で2回しかドンキに入ったことないので、これが3回目ですが今までのお店より通路が広く明るい。

今どきのドンキは、こんななのだろうか?

 

野菜菓子?

https://azabuyasaigashi.com/

セロリのかき氷や、トマトのわらび餅…

すっごく興味がある。

でも今は、米が食べたいのだ。

 

最中や焼き菓子をいくつか買いました。

レンコンの最中なんて、味が想像つかないじゃないですか。

ゴボウのフィナンシェだって。

 

30分くらい歩いたかな、麻布十番に着きました。

2時間前に遅い昼ごはんを終えたばかりですが、早めの夕ごはんをいただきまーす。

どこのお店にしようかな。

蕎麦屋さんは昼休憩中。

 

栗もいいねぇ。

ここにしよっか。

比沙家東京| 京都 東京麻布 | 焼き栗 モンブラン カフェ お取り寄せ

 

席がゆったりして、居心地がいいなぁ。

静かだし。

 

テーブルも箸置きも、栗!

炙り寿司、うまい。

やっぱり米がお腹に入ってくると、満足感ありますね〜。

 

栗あんみつも当たり!

わらび餅と迷ったんですけどね~。

栗のアイスと豆のアイス、2種類ともおいしかった。

白玉は豆腐が練りこんであり、寒天はほうじ茶です。

 

今日の歩数は19,363歩でした。

来月はどこへ行こうかな~。