山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

山小屋で働く その3

勤務した山小屋の、ある1日の仕事です。

 

早番と遅番は交互。

早番は3時40分くらいから。

まず、お湯を沸かします。

ご飯を炊いたり、おかずの盛り付け。

熱々を食べてほしいので、直前にご飯と味噌汁を配膳。

5時前にはすべて完了して、みなさん「いただきます」。

 

遅番のときも3時30分には起きて、近くの山頂で雲海から昇るご来光を見てから走って下山。汗びっしょりなので着替えて仕事をしていました。

充実した1日の始まりで、なんとも幸せでした。

 

遅番は、5時50分くらいから合流。

食べ終えた食器を下げてきて洗いますが、このとき水をジャージャー流して洗いません。

4つの流しをくぐらせていきます。

洗剤をつけてこすりながら洗う→すすぐ→きれいな水ですすぐ→熱湯で煮沸

 

食器がありすぎなんですよ…朝も夕も。

小鉢が複数あって、もちろん味噌汁椀も。

おかずはワンプレートでいいんじゃない?

「ご飯茶碗で、食後のお茶を飲んでください。くっついたご飯粒もとれて洗いやすいし、水も無駄になりません」

昔、泊まった山小屋でそう言われたとき、「湯呑ひとつ洗うにも、たくさんの水が必要なんだ」って理解できました。

「そうしなきゃいけない」と思ったし、自分のカップを持ってるからそれを使うのもいいと思い、そうしてきました。

でも、山小屋それぞれの方針があるのでしょう。

 

ともかく…洗う食器は、おそらくみなさんが想像している以上の枚数です。

 

そのあと、みんなで朝食。

NHKの朝ドラが始まる頃です。

起きてからけっこう時間がたっていて、お腹がグゥーグゥー。

 

それから男女分かれて仕事をします。

トイレ掃除当番は、ヘッドランプをつけて、内外いくつもあるトイレを掃除します。

3時間くらい、かかりました。

 

男性は、布団の上のゴミを取り除いてキッチリとたたみ、その日の予約人数に応じて部屋を整えます。

 

女性は、ロビーや厨房・食堂を箒で掃いて雑巾がけ。

箒が短くて、腰にくるんですよね。

雑巾がけも、小学生の頃はスーイスイだったのになぁ…と昔を懐かしみながら、痛む腰をごまかしつつ、広い面積をひたすら拭きます。

歴史を感じるテーブルや床。磨くほど光ります。

それから、ラーメンやカレーライスなど軽食を提供するための準備、自分たちの昼食の準備、夕食の乾物の補充、調味料入れの点検をします。

 

軽食の注文が続くので、手の空いた人から順番に昼食をとります。

 

男性は、登山道の整備・草刈りや機械のメンテナンス、沢から水を汲み上げる装置の点検など外での作業も多く、どんどん日焼けしていきます。

 

 

ヘリの荷揚げの日程が組まれると、それに合わせて下げる荷物の準備もあります。

例えば空っぽになったビール樽など、不要になったものをまとめます。

 

ヘリが行ってしまったあと、屋内には大量の砂が入ってきていました…床や窓の桟が、拭いても拭いても雑巾に砂!砂!砂!

気が遠くなりました。

 

実際のヘリの荷揚げ中は、写真を撮っている時間はないですから…

お休みの日に見かけた荷揚げ風景をパチリ。

 

f:id:yueguang:20190210184355j:plain

雨が降らなかったため、すごい砂ぼこりです

 

 

ヘリでの荷揚げ(荷下ろし)が山小屋の食事やサービスをグンっと向上させたのだと思います。

8tもの荷を数回に分けて揚げてくれます。

たった数十年前まで、山小屋を作る木材も含めて、全てを人力で運び上げていたのに。

その頃の人たちが見たら信じられないでしょうね。

山頂で生ビールですよ?

居酒屋に置いてあるビール樽があるんですよ?

 

どんなものでも、移動には費用がかかります。

売店にあるジュースを「高い」という人もいますが、山で冷えているジュースが飲めるなんて、すごいことじゃないですか?

自分でそのまま持ってきたらぬるくなるし、冷たく飲みたいなら凍らせて背負って登るんです。

レストランや居酒屋で注文するコーラより、山の売店のコーラの方が安いのに、と不思議に思います。

生ビールを飲む人たちは、「高い」って言わないですね~。

汗をかきかき歩いて、きっと最高の一杯なのでしょう。

 

山小屋で働く その2

山小屋勤務の初日。

朝早くに家を出て山の最寄り駅へ向かい、車で登山口へ送ってもらいました。

 

真夏に昼過ぎからの登山なんて…ぐったりです。

暑いって本当にダメージ大きいんですね。

水分を摂っても摂ってもすぐ汗になり、喉の渇きに追いつきません。

トイレなんて行こうとも思えないくらいです。

汗ですべて出ているのでしょう。

 

暑さは大変だったけれど、それでも気分は高揚していました。

ずっとしてみたかったことが、これからできるんだという嬉しさ。

ニヤニヤがとまりません。

 

一緒に登っているメンバーを見ても様々でしたが、山小屋に到着して自己紹介を終えると、日本全国からこのアルプスに働きに来るんだということを改めて感じました。 

 

毎年違う山小屋で働いている人。 

登山自体が初めての人。

カメラが趣味で、空き時間に風景を撮影する人。

海や山のリゾートバイトを選んで働き、お金が貯まると旅に出ている人。

たくさんの生き方があるんだなって思いました。

同じようには生きられないけれど、それぞれの生き方をいいなぁって。

 

前職も、出身地も、年齢もいろいろ。

男女比率は、男性が少し多いくらい。

思っていたよりも年齢層が高いことに驚きました。

比率や年齢層は、山小屋によって絶対に違います。

体力勝負な面はあるので「30歳以下」を募集している山小屋が多いですから。

 

年齢層が気になるのであれば、問い合わせてもいいと思います。

年齢が高くても、その山小屋が必要としている「自分ができること」で貢献できればいいのですから。

不安なことはメモして、全部聞いてしまいましょう!

こんなはずじゃなかった、と後悔してもすぐに下りられませんし。 

 

f:id:yueguang:20190210170045j:plain

皿を洗いながら外に目をやると、こんな風景。たまりません!

 

持っていってよかったもの、持っていけばよかったものを書いてみます。

 

炊事手袋をたくさん

薬局でいちばん厚手の高いのを買ったのに…3日もしないうちに破れた。

そのまま素手で洗い続けたらその直後からひどい手荒れで、スマホ指紋認証ができなくなりました。

手荒れは一度ひどくなってしまうと治る前にまた荒れるの繰り返しになるので、すぐにワセリンでケアをしましたが、予備の炊事手袋がないのでどうしようもありません。

下山して一ヶ月後、ようやく指紋認証が復活しました。

 

★ハンドクリームでは追いつかないので、白色ワセリン(それだけで体と唇、全部の乾燥に使用できます)または保湿クリーム

 

★水で洗い流すことができないので、クレンジング成分が浸してあるシートを日数分

 

★とても乾燥するので、毎晩ウルルンのパックをしていました(おかげで肌のトラブルなし)。重たかったけれど、私には必要でした

 

 

★陰部を清潔に保つために、「清浄綿(薬局で介護用などで売っています)」または「赤ちゃんのお尻拭きシート(赤ちゃん用は、皮膚が弱い大人でも安心して使えるそうです)」を日数分

 

★(山域によっては不可かもしれません)使用可能なら歯磨き粉

 

★普段つかっていない人も、リップクリームや目薬(下山するとき、あげましたもん)

 

★掃除のときも眠るときも…マスク

 

★外での作業も多いのでサングラス

 

★冷える夜中にお湯が飲めるよう、テルモスなどの保温ポット

 

★好きなお茶のスティックやティーバッグと、割れないコップ

 

★好きな音楽、本

 

★いつもの薬

 

★虫刺されだけでなく、かゆみにも効きますし、手を汚さずに塗れるのでこのムヒが好きです

 

 

 ★ハッカのスプレー

 

虫よけにも、気分転換にも、何より体を清潔に保てました。

濡らした手ぬぐいにシュッとして体を拭けばサッパリ。

耳の後ろから足まで。

山小屋で働く その1

今年の夏は山小屋で働いてみようかな…

自分にもできるかな…

 

働きたいと思ったきっかけは何でしょうか。

きっと、何だっていいんです。

大変なことがあったとしても、終えてみれば、楽しかった思い出だけを持って下山していると思います。

 

f:id:yueguang:20190206211635j:plain

お皿を洗いながら、ふと外を見ればこんな景色

 

私は高校を卒業してからずっと、アルバイトや契約・派遣社員で働いてきました。

氷河期世代ですが、それが理由ではありません。

周りの子たちは、ちゃんと将来を考えて大学を選び、会社を選んでいました。

私は考えていなかった。

それだけです。 「自分探し」なんてものではありません。

いろんな仕事をしてみたくて、アルバイトを3つ掛け持ちしたりしていました。

朝の5時から遅い日は23時頃まで働きました。

時給は800~1000円くらい。

そして好きな仕事でお金を貯めては、海に潜ったり青春18切符で日本中を電車で旅したり(まだこの頃は、山を歩く趣味に出会っていませんでした)。

 

今でもあの頃が懐かしい。

知恵がついた大人になってしまった今…

「この会社は残業が多そうだな」とか 「賞与がないから年収が200万円きるかぁ…となると生活がキビシイ。無理だな」とか。

時給に関係なく、やってみたい仕事にどんどん面接に行って働いていたあの頃、なんか良かったなぁ。

あれから20年かぁ。

 

2017年、自分にしては長く勤めた会社に退職届けを出したときに、2018年の夏に山小屋で働くことを決めていました。

久しぶりに、時給800円で働くことになりました。

お金に関係なく、やってみたい仕事。

仕事が始まる日が待ち遠しかった。

本当は長い期間山にいたいから、募集している期間を全部働いてみたかったのですが…

私、料理が不得意でして。

山小屋において女性の仕事は、調理と受付がメインであることは想像できます。

正直に言わずにいたら迷惑だと思い、問い合わせの際に「料理ができません」と申告しましたが「かまわない」とのことでしたので、心おきなく応募しました。

 

通年営業ではない山小屋は、GWから始める小屋と7月上旬から始める小屋に大体わかれます(営業期間が違う小屋もあります)。

すっぽり雪に埋もれている小屋を、内外ともに営業できる状態にまで整えることを「小屋開け」といいます。

小屋の中にビッシリついた霜を落とす作業…想像するだけで気が遠くなります。

建物の中にいても息が真っ白なんだろうな…暖かくしてしまうと霜が溶けて水浸しになりそうですし、寒いままでの作業なのでしょう。

ほかにも雪かきを始め、たくさんの重労働があることでしょう。

頭が下がります。

その反対が「小屋閉め」。

早い小屋では9月半ばから末まで、営業期間が長い小屋でも11月上旬くらいまでの間に、山小屋は長い冬を迎える準備をします。

雪崩が起こる地形に建てられている山小屋は、シーズンごとに全て解体することもあるそうです。

また、冬に登ってくる登山者のために建物の一部を開放しておいてくれる山小屋もあります(入り口は通常の玄関ではなく、雪に埋もれない高さにあることが多いです)。

そのための準備もあるでしょう。

 

最長期間を希望しておいて、もし途中で働けなくなったら迷惑だ…と考え、約1ヶ月間にしました。

山小屋は、海の日の連休(梅雨明けがその頃ですよね)あたりから混み始めます。

仕事に慣れるために、その前から8月のお盆過ぎまで働くことにしました。

「お盆だけ」という短い期間の募集もありますので、社会人でも可能ですよ。

 

どんな人たちが山小屋で働いているんだろう。

それがいちばん知りたかったことでした。

毎年毎年、私みたいな初めてで何も分からない人ばかりでは、山小屋の営業はもちろん成り立ちません。

必ず、核となる人物が数人いるはずです。

通年営業の山小屋以外は、ほとんどが半年以内で営業終了。

山小屋が営業していないとき、その人たちは何をして過ごしているんだろう。

などなど、疑問だらけ。

 

そんな人たちの話を聞いてみたいという思いもありました。

山小屋に向かう前日は、遠足前の小学生です。

ワクワクして眠れず。

電車でも眠れず。

真夏に昼過ぎからの登山はキツかった…(いつもは昼前には目的地に着くよう歩いているので)。

 

さて初日。

「山小屋で働く その2」に続きます。