山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

山形で、和紙の灯り作り

前回は、まんまるな灯りを作りました。

和紙の上に、このように乾燥させた葉っぱなどを貼り、紐を巻き、穴を開けました。
毎晩眠る前に蛍光灯を消し、この灯りをともします。
入眠儀式といいますか、あたたかな光に落ち着きます。
 
今回は、藍染の和紙で、雫の形の灯りを作りました。

風船に、糊をつけた和紙を三重に貼り重ねていきます。
三重にならないと、藍色が薄くなりますし、穴を開けるときにパーンとしないため、やりにくくなるそう。
 

薄いところがないよう、和紙を3センチ四方くらいにちぎりながら、ペタペタ貼り付けていきます。
 
途中で、お茶タイム。
黒文字の花のお茶ですって。

黒文字って、和菓子をいただくときに添えられている楊枝ですよね。
ハーブだったとは!
すごくいい香りがするし、透き通った爽やかな緑色。
涼しげ〜。
ほのかに甘さを感じました。
 
さて、続き続き。
薄いところを見逃さないよう貼り重ねていきます。

最後、針金で縁取るところだけは、貼り重ねると折り込みにくくなるので、1枚のみ。
 
今日の作業はここまで。
持ち上げると、ずいぶんと重たくなっていました。

一晩乾かして、翌日に仕上げをします。
日帰りで作る場合は貼り付けるところまでしかできませんので、仕上げ方を教えてもらい、帰ってから作ることになります。
私たちは連泊&雨で出かけないので時間はたっぷり。
 
翌日の朝ごはんのあと、少し時間があったので、どんな模様にしようか…と思案。
私は曼荼羅(まんだら)がいいなぁ、と初心者にも描けそうなデザインを検索しました。
ツレはオリジナル。
ノートに下絵を描いていました。
サッと描けるのがすごい。
 

乾いた風船がセットされています。
固くパンパン。
 
風船を指で押して、風船から和紙をペリペリ剥がします。

 
風船の結び目をチョンと切り、しぼんだ風船を引き抜きます。
 
巻き込む分を、ハサミで切り込みます。

 
ボンドをつけ、針金を巻き込んでいきます。

 
穴を開けずに、まず灯す。
どんなだろう…
ドキドキする。

おぉ、まだらなのがいい感じ〜。

青みが足りないと思うところがあれば、このときに和紙を貼り足します。 
 
まだ途中だそうですが、お手本として見せてくださいました。
台座にまできれいな光がもれています。
つらなる山々だ〜。
本体だけでなく、背景まできれい。

 
画鋲で、ぷつぷつと穴を開けていきました。

けっこう力がいります。
台座に光が漏れるように、下の方の穴は一度開けたあと、くいっと上向きにします。

 
一度画鋲で開けてから目打ちで穴を大きくして強弱をつけたり。

途中、確かめながら。
 
ツレは慎重。
私は歪んでもいいや、と一気にプスプス。

カッターもつかいます。
花火にしようと削っていくうちに、穴が大きくなってしまい、電球が丸見え。
壁にうつるときれいだけど…

この図柄が正面だと光が直接目に入って眩しすぎる…と、しょんぼりしていたら、ツレが裏から和紙を1枚貼ってくれました。

ありがとう!
う〜ん、すごくいい。
光がやわらかくなりました。
 
あっという間に、お昼ごはん。
少し休憩して、ぷつぷつ再開。
「アーチョチョチョチョ」と一心不乱にぷつぷつ。
曼荼羅は途中でなんだか分からなくなってしまったけれど、大きな花に見えるか…?
ま、いっか。
天の川は、藍色に映えると思って。
沖縄の波照間島や、山から見た星空を毎日思い出せるように。
ツレのアドバイスで、花火も。

ツレは花がメインです。

夜、真っ暗な部屋で灯したら…

なかなかの出来です!
嬉しい。
 
ツレのも。

楽しかった。
帰ったら日替わりで灯そう。
 

山形へ その3

お腹パンパンで寝て、朝ごはん。
それなのに白飯を3杯食べられてしまう不思議。

 

今回、宿がすいていました。

なんでだろー、と思ったら月山の雪解けが早かったからだそうです。

4〜6月がシーズンのはずですが…
雪が少なくなり終了。
夏山リフトに架け替えるために、リフトがとまっています。
そういう理由で、お客さんが宿泊日をずらしたりしたために、すいているとのこと。
登山でもなく、スキーでもなく、この宿に来ることが目的の私たちにとってはラッキーでした。
お風呂もずっと貸切でしたし。
 
朝ごはんのあと、灯りの仕上げをしました。
どんな模様をつけようか…
曼荼羅(まんだら)がいいな!
初心者でもいけそうなものを検索。
ツレもノートにデザインを描いています。
今日も泊まるから、時間はたっぷり。
画鋲で穴を開けて、仕上げました。
 

 

雨が弱まれば、山形県立自然博物園を散歩してハンモックでお昼寝しようと思っていましたが、ずっと降ってる。
昨日からの雨で、足元ぐちゃぐちゃだろう…
お籠り決定!
灯りを仕上げよう。
東京駅で手に入れたおやつ達とともに、穴をぷつぷつ開け続けます。
 

 
お昼ごはんは、またまた山菜そばをお願いしました。
お土産に買った、玉こんにゃくといただきます。

 
15:00まで灯り作りに夢中になっていました。
ステキなのができました。
暗くなったら部屋で灯してみようと思います。
 
温泉に浸かり、昼寝。
そして夜ごはん。

月山筍の刺身、岩魚の唐揚げ、などなど…
春巻、おいしー。
 
なんかずっと食べてるな…
 
そして、お待ちかね。
部屋へ戻って、カーテンをしめて真っ暗にし灯りをともします。

幻想的だ…
作って良かった。
本当に楽しかった!
 
最終日の朝ごはん。
炊き込みご飯に味噌汁…筍いっぱい!
シャクシャクとした歯ざわり、おいしい〜。

 

月山志津温泉に向かうときに寄った、道の駅「寒河江」で、ツレが気にいった海苔のせんべいを買います。

海苔で巻いているのだけではなく、黒糖がついているのもおいしかった。
 
山形のおいしいものを紹介する番組を滞在中にみて、少し遠回りをすれば寄れそうだったのでそこにも。

さくらんぼ東根(駅名に、さくらんぼとは!)駅近くの「松野屋」へ向かいます。
梅のお菓子「ひがしね美人」が、ほんとにほんとにおいしくて…
 
初日に泊まったホテルメトロポリタン山形で、東北それぞれの県産米と名産品をつかって作ったお菓子があったので、それを買って山形に別れをつげました。
これもとてもおいしくて、また買うと思います。

 
あ〜、終わっちゃった。
また来よう。

山形へ その2

遠いけれど年に一度は行きたい、山形の月山志津(がっさんしづ)温泉の仙台屋。

館内は、和紙の灯りでいっぱい。

山菜の季節、きのこの季節…
おいしいものの宝庫だなぁ…
どちらにするか迷いますが、前回はきのこだったので、今回は山菜。
両親をつれて、夏にも来てみようかな。
だって、1年中おいしそうです!

新幹線で山形駅に到着したあとのアクセスですが、車がないと一日がかりです。
高速バスと路線バスを乗り継がなくではならない(接続もビミョー)ため、けっこう面倒。
以前来たときにツレは、待ち時間が長いので、バス停を置いてある箒でせっせときれいにしていました。

今回はレンタカーです。
まだ梅雨入り前ですが、雨の予報。
行きたかった羽黒山湯殿山神社はやめとこう…
お籠りになりそうです。
それでも楽しみと思えるほどの料理と、温泉につかってのんびり過ごせる時間がこの宿にはあって、本当にお気に入り。
部屋もステキなんですよ〜。
私の中では、ナンバー1です。
 
途中、ふたつの道の駅に寄りました。
まずは「寒河江」。

広い〜。
そしておいしそうなものがズラー。
昨日おいしかった玉こんにゃくを購入。
唐辛子のもおいしそう。

 

ぺちょら漬け?
はて?

 
知らないもの、たくさんあるなぁ。
覚えようとするわけではないので、すぐ忘れるものもののほうが多いのですが、知らないもの、コト、景色に出会えるのは楽しいです。
 
お次の道の駅は、宿の近くの「西川」。
気温10℃、どおりで涼しいわけだ。
快適。
 
地ビールのソフトクリームなんてものがありました。
飲めないのでチャレンジはしませんでした。
黄色いからカボチャかと思って駆け寄ったのですが。

 

きっと今夜、食べられる〜。

だだちゃ豆の餅などを購入しました。
 
山形ならではのパスタ。
将棋の駒です。
誰か、将棋好きな人、いたっけなぁ…
こういうの見ると、プレゼントしたくなる。

 
途中のダムで大放水をしていました。
見たくてUターンしたけど、すでに終わってた…
運転してたからチラッと見えただけでしたが、放水というにふさわしい、ぶっ放しっぷりでした。
月山の雪解け水だそうです。
 

前回に続き、灯り作りを予約しています。
12:00前に到着。
いつも滞在中に一度はいただく、ツレお気に入りの山菜そばをお昼ごはんに頼んであります。

 
凍み餅(しみもち)がおやつ。
ほかのところでも食べたことあるけれど、これもここのがいちばん!

 
灯り作りを終え(仕上げは翌日)て、温泉につかります。
宿泊者が少なければ、男女別ではなく、貸切にしてくれるんです。

指先が少しピリピリする(銭湯の電気風呂ほどではありません)ようなお湯で、初めてのときは驚きました。
少し熱めの湯ですぐ温まります。
それなのに、汗をかかない不思議な湯。

 
部屋の大きな窓から、まだ雪の残る月山や池を眺め、山で聴いている音楽をスピーカーで流しながら過ごすだけ。

 
昔、「いいホテルに泊まるためだけに旅行している」と言っていた職場の女性がいました。
美味しいものを食べるでなく、観光するでもなく、泊まるためだけ?
当時の私からしたら、えぇっ! と思うような金額で、食事もつかずに泊まるだけ。
旅行の目的って人それぞれなんだなぁ。
まぁ、私は食事がいっちばん楽しみなんですけど。
ただ過ごす時間を楽しむ、そういう時間をいちばん大切に思う人がいるということが分かるくらいには成長しました。
みんな違って当たり前ですもん。
 

 
さぁ!
ごはん!
ごはん!
ごーはーん!

この量を、お父さんとお母さんおふたりで作ってるなんて…
すごいや。
ほんっと、おいしい!

岩魚のお造りや、鮎の塩焼き。
月山筍の焼き物や、山菜の天ぷら。
これですよ、これ!
コシアブラ、行者ニンニク、ふきのとうなど。
やっぱりおいしい〜。

 
灯り作りは、後日のブログで。
続きます。

館内にともる灯り。
本当にきれい。
 

山形へ その1

昼過ぎに仕事を終えてから、ツレと山形へ。

もっと山形が近ければいいのに〜、と毎回同じやりとりをして出かけます。
それくらい、山形を気に入っています。
なんてったって、食べものがおいしいから!
 
今回は、東京駅の中をまず歩いてみたい。
新幹線を利用するときはだいたい朝イチで出かけるので、駅弁屋さんすらやってなくて…
帰りは、ラッシュ前に新宿まで戻りたいから気が急いていて、どこへも寄らずに中央線へ一直線。
なので、今回は1時間くらいウロウロしてみようと思いました。
さすが日曜日、という混みっぷりでしたが、まずお昼ごはん。
行ってみたい店を調べておいても、迷ってたどり着けない予感がしていたので、その場で決めました。
山形では、たぶんパスタは食べないだろうな〜、ということで私はマッシュルームのクリームパスタ。
ツレは、これから行く山形の山菜をつかったペペロンチーノ。

 
スィーツも見てみたい、と歩いていると…
ねぷただ!

先月の感動が思い出されました。
 
もうちょっと何か食べたいなぁ〜、と歩いていると、ラスクで有名なハラダがカフェになっていました。
へぇ、ラスクのバラ売りもしてるんだ。
いろいろ試せていいなぁ。
左のコーヒーゼリーソフトクリームがおいしかったです。
下にはサブレも入っていました。
 
さぁ、出発〜。
東京駅から新幹線で3時間。

今夜は、山形駅に直結している、ホテルメトロポリタン山形に泊まります。

コンパクトで、すてきな部屋。

 
夜ごはんは、山形駅前にあるここ。

毎回ここにしようよ、ってなるんですよね〜。

玉こんにゃく、肉豆腐、もつ串、牛丼とお蕎麦のセットなどを注文。

なんか好きなんですよね、ここの味。
お店の人も感じいいし。
 
コテンと眠り、朝ごはん。
コンビニおにぎりの予定でしたが、チェックインの際にフロントでメニューを目にしてしまったのです。
6:30〜、ゆったりとした空間でいただけます。

ソファ席に案内されました。
和洋、どちらも頼みました。
朝のおかゆって、贅沢な感じがします。

なんだか特別な時間でした。
では、月山志津温泉へまいりましょう。
 
続きます。
 

伊豆 天城山へ その2

伊東駅からバスで1時間。

天城縦走登山口△1040に到着です。
横にある駐車場にトイレがあります。
 
11:20
どうしても、同じバスから降りた人とスタートが一緒になるので、少しのんびりしてから歩きはじめよう。
まず目指すは万二郎(ばんじろう)岳、2キロちょい。
 
あぁ〜、土の匂い。
 
11:35
四辻
 
息が上がるような急坂もないですし、分岐もわかりやすい。
歩きやすい道です。

偶然ですが、縦走路の目印がウクライナ国旗に見えます。
住んでいた家を、大切な人と暮らしてきた大切な思い出がある場所を、メチャメチャにされて。
元の場所に戻れたって、元の暮らしに戻るまでどれだけの時間がかかるか。
なんでこんなことに。
 

 
12:20
万二郎岳△1299
海は見えますが、富士山は見えません。
やわらかな風が吹いてきました。
少し涼みます。
ここから万三郎(ばんざぶろう)岳までは2キロ。
先に行こう。
 
12:35
馬の背

木々の横に、少しだけ富士山が見えました。
まさか…このまま見えないんじゃ(はい、結局見えませんでした)。
 
この前の三ツ峠山もそうですが、この季節は小さい虫がぅわんぅわん顔の周りを飛び回ります。
ハッカ油を体にスプレーする(首もスースーして一石二鳥。)と、体にくっつかなくはなるのですが、それでも周りを飛ぶことに変わりない。
吸い込んじゃうからイヤなんです~。
緑の匂いが濃くなってきました。
明日が雨だからでしょうか。
 
まさかの渋滞で10分待ち。
年配の団体さんです。
ツアーで歩くのって、きつくないのかな。
疲れたら、そう言い出せるのでしょうか?
少しだけ立ち休憩すれば、また歩き出せるところを、ずっと誰かのペースでがんばらなければいけない。
 
昨年、中央アルプス空木岳に登りました。
前を行くツアーが半分に分かれていました。
疲れてとぼとぼ歩く数人を率いている人がいました。
追い抜いたときは分からなかったけれど、その先で知りました。
30分かけてたどり着いた岩場では、まだまだ元気な人たちが、なかなか来ない数人を休憩しながら笑っていました。
他人同士だからそうなってしまうのでしょう。
ツアーには体力や経験など参加基準がありますが、自己申告でしょう。
ガイドさんは2人以上いなきゃいけないですね。
 
自分のペースで山を楽しみたいので、これからもひとりで行くと思います。
だからこそ、体力作りと準備は万全にしなきゃと改めて肝に銘じました。
今月からまたジムで傾斜つけて歩くのを再開します。
 
13:30
伊豆の最高峰です。
驚くほど、見晴らしナシ!
あ〜、万二郎岳を少し過ぎたところの岩でお昼ごはんにすればよかったなぁ…
朝、白飯3杯食べたからまだガマンできる。
ベンチには先客がいるし、進もう。
 
下り、あきるわー。
 
同じ静岡なら、沼津アルプスのほうが景色を楽しみながら歩けるからいいなぁ。
私はやっぱり、いい景色(おいしいお弁当があれば、なおよし)を見てのんびりしたいなぁ。
今頃気づくなよ。
何年登ってんだ(15年以上)。
何を求めるかは、人それぞれ。
これからは、見晴らしの良さで登る山を決めようと思います。
でも、来て良かったとやっぱり思います。
新緑のシャワー、気持ちよかった。
なんて考えながら歩いていたせいか…
涸沢分岐点手前で、なぜか道を外れていました。
すぐ気づいて戻れて良かった。
こういうとき、ハッと振り返ると景色がよそよそしいんです。
それで不安になり気づくことができる。
 
いい岩みーっけ。
展望はないけれど、木陰で風も通るし。
ここでお昼ごはん。
もう14:15だし、お腹すいた〜。
おいなりさんもあります。
 
14:40
新緑のキラキラした葉を眺めながら、ごちそうさま。
お腹も気持ちも満たされました。
出発!
 
すぐに涸沢分岐点でした。
 
15:45
4時間前に通過した四辻まで戻ってきました。
 
歩いている間は飲んだ水はすべて汗になりトイレに行きたい、とも思わなかったのに登山口が近づいてきたら行きたくなってきた…
四辻から速歩き、10分で登山口到着!
ねぎらわれた。
 
トイレをすませ、着替えてサッパリ。
早くレモンの炭酸が飲みたい!
シュワシュワしたい!
 
 
17:40の最終バスかと思っていたら、ひとつ前の16:10のに乗れた。
ラッキー!
伊東駅まであと2キロと見えたのですが、ファミリーマート横にとまるバス停があり、たまらなくなって下車。
キレートレモンをちびちび飲み、ジャスミン茶をイッキ飲みして、喉の乾きがやっとおさまりました。
伊東駅まで歩きます。
平らな道って、ラクだなぁ。
 
さて、帰るか。
こんな色のポスト、見たことない。
 
新百合ヶ丘駅でお腹がすいてきたので、途中下車。
ミロードのレストランフロアをうろうろ。
白いラーメンかぁ。

鶏扱説明書、だって。
燻製のぼんじりやうずらも、おいしかった。
今度、小田急線で帰るときはまた寄ろうかな。
ご飯ものや餃子も食べてみたいし。