山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

丹沢 仏果山~高取山~宮ヶ瀬ダムへ その2

なに、このベンチ!

どこよりも景色、サイコウじゃん!

しかも、向きがいいのか無風。

分かってたら、ここでランチしたかった〜。

本来なら、ダムからここに登ってきているんです。

ここをゴールにしちゃってたんじゃないかな…

もういっか〜って。

f:id:yueguang:20220112211643j:plain

トイレ(まで1時間かからない)を我慢できるギリギリのラインまで、ここで音楽を聴きながらのんびりすることに決めました。

 

それにしても、水と思えない。

動きがないんですもん。

 

f:id:yueguang:20220112211834j:plain

私のザックと同じ色。

 

私はこの色が好きなのです。

白、黄、オレンジ、黄緑、青、紺も好き。

 

よし、もうトイレに行かねばならない。

下山しよう。

この先、斜めになっている階段がありヒヤッとしました。

思わず、ロープを握ってしまいました。

f:id:yueguang:20220112212846j:plain

急な階段が続きます。

これは上るほうが楽だなぁ。

 

ダムに近づくにつれて、水がチャプチャプする音が聞こえてきました。

水と思えなかったけど、水でした。

当たり前ですが。

12:15

ダムへ着きました〜。

f:id:yueguang:20220112213630j:plain

高取山の山頂から、1時間で下山です。

そこから5分の「水エネ館」にトイレがありました。

f:id:yueguang:20220112213703j:plain

私は家を出た6:30からトイレにいけてなかったので…待望のトイレです。

本来歩こうとしていたルートなら、半原バス停にあります。

 

ここでは、ダムの仕組みなどを学ぶことができます。

初めて雨量計というものを見ました。

カコンカコンという音とともに、カウンターの数字がどんどん増えていきます。

約3秒に1回、カコン。

f:id:yueguang:20220112213446j:plain

f:id:yueguang:20220112213542j:plain

f:id:yueguang:20220112213606j:plain

こんなんじゃシャンプーいつまでたっても流せないよ〜、くらいの弱いシャワーです。

その水を漏斗で集めてカコン。

 

館内や外で過ごすうちに、1時間以上たっていた…

f:id:yueguang:20220112214424j:plain

f:id:yueguang:20220112214221j:plain

f:id:yueguang:20220112214321j:plain

真上から眺めていると、インクラインが動き出しました。

真下の白い建物から右にのびているの分かりますか?

すごい角度ですよね。

そこをインクラインが移動するんです。

f:id:yueguang:20220112214354j:plain

 

f:id:yueguang:20220112214717j:plain

私もインクラインで下ります。

 

貸し切りでした〜。

 

f:id:yueguang:20220112214815j:plain

f:id:yueguang:20220112214840j:plain

 

私はジェットコースターに乗れませんが、先頭に乗るとこんな感じなのでしょうか。

ひとりだったため、到着まで座席の間をウロウロしてしまいました。

f:id:yueguang:20220112214908j:plain

 

下からより上からのほうが、高さが分かりますね。

 

f:id:yueguang:20220112215119j:plain

f:id:yueguang:20220112215207j:plain

この先にも小さなダムがあり行ってみましたが、わざわざ行くほどではないかも…

 

宮ヶ瀬ダムを見てしまうと、より小さく感じてしまいます。

 

あいかわ公園が隣にあります。

この公園はすごく人気らしいです。

f:id:yueguang:20220112221645j:plain

山のようなトランポリン(ふわふわドーム)など、小さな子から小学生くらいでも楽しめる遊具がありました。

 

f:id:yueguang:20220112221808j:plain

そこを通り抜け、愛川大橋バス停へ到着。

再び凍えながらバスを待ち、本厚木駅に戻りました。

 

夜ごはんは、こちら方面に登りに来たら寄ることの多いフィーコディンディアにしようと思っていましたが、身体が冷え切ってしまったのとお腹がすいていたため、開店時間まで待てず、ホテル近くの居酒屋さんにしました。

ワカサギの天ぷら、おいしかった〜。

f:id:yueguang:20220112215916j:plain

 

 

丹沢 仏果山(ぶっかさん)〜高取山〜宮ヶ瀬ダムへ その1

数年前に免許をとったあと、初めての遠出。

実験台としてまず、家族を乗せますよね。

父にどこへ行きたいか聞くと、「奥多摩のダム」でした。

あのくねくね道、怖くてもう絶対無理。

今は原付ばかりで、ゴールドの身分証となっています。

 

父に似て、私もダムが好きです。

海とは違う。

でも、たくさんの水をたたえてる。

色もさまざまですよね。

f:id:yueguang:20220112203931j:plain

先週、雪も降ったしあまり高い山はなぁ…

近場でおもしろそうなとこはないかな。

本棚から取り出したのは、丹沢と箱根の地図です。

あ、宮ヶ瀬ダム

よし、1日目はここにしよう。

つなげて歩く山々も、いちばん高くて標高700m台なので雪があったとしても、深くないでしょう。

 

インクラインという乗り物があるらしい。

乗り物案内|ぐるり宮ヶ瀬湖

時刻表も出ています。

冬は10:30が始発のようです。

それに間に合えばいいから、朝も遅くていいんだ。

山に登っているときはいいんですけど、真冬は登山口までの移動が…

特に朝早いと凍えます。

 

ちゃんとバスの時刻も調べたんですよ。

それなのに。

本厚木駅のローソンで、お茶を買って自動ドアを出たら、目の前にバス。

宮ヶ瀬行き?

これじゃだめなのかな。

いつ出発するか分からないので地図を確認せず、運転手さんに

「このバスはダムへ行くのでしょうか」

宮ヶ瀬ダム、とは書いてなかったから。

「ダムに行くけれど…」

隔てるビニールシートでよく聞こえなかった。

行くのは間違いないみたいだから、これに乗っちゃえ〜。

 

乗ってしばらくして、信号待ちで地図を広げてみました。

やっちまった~。

そうだよ、ダムは大きいんだよ。

私が行こうとしていた、インクラインに乗るのに近いバス停(といっても下車して徒歩50分)の「半原」は、ダムの形をXに見立てると右上の突端。

私が乗ったバスの行き先「宮ヶ瀬」は、Xの交差している部分の左側…

インクラインに乗りたい」

って、運転手さんに言わなきゃいけなかった!

 

ま、いっか〜。

f:id:yueguang:20220112203858j:plain

ルートが逆回りになって、歩く山が2つ減る。

ただ、それだけのことです。

時間がプラスになるのは、日没時間などもあるからまずいときもあるけれど、減るなら問題ありません。


「仏果山登山口」バス停で下車します。

運転手さんに

「山を歩いてからダムに寄ることにします」

と言って、降りようとしたら

「気をつけてね。登山口は後ろだからね」

って。

嬉しかった。

誰かに心配してもらったり、無事を祈ってもらえてるって、すごく幸せなことだと思います。

f:id:yueguang:20220112204107j:plain     

ずいぶん陽が高いなぁ〜と思った瞬間、笑いそうになりました。

そうだよ、インクラインの始発に合わせたから、こんなに遅いんだもん。

普段なら、もっと早くに登山口へ着いてますからねぇ。

始発に合わせた甲斐なし!

 

9:35

仏果山登山口を出発しました。

登山口にトイレがないのがつらい…

本厚木駅で済ませてくださいね。

f:id:yueguang:20220112204608j:plain

緩やかな登り。

太陽が気持ちいいのですが、登るにつれて北西の風が吹き荒れました。

暑いのに、風の通り道になった途端、凍える寒さで脱げない。

汗をかかぬよう、ペースをおさえて歩きます。

帽子…欲しい…耳が痛いよぅ。

すぐに感覚がなくなりました。

f:id:yueguang:20220112222244j:plain

昨日の雨で、ぬかるんだり、凍ったりもしているかと思ったのに全くそんなことなく、落ち葉がカサカサと音をたてる冬らしい道です。

たまに霜柱がある程度。

木々の間から見える相模湾もキラッキラです。

 

f:id:yueguang:20220112204843j:plain

道が分かりにくいところは、このように看板があり、ロープが張ってあります。

地図を持たなくても、迷いようがないでしょう。

これで迷うなら、あえて遭難しにいったとしか思えません。

ここから登る仏果山や高取山は、安心して歩ける山だと思います。

 

10:30

宮ヶ瀬越△633

ここまで2キロでした。

f:id:yueguang:20220112205048j:plain

風がゴォゴォうなってる。

空は澄んでいて嬉しいけれど、耳が…耳が…

f:id:yueguang:20220112205415j:plain

 

ベンチ、陽当りはいいけれど寒すぎて座れない。

f:id:yueguang:20220112205802j:plain

 

10:55

仏果山△747

f:id:yueguang:20220112205929j:plain

 

すんごい展望台つくったな!

このてっぺんまでいけば、360°いい景色ですよ〜。

f:id:yueguang:20220112205341j:plain 

f:id:yueguang:20220112210041j:plain

スカイツリーが見えました。

富士山は見えません。

このあと行く高取山にも同じ展望台があります。

そっちのほうがダムが大きく見えます。

 

来た道を戻り、宮ヶ瀬越を過ぎて高取山へ。

そうなんですよ、丹沢はヒルの山なんです。

近くに、蛭ヶ岳(ひるがたけ) という山もあります。

f:id:yueguang:20220112210219j:plain

 

あと50メートルでも示してくれる律儀さ。

こんな数字、山の中で初めて見ました…

f:id:yueguang:20220112210458j:plain

 11:30

高取山に到着〜。

f:id:yueguang:20220112210725j:plain

上る価値大アリの展望台へ。

ここでランチにしたいけれど狭いし、風が…

f:id:yueguang:20220112210653j:plain

下りてベンチに座り、家で作ってきた鶏ハムと、朝買ったパンで冷たいランチです。

道中、トイレがないことが分かっていたので、調理するものは持ってきませんでした。

仏果山か高取山、どっちかにトイレがあれば、ゆっくりできるのになぁ。

でも、トイレは維持費が大変ですから仕方ありません。

 

f:id:yueguang:20220112210950j:plain

寒いとき、おにぎりはダメです。

 

まだ今日の気温ならいけますが、寒いと本当に凍ります。

シャリシャリいわせながら、米を食べるのはさみしいです。

登山を始めたばかりのとき、正月の奥多摩でそんなことがありました。

パンなら凍らないし、サンドイッチはそもそも冷蔵ですからね。

f:id:yueguang:20220112211502j:plain

それにしても、高取山が近くに3つもあるんです。

ここから3時間歩いたとこと、この前行った弘法山の近く。

なぜ、同じ名前を近くで。

 

 

f:id:yueguang:20220112211426j:plain

鉄塔だ〜。

かっこいい。

このあと、今日いちばんの絶景でした。

 

続きます。

 

 

奈良へ その5

あの向こうは…古墳じゃないかな!

f:id:yueguang:20220112190728j:plain

f:id:yueguang:20220112190759j:plain

 

崇神天皇陵(すじんてんのうりょう)は、天皇陵としては最も古いものです。http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/03history/06kofun/03east_area/sujintennoryo/

f:id:yueguang:20220112190830j:plain

f:id:yueguang:20220112190902j:plain

古墳に沿って道がついています。

宿場町やお寺などがあるところを歩くと、昔の風景を想像しちゃう。

四国、箱根、京都、ここ奈良…

まぁ、想像の出どころはドラマや絵なのですが、見えている電柱や家を脳内で消去し、籠にのったお偉いさんや飛脚、商人などを配置して楽しみながら歩きました。

f:id:yueguang:20220112190955j:plain

f:id:yueguang:20220112191016j:plain


そして気づくと、山の辺の道から外れてしまっていました。

ここ、どこ?

伊射奈岐神社で、地図を…

f:id:yueguang:20220112191059j:plain

迷ったときのお約束。

分かるところまで戻る。

人がいないから聞けないし。

f:id:yueguang:20220112191128j:plain 

あ、山の辺の道に戻れそう。

古墳を見ながら、つい行き過ぎちゃったんだなぁ。

でも、だから見られたものもあるし。

f:id:yueguang:20220112191200j:plain 

街の中に、いくつもこんもりとした森が見えます。

古墳と山が身近なんですね。

f:id:yueguang:20220112191224j:plain

雪もやみました。

積もらなくてよかった。

スニーカーじゃ歩けませんもんね。

f:id:yueguang:20220112191255j:plain

雪はやみ、青空が広がってきました。

遠くの山々の頂からは雲海が見えているんだろうな。


f:id:yueguang:20220112191340j:plain

お次は、景行天皇陵(けいこうてんのうりょう)は、日本武尊命(やまとたけるのみこと)のお父さんのお墓です。

http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/03history/06kofun/03east_area/keikotennonryo/

f:id:yueguang:20220112191414j:plain 

来た道を戻ろうとしたら、次の目的地「桧原神社」の文字。

つい、そっち行っちゃった。

…失敗した。

また、山の辺の道から外れてしまいました。

んもう!


f:id:yueguang:20220112191446j:plain

お腹すいたなぁ。

昨日、駅ビルで買った奈良漬けサブレを食べちゃおう。

おいしい〜。

奈良漬け感はないけれど、帰りの新幹線でのおやつに残しておこうと思ったのに、いつの間にかなくなってた!

 

f:id:yueguang:20220112191652j:plain 

Googleマップを頼りに桧原神社へ。

あ〜、よかった。

桧原神社です。

ここが今日のメインです。

f:id:yueguang:20220112191746j:plain

三輪山をご神体にしている大神神社の摂社のひとつ。

本殿がなく、大きな鳥居の左右に小さな鳥居を結合した「三ツ鳥居」は大神神社独特のもので、御殿の扉に相当します。

f:id:yueguang:20220112191809j:plain 

ここで山の辺の道とはお別れ。

まぁ、途中もけっこうお別れしてましたけどね。 

いつの間にかね。


最後の古墳へ向かいます。

箸墓古墳です。

f:id:yueguang:20220112192804j:plain

邪馬台国の女王卑弥呼の墓という説もあるが、現在は倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめ)の墓として宮内庁が管理している、日本最初の巨大古墳です。

f:id:yueguang:20220112192842j:plain

前方後円墳で、全長は280メートル、後円部の直径157メートル・高さ23メートルだそうだけど、お堀も見えないし、大きさがよくわからない。

あきらめきれず、ぐるりとまわって、ようやくお堀だったであろう場所を見つけました。

水が少ないですね。

f:id:yueguang:20220112192905j:plain


さて、まだまだお腹がすいています。

三輪といったら、三輪そうめん

https://www.ikeri.co.jp/senjyutei/

f:id:yueguang:20220112192951j:plain

私が行った6日まで正月メニューで、

天ぷらにゅうめんにしました。

山椒をかけるんだ〜。

普段は揖保乃糸を食べているのですが、これはずっと細い。

f:id:yueguang:20220112193010j:plain

 

大神神社にも寄りたかったけれど電車ギリギリなんだよな…

そうめんを我慢すればよかったのか、いや無理。

そうか!

走ればいいんだ。

f:id:yueguang:20220112193105j:plain

横っ腹いてぇ。 

でっかい鳥居だなぁ。

f:id:yueguang:20220112193133j:plain

ここは三輪明神ともいって背後の三輪山をご神体とする日本最古の神社です。

f:id:yueguang:20220112193155j:plain 

あー、終わっちゃった。

三輪駅から電車に乗り、奈良〜京都〜東京へ。

 

空を薄桃色に染めたあと、太陽はゆっくりと山の向こうへ沈んでゆきました。

自宅までおよそ600キロを5時間で帰るんだ。
楽しかったなぁ〜。
 
次は、薬師寺唐招提寺(とうしょうだいじ! 学校で習った単語を久しぶりに思い出しました)も行ってみたい。
あまり詰め込みすぎるのもねぇ…と、奈良駅から近いけれど今回はやめたのです。
f:id:yueguang:20220112193234j:plain
中宮寺のホームページより。

微笑みをたたえる中宮寺の菩薩半跏像、室生寺の釈迦如来立像、金峯山寺(きんぷせんじ)の青黒色の肌と憤怒の表情が特徴的な金剛蔵王権現立像にも会ってみたいな。
 
ツレとも奈良に行こう、と言っているので、そのときに!
 

奈良へ その4

4:00に起きて温泉に入り(天然温泉 飛鳥の湯 スーパーホテルLohasJR奈良駅、また泊まりたいです)駅の反対側にある「ホテル日航奈良」へ朝ごはんを食べに行きます。

f:id:yueguang:20220112184407j:plain

奇数日と偶数日でメニューが変わるそうですよ。

https://www.nikkonara.jp/stay/breakfast/

ここのメニューは、奈良独特のものが多いので、最後の日はここにしようと決めていました。

だって、奈良らしいものをまだ食べてない…

昨日は6:00出発だったので行けなかったのですが、2泊するなら奇数・偶数日どちらも食べられますね。

f:id:yueguang:20220112184428j:plain

そこで、昨日の夜ごはんは、少なめ(?)にしています。

興福寺近くで買った団子(でも4本も食べている)と唐揚げと惣菜パンという謎の組み合わせのメニューで済ませて、早く寝たのです。

 

7:00オープン。

2400円ですが、茶粥や粕汁など少しずつ奈良を堪能できると思えばいいのではないでしょうか。

どこでも食べられるメニューには、目もくれずにいきます!

f:id:yueguang:20220112184316j:plain

興福寺粕汁と精進汁、食べ比べ。

やっぱり粕汁、大好き!

おかわりしました。

柿の葉すしは鯖。

いくらでもいけそう。

茶粥って、こんな味なのか〜。

奈良漬け、何年ぶりだろう。

奈良が発祥なのではなく、奈良時代発祥だから奈良漬けなのかぁ。

パリポリ、おいしいですね。

 

 f:id:yueguang:20220112184539j:plain

JR万葉まほろば線(なんか、すてき)で天理駅へ。

奈良〜桜井にかけての「山の辺の道」は、古事記などにも登場する日本最古の道。

箸墓古墳にも寄りたいので、すべてを歩ききる時間は残念ながらなさそうです。

天理〜三輪まで、およそ14キロを歩きます。

 

まず、天理駅から20分の「天理教教会本部」へ。

天理教は江戸時代からの宗教です。

ここはその本拠地、しかし信者でなくとも365日24時間開放されているようです。

https://www.tenrikyo.or.jp/jpn/access/

人間創造の地とされる「ぢば」を中心に、神殿と礼拝場が建っています。

奈良へ行く、と知人に話したらここを勧められました。

その方も信者ではありませんが、「この世だと思えない景色だったから一度見てみたら?」と。

 

天理駅を下りると、おぉ〜、甲子園でみる紫のジャンパー。

天理中学・高校の生徒さんたちですね。

ついていけば、行ける! といっても彼らは自転車ですのであっという間に彼方へ。

 

雪が降ってきました。 f:id:yueguang:20220112184708j:plain

両脇に會の名前が入った提灯がずらり。その間を、天理教教会本部へと進みます。

登校前に生徒たちも参拝していました。

整然と、そして厳かな佇まいの中に、今風の生徒たちの笑い声がはじけます。

不思議な感じでした。

過去と現在が交錯しているかのような。

たまたま登校時間と合ったため、このような印象になりました。

f:id:yueguang:20220112184750j:plain

f:id:yueguang:20220112184815j:plain

天理大学や天理参考館という建物も、なんて言葉にしたらいいのか。

今まで見たことのない建物です。

f:id:yueguang:20220112184844j:plain

f:id:yueguang:20220112184909j:plain

 

あ、野球部が練習してる〜。

私も40代なので、親のような気持ちで。 

 

f:id:yueguang:20220112185054j:plain

石上神宮は武器についての伝承が多い神社だそうです。

奈良朝以前から神宮の号を使ったのは、伊勢神宮とここだけ。

f:id:yueguang:20220112185127j:plain

f:id:yueguang:20220112185151j:plain

f:id:yueguang:20220112185210j:plain

鶏だらけで驚きました。

ご神鶏(しんけい)です。

f:id:yueguang:20220112185233j:plain 

山の辺の道に入ります。

静か。

聞こえるのは、雪が葉をパタパタと打つ音と、さきほどの鶏の声だけです。

f:id:yueguang:20220112185311j:plain

ほぼ舗装路ですが、たまにこういう道も。

舗装路だと気分が出ない…

f:id:yueguang:20220112185338j:plain

人っ子ひとり通りませんが、標識が分岐に必ずありますので、長岳寺手前までは迷う心配はありません。

 

f:id:yueguang:20220112185410j:plain

歌碑がいたるところにあります。

 f:id:yueguang:20220112185444j:plain

 

夜都伎(よとぎ)神社

拝殿が萱葺きなんだ〜。

f:id:yueguang:20220112185522j:plain 

今日は冬、山小屋に泊まるときに着ている暖か下着を上下とも着てきました。

おかげで、ダウンを着ていられないくらいに暑いです。

結果、雪の中を傘もささず、カッパも着ず、長袖シャツ1枚で歩いている元気なオトナになってしまっています。

手袋はしてます。

凍えそうなんで。

神社にいた人に、二度見されてしまいました。

 

トイレも各所にあるので、気が楽です。

 

竹之内環濠集落(かんごうしゅうらく:周囲に水堀をめぐらせている)は標高100メートルで、奈良盆地に多くある環濠集落の中で最も高地にあります。

ただ、現存しているお堀は下の写真のように少しだけ。

この先に萱生(かよう)環濠集落もあります。 

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E6%BF%A0%E9%9B%86%E8%90%BD

f:id:yueguang:20220112185637j:plain 

雪がどんどん大粒に、服について残るようになってきました。

道沿いに古墳が点在していますが、全部は行けないでしょう。

f:id:yueguang:20220112185956j:plain

 

念仏寺のところだけ、標識に注意です。

それまで「桜井(終点なんです)」と毎回あるのに、念仏寺の手前だけ、なんでない?

桜井がいちばんの目印だと思いますが。

「天理」が来た方と進む方どちらにも書いてあり、桜井がないんです。

あとは「中山廃寺」「衾田陵」

いきなりどこよ、それ…

昨日も失敗してますからね。

観光案内所でもらった地図を見て、お墓の間を念仏寺を右に見るようにして進めば、また桜井が出てきます。

その先、石積崩壊のため通行止めですが、進む道が前方に見えますので、U字のように迂回するだけ。

f:id:yueguang:20220112190101j:plain 

長岳寺に到着。

400円の入山料をおさめます。

弘法大師が開いた古刹です。

f:id:yueguang:20220112190142j:plain

畳のへりの模様ががっこいい。

 

本堂で静かな時間を過ごします。

本堂を出て、天井に絵があるかなぁ、と見上げると…

絵じゃなくて…

くっきりだな。

f:id:yueguang:20220112190223j:plain

f:id:yueguang:20220112190339j:plain 

弥勒大石棺仏は、私の身長より少し大きいくらいでした。

全体では2メートルくらいかな?

古墳みたいな形ですね。

f:id:yueguang:20220112190420j:plain 

これから古墳に向かいます。

続きます。

 

奈良へ その3

薬師寺までは、遊歩道の終わりからすぐでした。
薬師如来をぐるりと守る十二将の表情がいい!
こんな表現しかできないのですが、今にも動き出しそうです。
おとなりには、鏡神社。

f:id:yueguang:20220105201447j:plain

字が小さいですが、いいこと書いてあるんです〜。
部屋の壁に貼りたいくらい。
 
朝より昼の方が寒くなってきたなぁと思っていたら、雪がちらついてきました。

f:id:yueguang:20220105201656j:plain

「奈良町豆腐庵こんどう」で、湯豆腐つきのランチにします。
まずは冷たい豆乳をイッキ飲み。

f:id:yueguang:20220105201632j:plain

焼き立ての厚揚げ。
カリッ、ふわっ。
厚揚げ、すっごく好きってわけじゃないけれど、あっという間に食べてました。
豆乳鍋、はふはふ。
鼻水が出るけど、気にならない。
おいしいから。
湯葉もできてる。

f:id:yueguang:20220105201808j:plain

左上のおぼろ豆腐は、塩で。
豆腐田楽は、山椒や七味も合います。
6本あるので食べ比べ。
デザートは、柚子豆乳ゼリーでした。

f:id:yueguang:20220105201856j:plain

 

次は、どこへ行こうかなぁ。
朝おまいりしたけど、暗くてよく見えなかったから興福寺にしよう。
向かっていると…
香ばしい匂い。

f:id:yueguang:20220105201934j:plain

このお団子屋さん、おいしそう~。
さっきデザート食べたけど…
ま、いっか!
と勇んで入ったら、お持ち帰りのみ。
甘口、辛口を2本ずつ!

f:id:yueguang:20220105202001j:plain

 
興福寺に到着。
まず国宝館です。

f:id:yueguang:20220105202035j:plain

拝観料を払う受付で買える100円のリーフレットは優れものです。
全部の説明が書いてありました。
写真が撮れないので、これはありがたい。
薬師寺の十二将と比べると、表情がたまらなくかわいい木彫りの十二将。
思わず笑ってしまいました。
こちらも躍動感があります。
 
東金堂(とうこんどう)の十二将は少し後ろで守っています。
ガラス越しでも遠くからでもいいんです。
石仏に限らず、こういった仏像を実際に見ていると、一瞬、ここがどこか分からなくなる。
時を超える、と言ったら大げさですが、その場で見られるということは、そのくらいの価値があると思います。
このときを思い出しながら、きっと何度もリーフレットを見返すと思います。
 
阿修羅立像と薬師如来の手ぬぐいを買いました。
リーフレットには小さくしか載っていなかった阿修羅立像の絵葉書も。

f:id:yueguang:20220105202859j:plain

買わなかったけれど、惡僧(あくそう)手ぬぐいも2種類ありました。
どちらも迫力のある図柄です。
「惡」は、強いという意味合いのある文字だそうです。
比叡山と、ここ興福寺の僧兵が中世に強大な力を誇ったとか。
だから比叡山で焼き討ちにあったんですよね。
足元、下駄なんですけど…
そんなんで戦ったら指の股、破けそう。
私の足がひ弱なのでしょうか。
 

f:id:yueguang:20220105214856j:plain

そのまま東大寺へ。
ここでもまず、ミュージアムショップです。

f:id:yueguang:20220105203246j:plain

四天王が、邪鬼を踏みつけていました。
スタイル抜群だなぁ…
目を細めている表情が好き。
ここの四天王はイケメンです。
なので、絵葉書を買いました。
 
誕生釈迦仏立像は、「よっ」と挨拶してくれる優しい上司の表情。
この写真は、リーフレットを撮ったものです。

f:id:yueguang:20220105203524j:plain

 
千手観音菩薩立像は、腕のたくましさに驚きました。
写真を撮れないところでは、リーフレットや絵葉書を買えば、いつでも見ることができます。
昔は、映画のパンフレットもよく買ってたなぁ。
あれらはどこへいったのだろう。
 

f:id:yueguang:20220105203753j:plain

鹿も鉄分を欲してるんですよね。
もっと錆びてないとだめかも。
 

f:id:yueguang:20220105204530j:plain

大仏殿へ。
ここだけは写真を撮ることができます。

f:id:yueguang:20220105203844j:plain

修学旅行のときにくぐった穴。
今は感染症対策でくぐれません。
う〜ん、体型的にもう無理かな。
修学旅行のときに見かけたおばちゃんのように抜けなくなったかもなぁ…

f:id:yueguang:20220105203905j:plain

 

水かきなんてあるの!
ミュージアムショップまで戻ってレプリカの手を見たら、確かに!
小指と薬指の間なんて、すごい長さです。

f:id:yueguang:20220105203931j:plain

f:id:yueguang:20220105203956j:plain

f:id:yueguang:20220105204039j:plain

f:id:yueguang:20220105204135j:plain

 

さて、今日はすごいものいっぱい見ました。

もういいかな。

 

f:id:yueguang:20220105204713j:plain

私は中川政七商店が好きです。
ここで買った手提げ袋を、エコバッグとしてでなく日常的に使っています。
奈良に本店があるのでぜひ行きたい! と思っていました。
普段行くこぢんまりとした店でもすごく楽しいのに、本店なんて…どれだけのものがあるのだろう。
鹿の箸置き、買いたいなぁ。

f:id:yueguang:20220105204751j:plain

こんなに楽しみにしていた中川政七商店ですが、欲しいものがすべて売り切れ(鹿の箸置きは数が足りませんでした)で、次の入荷は2月や3月って…
鹿、猿、狐が描かれた奈良本店限定の布巾なども、お土産にしたかったなぁ。
 
今朝、ホテルを出てすでに10時間。
昼ごはんを食べたとき以外、座ってない。
団子も食べたいし、ホテルへ戻ろう。

f:id:yueguang:20220105204910j:plain

奈良駅へ到着。
観光案内所で、明日歩くところの地図があるか聞いてみたら、出してもらえました!
Googleマップはすごく便利だけれど、知らない場所の全体を見たいときは、やっぱり紙の地図が見やすい。

f:id:yueguang:20220105204947j:plain

昨日葛うどんを食べた天極堂で、葛入りのソフトクリームと、お土産に胡麻豆腐や葛湯を。
他にも駅ビル内で探しました。
柿の奈良漬けなど珍しいものがあり、楽しかった〜。

f:id:yueguang:20220105205313j:plain

ごろんと2個入っています。
あげる人を思い浮かべながらお土産を選ぶ時間が好きです。
これらを明日の朝、チェックアウトしがてらホテルから宅急便で送って、朝ごはんをいっぱい食べて、日本最古の道といわれる「山の辺の道」の道へ。
 
今日は20キロ以上歩いてますね。
明日も歩くぞ〜!
続きます。
 
最後に…
動きがシンクロしている2匹がかわいかったです。

f:id:yueguang:20220105205513j:plain

f:id:yueguang:20220105205534j:plain