山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

高知 柏島へ その6

f:id:yueguang:20210918055349j:plain

器材を洗って干して、撮った写真を見ながら、形から見当をつけ図鑑で探していたら、1時間なんて、あっという間です。

港へお出迎え。

f:id:yueguang:20210917064556j:plain

お昼ごはん。
「そろそろ肉が恋しいでしょ?」
と、鶏肉の唐揚げとタコ飯。
もちろん、おかわり!
もう吐く心配ないし。
夜は、カツオのたたきだって…
絶対おいしいよなぁ、ここの。
でも、ここに泊まったら、明日の昼の飛行機に乗れない。
 
今日で3日間一緒だった2人から、1キロの芋けんぴをもらいました。
「なかなか手に入らないから、どうぞ」
そんなのもらえない…って言ったら、いっぱい買ったんだって。

f:id:yueguang:20210917194448j:plain

持つとこがついてる、ってどんな重さだよ!
「開けたら最後ですよ〜、イッヒッヒ」
それだけ、おいしいってことですね。
用心せねば。
 
デザートをいただいていたら、高知市街からの常連さんに
中村駅宿毛駅から7駅もあるんです)まで送ってあげるから、○○に行かない?」
聞き取れず…はて?
「せっかく東京から来てくれたんだから、どこか連れてってあげたい」
と。
電車だと、どこにも寄れないからって。
かなり遠いから申し訳ない、と言ったのですが、
「おせっかいかと思ったけど、高知に戻るだけじゃつまらんき」
ありがたく連れていってもらうことにしました。 
最初は、リニューアルした水族館の予定だったようですが、行ったことのある高知の観光地の話になり
室戸岬ジオパークがおもしろかった」
と話すと、行き先変更〜。
竜串(たつくし)の海岸へ。
なに、ここ!

f:id:yueguang:20210917064728j:plain

どうしてこんなになっちゃった? と驚く景色です。
岩なの、ほんとに?
竹の節みたい。

f:id:yueguang:20210917064814j:plain

質感は砂っぽかったり、もようは木みたいだったり…
穴がぽこぽこ。
急角度でそそり立っていたり。
全部歩きたかったけれど、霧雨でけっこう濡れ始めたので、半分行かずに戻りました。

f:id:yueguang:20210917064849j:plain

 
お次は龍宮神社(竜王、竜宮表記もありました)へ。
足摺岬方面へ進むと、途中で出汁のいい匂い〜。
あ!
土佐の鰹節か!

f:id:yueguang:20210917064939j:plain

ここも岩の景色です。
すっごいな…
先端で釣りをしていることもあるらしいですが、けっこう遠いです。

f:id:yueguang:20210917065003j:plain

 
晴れていれば、唐人駄場(とうじんだば)で岩に登るのもいいと思った、とのこと。
そこも奇岩スポットだそうです。
3つとも、天気のいい日にまた行ってみたい。
おふたりに感謝。
 

f:id:yueguang:20210917065103j:plain

中村駅で、龍馬パスポートなるものを手に入れました。
加盟しているホテルに宿泊したり、ご当地グルメをいただいたり、体験や観光でスタンプを貯めたり、割引サービスを受けたりできるものだそうです。

f:id:yueguang:20210917074315j:plain

また高知に来るぞー!
と、NHKのニュースをみていたら…

f:id:yueguang:20210917070426j:plain

乗るはずだった線が運転見合わせになってる…
昨日の判断、間違ってなかった。
高知まで戻っていて良かったんだ。
 
昨日までいた場所が、みなさんが、心配になります。
もちろん、知らなくても被害の映像を見れば、自分のいるところからほんの少し離れたところに辛い人たちがいる、と。
ただ、知っていれば具体的に想像できる分、やっぱり思いの寄せ方は変わる。
どこも被害がなく、そのまま台風が過ぎ去ってくれますように。
 

高知 柏島へ その5

f:id:yueguang:20210916112951j:plain

ダイビング最終日です。
最後のダイビングから24時間あけないと、飛行機に乗れません。
翌日の飛行機を最終(19時台)にしていたのですが、台風がぐぃんと向きを変えてしまいました。
この飛行機が欠航になったら…その時間から、高知〜東京へ帰る手段を探すのは大変。
土曜日、仕事に行けなくなってしまう。
ひとつ早い便に変更しましたが、11時台なんです。
ガイドさんに相談。
「2ダイブ目を少し早めてもらえないだろうか」
出てきた答えにビックリ。
「早朝ダイブしましょうか」
え!
早起きさせちゃうじゃないの…
私は目が覚めるからいいけれど…

2日間一緒に潜っている2人も、朝から潜る! とのこと。

良かった、私だけじゃ申し訳ないと思ってたから。
2人は、毎年1週間くらい柏島に来ていて、何度か早朝ダイブをしたけれど、釣り人がいないときにしか潜れないポイントもあるらしくて、
「朝潜るのもいいよ〜」
って。
晴れていて嬉しい。
これから台風なんですけどね…
でも午前中は風もなく。

f:id:yueguang:20210917064415j:plain

 
2ダイブして、器材を洗って乾かして、おいしい昼ごはんをいただいて、宅急便で器材を送り、宿毛駅へ車で送ってもらうことになりました。
あ〜、終わっちゃうんだ…
 
終わるから次がある、ってことで。
また来たい、柏島に。
そのときはまた、フィンハウスで潜る!
 
このあたり、猫、いっぱいいます。
苦手なのに、膝にのってきます。
精一杯、なでなでしました。
寝顔、かわいいんですね。

f:id:yueguang:20210917061447j:plain

 
1ダイブ目「後浜No.1.5」
15じゃなく1.5です。

f:id:yueguang:20210915213609j:plain

どこのポイントも、サンゴがほんとうに見事。
器材をブラブラさせて引っ掛けたり、乗っかったり、踏んだりして折らないよう、気をつけて泳ぎます。

f:id:yueguang:20210917212011j:plain

 
カスミオイランヨウジ。
ウツボといい、私はクネクネしているものが目につきやすく、好きみたいです。

f:id:yueguang:20210917060949j:plain

 
クチナガイシヨウジ。
うまく撮れた!
靴ひもよりも細いんですよ。
トリオでしたが、3匹一緒に撮ると、ただの細っこい線なので。

f:id:yueguang:20210917061730j:plain

2匹の動きがシンクロしていておもしろい。

f:id:yueguang:20210917211848j:plain


キリンミノカサゴ
昨日見たのはハナミノカサゴ
こちらは、ヒレが羽のようです。

f:id:yueguang:20210917061921j:plain

上は成魚。
幼魚もいました。
穴の中で縦になっています。

f:id:yueguang:20210917062344j:plain

 
サラサエビのシルエット。
宇宙人っぽい。

f:id:yueguang:20210917064238j:plain


朝ごはんが用意されていました。
やわらかく握られたおにぎり。
おいしい〜。

f:id:yueguang:20210917201102j:plain


2ダイブ目「民家下南(みんかしたみなみ)」
ダイビングのポイント名って、けっこう意味不明なものが多いです。
そういえば、伊豆の「小蝶アラシ」っていうポイント名はかっこいいなと思った。
あとは、前回潜ったサメまみれの「シャークスクランブル」は、まさに! って感じ。
 
オルトマンワラエビ。
脚がやたら長い。

f:id:yueguang:20210917062301j:plain

 
ん?
眉がある?
目の上下に、エビみたいのがくっついてるんだけど…

f:id:yueguang:20210917063451j:plain

ガイドさんに聞いたら、ニザダイノギンカっていう寄生虫だって…
なぜ、そんなかっこいい名前?
ニザダイはよく見るけど、こんなのくっついてるの初めて見ました。
全部にくっついているわけでなく、かたまっていた6匹の中でこれだけでした。
左側にもくっついてます。

f:id:yueguang:20210917063943j:plain

頭部にだけ、つくんですかね。
 
ヤガラはかっこいいです。
小魚の群れに突っ込んでは、パッと散らせてダイナミックでした。
あの尖った口で吸い込むのかな。

f:id:yueguang:20210917064119j:plain

 

f:id:yueguang:20210917064133j:plain

 
アジアコショウダイの若魚だそうです。
成魚は、もっと斑点が多くなるとか。
ガイドさんって、すごい…

f:id:yueguang:20210917193810j:plain

ユカタハタ。
鮮やかですね〜。
自然のカラーリングって、本当に自由でおもしろい!

f:id:yueguang:20210917063240j:plain

 
ここを抜けて浮上しました。
楽しかったなぁ…

f:id:yueguang:20210917064338j:plain

 
私は2ダイブで終わりですが、みなさん(高知市街から朝到着した、常連の女性ふたり含め)は3ダイブ。
港から見送りました。

f:id:yueguang:20210917064515j:plain

楽しいといいね~。
いってらっしゃい!
 
続きます。
 

高知 柏島へ その4

f:id:yueguang:20210915165424j:plain

今日も潜るぞー!

 

楽しみで早くに目が覚めて散歩へ行きました。

橋から見えるマグロの養殖場

f:id:yueguang:20210915065602j:plain

すっごくきれいだし、私も橋から飛び込みたいけれど、ちょっと深さが足りないと思う。
お尻うつでしょ。

f:id:yueguang:20210915070223j:plain

f:id:yueguang:20210915070801j:plain

 
ボートが発着するこんなところにも、チョウチョウウオやら小さなイカやらが、たくさんいるのです。

f:id:yueguang:20210915070600j:plain

 
津波に備えて。

f:id:yueguang:20210915070416j:plain

 
さて朝ごはん。
今朝は、理性を保てるか…
保てた…と思う。
ご飯少なめにしたし。
ムロアジの焼き魚定食でした。
それにヨーグルト。
酔いどめ、今日は効いてください!
 
今日は3ダイブです。
あれ?
晴れてきた〜。
雨の予報だったから嬉しい!
結果的には、晴→曇→霧雨の3ダイブでした。
海が荒れていなければ雨が降ってもいい、と思っているけれど、やはり太陽が出ていると明るさが全然違う!

f:id:yueguang:20210915172116j:plain

1ダイブ目「シシナカセ」
ポイントに着く前に、イルカにまた遭遇したのですが、今日は餌なし。
「ないんかーい」
と言わんばかりに、お腹を見せて、すいっと触らせてくれただけで去ってゆきました。
船の上で爆笑。
 
バックエントリーでどぼん。
船のへりに、海を背にして腰かけて、そのまま仰向けにお尻から海へ落ちるエントリー方法です。
落ちたら次の人のために、すいーっと船から離れて潜降開始です。
 
ハナミノカサゴの幼魚。
成魚よりも優雅な感じ。

f:id:yueguang:20210915181232j:plain

 
昨日見たフリソデエビの赤ちゃん。
ちっこくても、不可思議なもようはちゃんとあります。
大きさは、親指の半分くらい。

f:id:yueguang:20210915182046j:plain

 
キミは、高知に到着した日に、たたきで食べたよ〜。
とっても美味です。
目、まんまるですね。
黄色っぽいウツボです。

f:id:yueguang:20210915182238j:plain

 
真ん中に、カニいます。
ラッパウニに住みつくゼブラガニ。

f:id:yueguang:20210915202401j:plain

 
陸に上がり、1時間ほど休憩。
 
2ダイブ目「後浜No.4」
一緒に潜ったご夫婦のリクエストで、ピグミーシーホースを見に。
深くて遠いやないけ…
目的地は水深30m。
流れもあり、一生懸命泳ぎました。
息があがっちゃった。
初めて海の中で過呼吸みたいになり、
「大丈夫大丈夫、ちゃんと吸えてる、だからちゃんと吐き出そう」
と、必死に自分に言い聞かせました。
誰だよ、ここ行きたいって言ったヤツ! と思いながら(冗談です)延々と泳ぎます。
本人も「あんなに遠いなら言うんじゃなかった…しかも小さくてよく分からなかった」
同じく!
写真ありません。
なんか、ちっちゃくてピンクでした。
以上!
 
一面、ソフトコーラルの森。
ぷにぷに柔らかいんですよ。

f:id:yueguang:20210915174402j:plain

 
フグの求愛行動。

f:id:yueguang:20210915182919j:plain

 
ニシドマリハナガサウミウシ(右の赤茶っぽいの)と、その卵(淡いピンク)。
言われなきゃわからない…

f:id:yueguang:20210915210142j:plain

 
やっぱり、深場が苦手なのかなぁ。
海中でウェットスーツの隙間に水を入れたりして苦しくないようにしたんだけどな。
昨日に続き、げぽ。
こらえていたけれど船に上がった途端にダメでした。
それなのに…

f:id:yueguang:20210915172101j:plain

お昼ごはんが、鯖の棒寿司だったんです。
好きな食べ物トップ10に入るんです。
しかも断面を見ただけで、おいしいって分かっちゃうくらいに、レアっぷりが見事!
「次のダイビング、吐いてもいい」
そう思いながら完食。

f:id:yueguang:20210915172204j:plain

間違いなく、人生No.1棒寿司でした。
羽田の担々麺に続き、
「これを食べに、また来たい」
と思えるおいしさでした。
ダイビングはどうしたよ?
 
長めに休憩して3ダイブ目「後浜No.3」
3ダイブ目は私だけだったので、リクエストしました。
「深場はいやだ。20mくらいまで」
「青いウツボが見たい」
青いウツボとは、ハナヒゲウツボのこと。

f:id:yueguang:20210915172426j:plain

きれいですよね〜、うっとり。
ほっぺ(?)がふくらんでいて、胴(?)がすんごいくびれてるんですけど。
幼魚のときは、真っ黒で背中に黄色い筋なんですよ。
筋は今でもありますが、色が劇的に変わりますね。

f:id:yueguang:20210915173501j:plain

 
1ダイブ目に、ハナミノカサゴの幼魚を見ました。
ずいぶん印象が変わります。
こちらは大人のハナミノカサゴ
なんか、哲学者っぽい…

f:id:yueguang:20210915174519j:plain

周りに群れているスカシテンジクダイたちを気にもとめてない感じ。
風格あるわぁ。
 
あ、増えた。

f:id:yueguang:20210915174606j:plain

それにしても尾びれのもようが美しいです。
おじさんみたいな顔にも見える。
 
ダルマハゼとか、ちっこくてかわいいのいっぱいいるんです…
でも心のアルバムにしかいません。
ガイドさんって、本当に写真が上手!
 

f:id:yueguang:20210915181529j:plain

 

イソギンチャクエビ、スケスケ。

f:id:yueguang:20210915181644j:plain

 
コホシカニダマシです。
ちっさ!
カニではありません。
どっちかっていうと、ヤドカリらしいです。

f:id:yueguang:20210915210527j:plain

真ん中の白っぽいのが、サクラコダマウサギ。
浜辺で拾ったら嬉しくなる、きれいな貝です。
海の中では、こんななのか…

f:id:yueguang:20210915211027j:plain

 
アケボノハゼのペア。
好きなので、ピントが合って嬉しいです。

f:id:yueguang:20210915202910j:plain

 
イシガキフグ。
目力あるなぁ。

f:id:yueguang:20210915203018j:plain

今日も楽しく潜れた。

そして夜ごはん。

ブリを煮付けと塩焼きで〜。

 

f:id:yueguang:20210915203306j:plain

 

お腹いっぱい…
 
続きます。

高知 柏島へ その3

1ダイブ目は「後浜No.2」

f:id:yueguang:20210914203309j:plain

雨だって、海の中はこんなにきれい。
 
枯れ葉みたいな、テンスの幼魚。
大きくなると全然違う形なんですよねぇ…そんな魚がいっぱいです。

f:id:yueguang:20210914213900j:plain

 
ダゴンベだ!
赤の格子模様がかわいくて好きなんです。

f:id:yueguang:20210914203918j:plain

 
小さな被写体が多く、ハゼなんかは息を止めて近づいても、サッと砂地に引っ込んでしまう。
もっともっとお見せしたい魚たちがいたのですが、なんせ腕がないもので…
残念です。
撮れてもピントがイマイチだったり。
マダラタルミとホホスジタルミ。
どちらも幼魚です。
カラーリングは似ていますが、ヒレの形が違う。

f:id:yueguang:20210914213045j:plain

 

f:id:yueguang:20210914212429j:plain


フリソデエビのペア。
また見たかったんだ〜。

f:id:yueguang:20210914212147j:plain

 
カマスの群れ。
大きな網でガバァっと取りたくなります。

f:id:yueguang:20210914205323j:plain

 
テーブルサンゴに群れてる魚を見るだけで、のんびりした気分になります。

f:id:yueguang:20210914204759j:plain

f:id:yueguang:20210914210049j:plain

 
戻ってお昼ごはん。
いつものように船に上がる前に酔ったのに…少なめにしようって決めていたのに。
おいしそうだったからガッツリ食べてしまった!

f:id:yueguang:20210914210549j:plain

毎食、こんなおいしそうなの出てきちゃうのか…
どうしよう。
帰って制服が入らなくなってたら…
ウスバハギの唐揚げとハマチの漬け。
ご飯に合う〜。
うどんで体も暖まりました。
 
猫、密すぎ。
笑いました。
猫や犬、苦手ですがこの辺りの猫はただいるだけなので、なんとか大丈夫。
f:id:yueguang:20210914210817j:plain
 
休憩して、2ダイブ目「レッドロック」
深めのポイントです。
最大水深が30mでした。
柏島は深いポイント、けっこうあるんですよね。
 

f:id:yueguang:20210914212249j:plain

 
そして、5回も撒き餌をしてしまいました。
だーかーらー、食べすぎなんだってば…
いつもは潜るとき食べないじゃん。
でも、おいしそうだったし、実際おいしかったんだもん!
心の中でそんなやり取りをしながら、急いで影響がなさそうな場所に泳ぎ、ゲポ。
うどんですね、こりゃ。
 
ホタテツノハゼが、ヒレを広げていました。
広げないと、黒一色です。

f:id:yueguang:20210914212032j:plain

 
ニシキフウライウオ。
どれか分かりますか?

f:id:yueguang:20210914212608j:plain

真ん中の赤茶色です。
ほんと不思議な形。
 

f:id:yueguang:20210914213130j:plain

 
ミナミハコフグの幼魚。
精一杯ヒレを動かしていてかわいい。

f:id:yueguang:20210914214359j:plain

イバラカンザシは、海のお花畑だと思う。
不用意に近づくと一斉に引っ込みます。

f:id:yueguang:20210914214555j:plain

今日はこれでダイビングはおしまい。
戻って夜ごはんです。
その前にちょっと昼寝。
吐くと疲れるんですよ。
 
イルカの餌に、ともらったムロアジの大きくなったものを「セイメイ」というそうです。
傷みやすく、あまり出回らないとのこと。

f:id:yueguang:20210914215120j:plain

刺身でいただきました。
うまぁい!
煮付けは、昼は唐揚げだったウスバハギ。
甲乙つけがたい!
 
明日はどんな魚が見られるかな。
続きます。
 

高知 柏島へ その2

朝から本降りの雨、との予報だったのですが起きて外を見ると曇り。
良かった〜。
まぁ、これから西へ向かうので降り出すでしょう。
どしゃぶりでなければいいや。
高知から宿毛(すくも)へ。
 

f:id:yueguang:20210914191418j:plain

f:id:yueguang:20210919185130j:plain

駅弁もアンパンマン
水筒がかわいくて、お昼ごはんに買おう! と思ったら予約制でした…残念。
中身もお子様ランチのようでおいしそう。

f:id:yueguang:20210914191817j:plain

ホームには、岡山行きの特急南風が。
指定席はアンパンマンシート。
姪っ子がアンパンマン好きだった頃に乗せてあげたかったなぁ。
車両もかわいいし。

f:id:yueguang:20210914191921j:plain

f:id:yueguang:20210914191948j:plain

 
私が乗るのは、特急しまんと
2両編成で、そのうち1両は半分が指定席、半分が自由席でした。

f:id:yueguang:20210914192058j:plain

f:id:yueguang:20210914192126j:plain

なんて寝心地のいい座席…
すぐ眠ってしまいました。
たまに目が覚めて、車窓から景色を眺めます。
実った稲穂の海にぽつんと白鷺がいた。
美しいと評判の仁淀川も横断しましたが、この天気では仁淀ブルーにはなりません。
大きな海も見えました。
波がたっておらず、ホッとしました。

f:id:yueguang:20210914200134j:plain

中村駅で、各駅停車の宿毛行きに乗り換えます。
大月だから、座席の柄も月?

f:id:yueguang:20210914193525j:plain

山々にかかる雲、これは四万十川なのかな?
四国を一周したときに原付で越えた橋だろうか。
もう一度お参りしたいお寺がいくつもある。
また行けたらいいな。
…行けたら、じゃない。
行きたい! 行こう! と思わなければ、きっといつまでたっても行かずに終わるんですよね。
ツレもお寺や神社を歩くのが好きなんです。
コロナ禍がおさまったら、一緒に、必ず。
 
宿毛駅に到着。
今回、3日間お世話になるフィンハウスの方が迎えに来てくださっています。
宿毛からさらに車で(飛ばして!)柏島まで30分。
やはり遠い場所です、柏島
前回来た2003年のときは、高知行きの夜行バスを利用しました。
私は後ろの座席のヤバそうな男性に夜通し、背もたれを蹴られ眠れず。
妹は、前の座席の男性が100キロ以上ありそうな巨体で、倒した背もたれがグッと下がってしまい、脚が挟まれるため体育座りで一晩過ごしました。
よくエコノミー症候群にならなかったと思います…。
次回は夜行バスはやめよう! と心に決めていました。
それを思えば楽です。
文句言っちゃダメ。

f:id:yueguang:20210914201911j:plain

今日は、昼前の到着なので2ダイブです。
支度をして船に向かうと、ダイビングショップのお父さんの釣り船が帰ってきたところ。
嬉しそうなお客さんが見せてくれた釣果は…
クエです。
1m超、35キロ!

f:id:yueguang:20210914201535j:plain

毎日食べれるな…
 
お父さんに餌としてムロアジをもらって出発。

f:id:yueguang:20210914202107j:plain

なんのための餌かというと…
湾内に2年前からイルカが2頭すみついているそうです。
近くでマグロの養殖をやっているので、漁師さんたちがこのイルカにも餌をあげたりしているらしく、居心地がいいのでしょうか。

f:id:yueguang:20210914203457j:plain

潜るポイントへ行く前にイルカ見学へ。
すぐ見つかりました。
海面からヒレが見えています。
ムロアジをつかみ、海中に差し入れます。

f:id:yueguang:20210914202402j:plain

きたー!
ビックリしてムロアジ落とした。
ボートから身を乗り出してカメラを海中に突っ込み、近づいてくれるたびにシャッターを押します。
けっこうよく撮れました。

f:id:yueguang:20210914202500j:plain

f:id:yueguang:20210914202646j:plain

子どもは、昨年はぬいぐるみみたいな大きさだったそうです。
1年でずいぶん大きくなるんだ。
 
いつもは酔う不安でいっぱいになりながらボートに乗るのですが、潜るポイントまで10分未満と近いこと、イルカのおかげで酔わずに到着。
 
柏島の海は、ほかで見たことのないような魚も豊富に見られるんです。
バックエントリーでどぼん。
 
続きます。