山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

男体山へ 

f:id:yueguang:20210605205628j:plain

男体山は、山が信仰の対象です。
それにふさわしく(?)「二荒山(ふたらさん)神社中宮祠」が登山口。

f:id:yueguang:20210605205703j:plain

標高は1280mです。
6時の開門前は登ることができません。

f:id:yueguang:20210605205806j:plain

背後に男体山がすっきり見えています。
 
登山届のようなものに記入し、下山時刻も申告します。
8:05に入山、下山は14:00予定です。
1,000円を支払い、お守りをいただいて出発!

f:id:yueguang:20210605205735j:plain

清々しい新緑。
最高!
 
はじめは階段。

f:id:yueguang:20210605205945j:plain

 
8:10 一合目
三合目まで、ずっと同じような傾斜の登りが続きます。

f:id:yueguang:20210605210053j:plain

緩急があるといいのですけど。
ここがいちばんキツイ。
10年以上前に、妹と登った記録と比べてみましたが、やはり若さが勝っていました。
当たり前か。
 
8:40 三合目

f:id:yueguang:20210605210143j:plain

平坦な舗装路が四合目まで続きます。
工事車両が行き来しますので、注意して歩いてください。
中禅寺湖が見えました。
まだまだだなぁ、もっと下に見えないと。

f:id:yueguang:20210605210341j:plain

 
9:00 四合目の鳥居

f:id:yueguang:20210605210255j:plain

 
9:15 五合目
 
9:30 六合目

f:id:yueguang:20210605210502j:plain

 
振り返ると、一時間前まで指先が触れるほど近かった中禅寺湖があんな下にある。
ゼェゼェ息があがっていますが、励まされます。
雲がわいてきたのが気になる…

f:id:yueguang:20210605210557j:plain

 
9:50 七合目
標高2000mを超えていました。
何度も抜かれる(走るように登っては休んでいるので、何度も抜いては抜かれる)男の人がうっとおしく、休憩することにしました。
なぜ男体山には、鈴を2個つけている人が多いのでしょう。
謎すぎる。
妹と登ったときも、4人組がそれぞれ2個ずつつけていて鈴の大合唱でした。
なんか、意味あるのでしょうか。

f:id:yueguang:20210605210652j:plain

あ~、チョコ、うまい~。
風も気持ちいい。
昨日の白根山と違って、もう20人くらい人を見ています。
昨日はヒトケタでしたからね。

鳥居がありました。

f:id:yueguang:20210605210949j:plain

 
10:20 八合目
滝尾神社です。

f:id:yueguang:20210605211144j:plain

f:id:yueguang:20210605211228j:plain 

ガスッてきちゃった…良く言えば幻想的。
宿で食べずに、6:00に登り始めるべきだったかなぁ。

f:id:yueguang:20210605211336j:plain

 
10:40 九合目

f:id:yueguang:20210605211411j:plain


白根山が見えた~。
あっちは青空なんだよなぁ。

f:id:yueguang:20210605211542j:plain


山頂へ着くまでに晴れたらいいな…
そう思いながら「あと少し!」と足を進めていたら。

f:id:yueguang:20210605211645j:plain

え!!
うそ!
ガスがふわーっととれてきた。
振り返ったら、中禅寺湖がはっきり見えました。
鳥肌がたちました。
うれしい!
すっごくうれしい!
ありがとう、って思いました。

f:id:yueguang:20210605211734j:plain

赤茶けた石がゴロゴロしている道を、気持ちが急いて速足で登ります。
 
11:00 男体山 標高2484m

f:id:yueguang:20210605211820j:plain


鐘をならし、山頂をぐるり歩きます。
f:id:yueguang:20210605211911j:plain

あれ?
剣、こんな形だったかなぁ。

f:id:yueguang:20210605212002j:plain

 
11:10
下山を開始します。

f:id:yueguang:20210605212203j:plain

なんか、おいしそう…
地面がおいしそうに見えるって、ヤバイ気がします。
昨日の疲れもまだ脚に残っているので、慎重に下ります。

下山中も、ガスったり晴れたりを繰り返していました。
山頂で晴れてくれたのは、タイミング良かったです。
大展望でした。
 f:id:yueguang:20210605212259j:plain
登りではゆっくり見なかったツツジ
葉っぱのふちがくるんとしています。

f:id:yueguang:20210605212351j:plain

f:id:yueguang:20210605212423j:plain

ほんの少し上の木は全部つぼみなのに、ここでは満開。
その差って?
f:id:yueguang:20210605212537j:plain
f:id:yueguang:20210605212617j:plain 
12:50
四合目の鳥居をくぐります。
 
13:35
 
楽しかった。
すごく。
 
さて、遠足は終わり。
帰りましょう。

東武日光駅にありました。
でかくてビックリ!
f:id:yueguang:20210605201056j:plain

スペーシアきぬがわ」ってこんな快適なんだ…。
夕方のラッシュ時に都心へ着く時間帯だったので、混んでいるから乗り換えが面倒だと奮発したのですが、座席はゆったりだし、新宿直通なので楽ちん。
上中里駅あたりで、線路沿いにアジサイがたくさん咲いていました。
もう梅雨入り間近ですもんね。

f:id:yueguang:20210605201221j:plain

f:id:yueguang:20210605201250j:plain

 
この次は、雨の季節、いちばん美しい姿を見せてくれる苔に出会う山歩きを計画しています。
 

旧外国大使別荘跡 湖上苑

山に行くときは天気を見て、たいてい直前に宿泊の予約をとります。

そもそも1人で宿泊できるか(2人~という宿もあるので、いちいちその宿のHPで確認するのも面倒くさい)で選別してくれるし、日付を入れれば一発で検索できるので、もっぱら「じゃらん」を使っています。

名前などの個人情報も、新たに入力しなくて済みますし。

数日前に調べたときには出てこなかったこの宿、直前に調べたら載っていました。

日光中禅寺温泉 旅館|ホテル湖上苑 公式サイト|トップページ

金額もそんなに高くないし、中禅寺湖の目の前という立地。

明日登る男体山の登山口からも近いし。

 

2泊続けて温泉に泊まれる…さすが日光!

お安いので、訳アリ和室にしました。

が、どこが訳アリなの?

風呂とトイレがないくらいしか思いつかない。

f:id:yueguang:20210531160147j:plain

部屋は狭いけどスッキリしていて、座布団ではなく床から20センチほどの椅子があるのも気に入りました。

腰痛もちに、直座りはキツイです…。

和室のときは諦めていましたが、すっごく嬉しい!

そして、そして…その椅子に座ると目の前は、もちろん中禅寺湖

宿の名前のとおり、湖上にいるかのようです。

ずっと見てられる〜。

f:id:yueguang:20210531160447j:plain

ちょっと曇っちゃってますけど、今夜は雷雨で、明日の予報は晴れ。

朝の景色が楽しみだなぁ。

部屋についているベランダに出たら、この景色ですよ。

 

中禅寺湖は、周囲25km、最大水深160m超の大きな湖です。

湯ノ湖のように、一周散歩してくる〜というわけにいきませんね。

温泉であたたまり、眺めるだけでのんびりできて気持ちいい。

f:id:yueguang:20210531160753j:plain

お湯の温度がちょうどよくて!

 

「ほぇ〜」声でちゃいます。

疲れた脚をもみもみして、明日に備えよう。

 

あー、お腹すいた!

でも夕食がおいしそうだから、山であんパンとチョコ食べただけで耐えてるんです。

お腹、すっごい鳴ってるけど。

 

ちょっと横になろうかな。

中禅寺湖が目の高さだ〜。

曇ってはいても、静かな湖面を眺めているだけで、贅沢な気分です。

 

外国大使の別荘だったということで、なんとなーくオシャレな感じを想像していたら、フロントからして生活感にあふれていてちょっとおもしろかったです。

 

夕食です。

f:id:yueguang:20210531185432j:plain

湯葉なんて、久しぶりに食べたなぁ。

茶碗蒸しとニジマスがおいしかった。

ご飯は2杯。

食べながら寝そうなくらい、眠いです。

3時に起きてますからね。

 

f:id:yueguang:20210531185624j:plain

f:id:yueguang:20210531185930j:plain

f:id:yueguang:20210531190010j:plain

頭から全部食べられます。


部屋に戻ると、天気予報どおり、雨音が聞こえ始めました。

雷がピカピカ光りながら暮れゆく中禅寺湖

幻想的でした。

 

今日たくさん歩いたことで、明日軽く歩けるといいのですが…男体山もけっこうな急坂なんですよね。


f:id:yueguang:20210601041313j:plain

明け方、4時くらいに明るくなってきて目が覚めました。

登る直前に温泉につかってしまうと、体がのんびりして登る気がなくなってしまうので、軽くとぷんと今回最後の温泉につかっていると、船がいます。

もう釣りをしてるんだ?

湖面は山をうつして鏡のよう。

f:id:yueguang:20210601043835j:plain

昨日いっぱい食べたのに、もうお腹がなっています。

朝ごはんをいただき、二荒山神社中宮祠に向かいます。

和食か洋食かを選べ、和食にしました。

f:id:yueguang:20210605180204j:plain

 

続きます。

 

日光白根山へ その3

f:id:yueguang:20210605173246j:plain

「前白根山」の山頂でのんびりして「白根山」へ向かいます。

f:id:yueguang:20210605173318j:plain

 
7:40
ぐんぐん下り、きれいな避難小屋に到着。
ここらの山も、山頂に小屋があったらなぁ…日帰りなんてもったいない景色なのに。

f:id:yueguang:20210605173401j:plain

山小屋を維持(特にトイレ)するの大変だって知っているけれど、そう思ってしまいます。
日光湯元温泉から登ってきている(山頂で会う人に聞かれて、そう答えると驚かれる)からアップダウンも大きくて長く感じますけど、反対側の丸沼高原からはロープウェイで標高2000mまで上がれますし、日帰りの山なんでしょうか。

f:id:yueguang:20210605173431j:plain

また急坂だ。
分かってはいたけれど…
でもあと1時間がんばれば、足を前に出せさえすれば、あの頂からの景色を見ることができる。
黙々と登ります。
でもさっきよりきつくない。
体が山に慣れてきたのでしょう。

f:id:yueguang:20210605173505j:plain

山でいつも香る、甘い匂いにも癒されます。

f:id:yueguang:20210605173558j:plain

ハァハァ登って振り返ると、さっきまでいた前白根山の山頂と同じ高さまで登ってきている!
あと少し。
あと少しだよ、がんばれ。

f:id:yueguang:20210605173911j:plain

 
8:40
小さな祠

f:id:yueguang:20210605173838j:plain

 
8:45
日光白根山の山頂に到着!

f:id:yueguang:20210605173959j:plain

 
白根山も、ここが目的地でもいいと思うくらいの景色だったけれど、やっぱり白根山まで登ってきて良かった。
山で見た景色は、いつも言葉では言い尽くせない。
誰かに「こんなだったよ!」と話しているときも、足りてないって思います。
もっとずっとすごいんだよ、って。
歩いてきた疲れが吹っ飛ぶほど、心が動きます。

f:id:yueguang:20210605174055j:plain

 
真っ青な空。
雲は私より下にある。
こんなに天気のいい日に登れるなんて。
 
さっきの避難小屋の赤い屋根が、あんな下にある。
湯ノ湖は遠い。
朝、あのほとりから出発したんだ。
自分の足でここまで来れた。

f:id:yueguang:20210605174139j:plain

あの双耳峰は谷川岳かな。
今回、谷川岳とここで迷ったのです。
どちらでも天気は良かったと思うけれど、谷川岳は秋に登ろうかな。

f:id:yueguang:20210605174218j:plain

山頂は狭いので、少し下ったところであんパン食べようっと。
濃いブルーの菅沼と丸沼が見える。

f:id:yueguang:20210605174253j:plain


30分ほど休憩して出発。
次の目的地の弥陀ヶ池まで1kmちょい。
ここからは浮石だらけの道。
慎重に下ります。

f:id:yueguang:20210605174336j:plain

雪の斜面、危なくないところではお尻で滑ったり。
天気がいいから、お尻が濡れてもすぐ乾きますから。
 
10:00
弥陀ヶ池
上から見た方がきれいだな。

f:id:yueguang:20210605174418j:plain

 
10:25
弥陀ヶ池と同じ感想を抱きます。
上から見た方が、色が複雑に混ざり合ってきれい。

f:id:yueguang:20210605174527j:plain

 
10:45
水場を通って、前白根山へ標高差200mほど登り返します。
冷たくておいしい。

f:id:yueguang:20210605174611j:plain

f:id:yueguang:20210605175036j:plain

五色沼は、この水をたたえているんだな。

 
11:20
本日2度目の前白根山です。
さっきと違って、雲が優勢になってきています。

f:id:yueguang:20210605174929j:plain

 
五色沼の色も、さっきと違う。

f:id:yueguang:20210605175134j:plain


これから長い下りが待っています。
予定より早いので、チョコで15分ほど休憩。
 

f:id:yueguang:20210605175210j:plain

11:50
天狗平
 
サルノコシカケがついている木があれば「まもなく、あそこから倒れるんだな」
ロクショウグサレキンモドキにつかれた木が割れて落ちていれば「やっぱりきれいな青だなぁ」と思ったり。
樹海で教えてもらったこと、少しは知識になりました。

f:id:yueguang:20210605175334j:plain

登るときに思った通り、急な下りです。
根っこや太い枝、幹や岩に助けてもらいながらゆっくり下ります。
雨のあとは怖いな、滑りそう。

f:id:yueguang:20210605175417j:plain

 
13:20
リフトが見えてきました。
 
13:45
登山口に無事、戻ってきました。
 
宿を出たのが4:20ですからね。
9時間以上です。
こんなに歩いたのっていつ以来だろう。
 
湯守釜屋で預かってもらっていた荷物を受け取り、中禅寺湖へバスで向かいます。
バス停がぽつんとのどかでいいなぁ。

f:id:yueguang:20210605175708j:plain

 
車窓から、戦場ヶ原を眺めます。
天気が悪かったら散歩しようと思っていたけれど、湿原ではなくなってしまったようだし。
秋の紅葉はきれいだろうけど、人もすごいんだろうな。
 
 
あ〜、明日帰ったらすぐに花粉症の薬のまなきゃ!
鼻の中がぽわんとふくれてつまっていて、鼻水とクシャミがとまらない…
 
下山したときにトイレに行って以来、6時間以上たって寝る前にやっと出ました。
水分補給が足りていないことは分かっていたのですが、なにせトイレが途中にないもので…
下りてからがぶ飲みしましたが、ほんとはちょこちょこ飲みしないと、体が受けつけないんですよねぇ…
 
明日登る男体山も歩行時間6時間ですが、やっぱりトイレがありません。

f:id:yueguang:20210605175533j:plain
続きます。
 

日光白根山へ その2

3時過ぎに目を覚まし、昨日買っておいた駅弁で、がっつり朝ごはん。

f:id:yueguang:20210530201536j:plain

駅弁屋のお姉さんがおまけしてくれたお菓子もしっかり食べ、山歩きに不要な荷物をフロントに預けて出発。

歩行時間が9時間の予定ですから、麦茶などを2リットル以上、あんパン(山で食べるのがいちばんおいしい!)、雨具、防寒具、ヘッドランプのみ軽い荷で歩きます。

麓に泊まると、こういうことができるんですよね〜。

 

日光市の日の出は、4時半頃。

f:id:yueguang:20210530201559j:plain

冬はスキー場、夏はキャンプ場の敷地が登山口です。
ここの標高は1480m。
はじめに目指す「前白根山」の標高は2373m。
 
予定としては
  4:20 湯守釜屋
  4:30 登山口(白根沢ルート)
  5:10 堰堤・分岐
  6:40 外山鞍部
  7:30 前白根山
  8:00 避難小屋
  9:00 白根山(休憩)標高2577m 9:40
10:25 弥陀ヶ池
10:40 五色沼(少し散策する)
11:50 前白根山
12:30 外山鞍部
13:20 堰堤・分岐
14:00 湯守釜屋
 
何が何でも守る!というタイムではありませんが、自分の歩く速さを考慮するとともに、景色のいいところでゆっくり時間がとれるよう、そして明るいうちに安全に下山できるよう、地図をよく見て大まかな時間をつかんでおきます。
この時間はメモしておきますが、気にしないで歩いても、たいてい到着の時間はピッタリか、それより早いかになっています。
私は下りに弱く、登りはコースタイムより速いので、計画を立てる段階でそれも含めておきます。
 
出発したころには太陽が昇り、あたりはすっかり明るくなりました。
登山口から最初の分岐までがなだらかなのは、寝起きの体にはありがたいです。
高い鳴き声に振り返ると、鹿が7頭ばかりこっちを向いています。
同じ立ち姿でかわいい~~。
そのバックには深緑色の静かな湯ノ湖。
いい景色を鹿に教えてもらえた。
 f:id:yueguang:20210605162649j:plain
 
今はもちろん動いていないリフトを見ながら歩いて行きます。
最後のリフトが終わったあたりが「堰堤・分岐」
 f:id:yueguang:20210605162738j:plain
 
おぉ~、ここからはなかなかの急坂。
気合を入れないと。
そして、帰りはこれを下るのか…
 

f:id:yueguang:20210605162835j:plain

登山道に雪が残っています。
まだ5月だもんなぁ。
桜らしきものも咲いています。
しばらくしてクシャミが出始めました。
しまった…花粉症の薬なんて持ってきてないよ…季節が遅れているのだから、ここはまだ花粉シーズンだったんだよ…

f:id:yueguang:20210605162940j:plain

歩いているときは「終わりがないんじゃないか」と毎回思います、登り坂では。
腰に手を当て、あごが上がりハァハァと荒い呼吸を繰り返す。
ほんとにつらい。
でも、登り坂には必ず終わりがあって、見たこともない景色が目の前にいきなり現れる。
だからやめられないのかもしれません。
何度も登っている山でも、知っている景色でも、毎回初めてのように感動します。

f:id:yueguang:20210605163028j:plain

さっき見上げていた雪渓が、もう隣にある。
がんばったなぁ…
登山口から1時間で、標高400m上がっている。
これは高尾山と同じなのだけれど、こっちの方がずっとキツイ。
立ったままですが、休んでばかり。
早く早く、この森の向こうにある景色が見たい。
 
6:10
外山鞍部
やっと平らな道を歩ける…
のどかだなぁ。
空と雲と山しか見えない。
 
今まで心地よく聞いていた鳥のさえずりも、4月に行った富士の樹海ツアーのときに教えてもらった「人間(敵?)が来たぞー」という警戒だとしたら申し訳ないなぁ、と思ってみたり。

f:id:yueguang:20210605163204j:plain

静か。
足元の雪は固くしまっているので、それを踏みしめるキュキュという音と、鳥の声だけ。
アイゼンはなくても足裏をフラットに置けば、ここは不安なく通過できました。
白根山からの先の雪が残っているうちは、角度のある下り斜面なので、雪道歩きが不安ならストックと軽アイゼンがあった方がいいかもしれません。
 
6:35
天狗平
 

f:id:yueguang:20210605163301j:plain

これは何だろう?
まぁ、「何だろう」で終わってしまうんです、とくに花に興味がなくて。
そっと手で包んでみると、ぷっくり柔らかかったです。
帰って一応、調べてみたんですよ。
でも分からないので!

f:id:yueguang:20210605163345j:plain

 
7:00
白根山に到着~!
雲と空をうつす鏡のような湯ノ湖が小さく見えます。
深い青緑。

f:id:yueguang:20210605163429j:plain

これから向かう白根山への道が続いています。

f:id:yueguang:20210605163526j:plain

さっきまで長袖1枚で暑かったけれど、さすがに風があり肌寒い。
 
山頂を少し移動すると、青い池が見えました。
あれが五色沼か!
けっこう下るなぁ、帰りはあそこからここ、前白根山まで再び登ってきます。

f:id:yueguang:20210605163624j:plain

気持ちのいい山頂。
音楽を聴きながら、しばし景色を楽しみます。
 
 
続きます。
 

日光白根山へ その1

勤務明け、急いで家に帰ってザックを背負い、東武日光駅へ向かいました。

f:id:yueguang:20210530125244j:plain

快速や各駅を乗り継いだので、家を出てから4時間後に到着。

帰りは、特急にしよう…

でも、田んぼを眺めながら、車内放送で聞く途中の駅名を「どんな漢字なんだ?」って思うのも好きなんですよね。

f:id:yueguang:20210530125521j:plain


今夜の宿は「湯守釜屋」です。

奥日光湯元温泉 湯守釜屋 公式ホームページ

明日は4時半には出発したいから3時には起きなきゃ。

仕事だったから、3時間の仮眠しかとってないし早く寝たい。

夕食をいただいてから寝ると、どうしても21時は過ぎてしまうでしょう。

ということで素泊まりにしました。

日光駅からいろは坂を上り、終点にある温泉です。

戦場ヶ原よりも、まだ先です。

駅からバスと思ったら…1日1本ですが、宿の車で送迎がありました!

素泊まりなのに、バスに乗せていただけありがたいです。

予約時に電話で申し込みが必要です。

姉妹館のホテル四季彩と共同運行のため、満席だった場合は乗ることができません。

f:id:yueguang:20210530160611j:plain

新宿駅で買った、チキン南蛮のお弁当。

電車に揺られてうとうとしているときに、袋が斜めになってたんだよなぁ。

何度も持ち直しているうちに、あっちゃこっちゃ寄ってしまった。

タルタルソースがおかずやご飯の上にまで…

買ったときと、全く見た目は変わってしまいましたが、おいしかった〜。

辛めの高菜がご飯に合う。

肉もおいしかった。

f:id:yueguang:20210530160458j:plain

駅からすぐのファミリーマートで、明日の朝のおにぎりを買おうとしたら、まさかの…棚におにぎりがひとつもないという事態…

駅に戻って、駅弁買いました。

朝、米を食べなきゃ歩けないもん!

f:id:yueguang:20210530160542j:plain

チェックインして、チキン南蛮弁当を食べたあと、登山口を確認しがてら散歩へ。

硫黄の匂いに包まれながら、のんびり新緑の遊歩道を歩きます。

f:id:yueguang:20210530194252j:plain

湯ノ湖を一周できる、歩きやすい道です。
ベンチもあっていい感じ。

f:id:yueguang:20210530194634j:plain

f:id:yueguang:20210530194740j:plain

硫黄の匂いをかぐと、ゆで卵が食べたくなるのはなぜでしょうか。

f:id:yueguang:20210530194456j:plain


腰までつかるほどの釣り人もいます。
何を釣ってるんだろ?
小声で聞いてみたら「マス」とのお答え。
お断りして、後ろ姿を撮らせていただきました。

f:id:yueguang:20210530194545j:plain


湯滝を上から見ることができるとは。
下から見たことしかなかったです。

f:id:yueguang:20210530195047j:plain

階段を下ると観瀑台。

f:id:yueguang:20210530195143j:plain

やっぱりでかいや、湯滝。

落差60mほど、岩盤に沿って流れ落ちています。

f:id:yueguang:20210530195253j:plain

標高1480mの湯元温泉。
長袖1枚でちょうどいい。
300段の階段を上がっても、汗をそんなにかきませんでした。

f:id:yueguang:20210530194923j:plain

f:id:yueguang:20210530195343j:plain

さぁ、あと半周。
シャクナゲドウダンツツジも咲いていました。

f:id:yueguang:20210530195444j:plain


夕暮れの湯ノ湖。
美しい色です。

f:id:yueguang:20210530195531j:plain


ここ、近くにあったら毎日散歩する!
一周40分ほどでちょうどいいし、湖や山を眺めながら歩けるって最高!
元気なら観瀑台への階段を往復すれば、さらに良し!

f:id:yueguang:20210530195620j:plain

湯滝として、あんなに水がどぼどぼ落ちているのに、湖の水位は減らないの?
歩いているときに見える湖は、のんびり波紋を描いています。
激しく落ちてゆく滝と同じ湖の水とは思えません。

あ、鹿が食事中。
おしりがかわいい。

f:id:yueguang:20210530195712j:plain


売店にあった手ぬぐい、ふてぶてしい表情の招き猫とかかわいくて!

7枚も買ってしまった。

バス代、浮いたからいいよね?

って思ったけど、1枚分にしかならないし。

言い訳が必要なのです。

「月とスッポン」にも笑った。

f:id:yueguang:20210530161152j:plain


お風呂、独り占め!

だってみなさん、夕食中ですもん。

ちょっとぬるめだなぁ〜、もう少しポカポカになりたい。

乳白色の湯が源泉かけ流しで、露天風呂もあります。

f:id:yueguang:20210530195807j:plain

すごい注意書きですね。

f:id:yueguang:20210530195857j:plain


今回の山旅のおともは、この2冊です。

f:id:yueguang:20210528211019j:plain

さて、電車で読んでいた「山小屋の灯」の続きを読もう。

この本では、ほとんどが山頂でなく、山小屋がゴールになっています。

泊まったことのある小屋も、通ったことしかない小屋も、まだ行ったことのない小屋も…すごく近くに感じることができました。

お酒が飲めない私には、小屋の人やほかの登山者と酒を酌み交わすということは一生ないことなので、山小屋の夜をこんな風に過ごすんだ~、と驚きました。

以前働いていた山小屋では、みんなヘトヘトで夜ごはんの片づけをしたら、ほとんどが即寝てましたから。


本から引用します。

上高地にある「嘉門次(かもんじ)小屋」の章より。

 

「時代に合わせて変わっていくのは、悪いことじゃない」

「うちは変わり方を知らないだけだから」

山や山小屋にずっと変わらずいてほしいと思うのは、都会から来た者の勝手な言い分だろうか。それでも、と思う。猛スピードで世界が変わっても、穂高の山はいつだって人の心を震わせる。

~略~

わがままだとわかってはいても、やっぱり私はどうしても、そんな山小屋が一軒でも多く残りますように、と願わずにはいられない。



富士山七合目の「日の出館」の章より。

 

登る人も登らない人も、いろいろな人がいていい。好きな山をただ好きなように楽しめば、それでいい。 

 

そうだよね。

明日も楽しく歩けますように。


f:id:yueguang:20210530201338j:plain

f:id:yueguang:20210530194319j:plain

温泉神社におまいりし、行ってきます!


続きます。