山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

みんなのギモン

職場などでよく聞かれます。

「ねぇ、山を何日も歩くんでしょ? その間、何考えてるの?」

私も聞きたい。

強烈な日差しを浴びながら、さらに照り返しで真っ黒に日焼けしそうな堤防でちっちゃい折り畳みのイスに座って釣りをしている人に

釣り竿がピクリと動くまで、何を思っているのでしょう。

無、ですか?

 

私は…無に、なりきれていないです。

急な上り坂に体が慣れていない最初の30分は言い訳ざんまい。

「今日は調子が悪いかも? 寝不足かも? 温泉でのんびりするのもいいかも…」

 

その30分が過ぎれば「調子出てきたな。もうちょっとがんばってみよーっと」

と2回くらい自分を励ます。

でも、急坂の連続で登っても登っても展望が開けないと…

仕事で失敗したこと、怒られたこと、イヤだったことが頭の中にポンポンでてくる。

失敗は大きなものから、こんな小さなものまで。

私は活舌がわるいので、例えば「ととのう」が「ととととととのう」になってしまうことがあるのです。

一度やってしまうと、しばらくはその単語がうまく言えない。

気にして焦るから悪循環なんですよねー。

体がキツイんだから、頭だけでも楽しいこと思い出せばいいのに…つらいことが出てきてしまっている。

かといって、つらいことを「考えないようにしよう!」とは思わないのです、不思議なことに。

考えているうちに、溶けてなくなり、どんどん密度が低くなっているのです。

 

そして、いい景色が見えるあたりまでくれば、もう山のことだけ。

ここに来るまでが長いけれど。

どれだけ反省させられてるんだか。

ここからは全部忘れちゃって、下山した後はどうでもよくなっているから、私には必要なことなのかもしれません。

ストレスがたまりまくっていたときは、こんなステキなところまで自分の脚で登ってこられた私は「とても自由だ」と言葉がぽんと出てきて、すごく解放された気分になりました。

山に入る1歩目から、山のことだけを考えていられるようになる日がくるのでしょうか。

 

f:id:yueguang:20190815150023j:plain

 

みなさんも通勤中や街を歩いているとき、きっと何かしら考えていますよね。

それ、思い出そうとして思い出せますか?

私は思い出せません。

無になろうとしてもムリで、頭の中の引き出しをちょっとずつ開けて中身をポイポイっと放り投げるように、いろんなことが脈絡なく浮かんできます。

 

考えよう! と思ってもいいアイデアなど思い浮かばないのですが、こんなふうに自然に思うままにまかせていると、いきなり道が開けるというか、自分にとっての新しい場所にポンっと着地できるときがあります。

それはいつも山の中でのんびり歩いているときに感じます。

ただ歩く、という行為がいいのでしょうかねぇ。

 

f:id:yueguang:20190815152756j:plain

 

ギモンを投げかけてくれた相手にこう答えると

「山にいるときくらい忘れなよー」と言ってくれますが、忘れよう忘れようとすると、かえって囚われそう。

だから、何が頭に浮かぼうと、思うままにまかせ、その時間をこれからも大切にしていきたいと思います。

 

 

笑ってしまったできごとをひとつ。

以前勤めていた会社で、支社の交流を兼ねて社員旅行がありました。

なんとかっていう建物(興味がないので覚えてもいない)を見るためだけに、けっこう急な石畳の坂道を上っていました。

全員がスニーカーではなく、女性はミュールのような人もいて歩きづらそうでした。

私はずっとトイレを我慢していました。

あ、トイレがある。

添乗員さんにこっそり伝えます。

「ねぇ、トイレ行ってもいい? すぐ追っかけるから」

「上にもあるよ。だからもうちょっとだけ頑張って」

はーい。

…まだけっこうあるなぁ。

トイレを我慢しているときって、不自然な歩き方になりませんか?

それも、第一波、第二波をやり過ごした後なので、本当に切羽詰まってる。

上のトイレが混んでいたらどうすんだよ。

 

無意識に、(山歩きで)足元が悪く、段差が大きいところを昇降するときのような横歩きになっていました。

「あー、登山家の〇〇さんの上り方、マネしよー」

のんびり山歩きをしているだけなのに、支社が違う人たちからはなぜか登山家扱いです。

登山をしている人は増えているものの、私の周りにはあまりいないようで、初めて会う人が興味を持って話しかけてくれるのが嬉しいです。

 

「あ! 歩きやすいね、やっぱり」

そうなのか?

今までつかっていた筋肉と違うをつかうから、楽に感じるのか?


30人ほどいたのですが全員、その歩き方になっていました…横歩きの理由を知っている添乗員さんだけが爆笑してました。

私もひっそり笑いました。

このとき頭の中は、トイレが混んでないかってことでいっぱい。

 

千葉県いすみ市へ その2

大原駅から4つ目の国吉駅で下車しました。

帰りももちろん1時間に1本、乗り遅れないようにしないと。

 

また炎天下、駅から5分かからない距離なのに、車内で冷やしてもらった体からすぐに汗が噴き出てきます。

肌が痛い、痒い…首の後ろが間違いなく真っ赤になっていると思われる日差しの強さ。

 

夷隅(いすみ)不動尊へ。

 

f:id:yueguang:20190813222558j:plain

木彫り、珍しい

両側の天狗が迫力ありますね。

 

f:id:yueguang:20190813222655j:plain

 

次の電車まで時間もありますし、急げば国吉神社にも寄れます。

 

f:id:yueguang:20190813222955j:plain

2つの鳥居

おいしいものも食べたし、大満足。

さて帰りますか。

 

帰りもこの電車だと思っていたら…

 

f:id:yueguang:20190813222351j:plain

 

黄色いのじゃなくて、なんだか古い電車が来た。

しかも急行だから別に300円かかるって。

運賃が330円なのに倍になっちゃうのかぁ。

4つしか乗らないんだから、そんなに変わらないと思うけどな、ちぇっ。

 

でも乗ります。

乗らなければ1時間、蒸し暑いホームにいるしかないのだから。

 

乗ってビックリ。

扇風機が古っちい! なんじゃ、こりゃ。

 

f:id:yueguang:20190813223436j:plain

 

しかもJR西日本って?  ここ千葉よ。

説明を見ると、この車両は昭和39年に製造され、平成23年(今は平成だと31年)まで富山県高山本線で実際に使われていた車両とのこと。

 

俄然、興味がわいてきました。

すぐに終点に着いてしまう。

キョロキョロ観察します。

  

栓抜きが窓の下に付いてる。

こんなの初めて見た!

やってみたい…けれど瓶の飲み物なんて持ってない…

 

f:id:yueguang:20190813221351j:plain

ここで開けるために瓶を買いたかった

窓も下から持ち上げるタイプ。懐かしい。

昔はバスもこうだったなぁ。 

子どもの頃、重くて持ち上がらなかったっけなぁ。

 

f:id:yueguang:20190813221501j:plain

 

もらった時刻表、ツッコミどころが満載なんですよ。

104Dと66Dを見てください。

私が乗った国吉駅から大原駅は4駅なので普通と変わりませんが、いくら途中まで普通列車とはいえ、一応「急行」なのに…停車時間が長いもんだから、着く時間が普通(1時間4分)より10分遅いってアリなんですか?

おもしろい!

急行ってしなくていいじゃん。

 

f:id:yueguang:20190813220320j:plain

比べてみてください

隣の車両のテーブルがちらりと見えて気になっていまして、みなさんが下車したあとに入らせてもらえたので観察しました。

 

f:id:yueguang:20190813221628j:plain

駅弁食べたくなりますね

ホンモノの網棚がありました。

 

f:id:yueguang:20190813221738j:plain

 

そして2両のせいか、ホームからはみ出てる。

 

f:id:yueguang:20190813221851j:plain

f:id:yueguang:20190813221929j:plain

何十年もがんばってるんだなぁ

 

JRといすみ鉄道あわせて7時間ほど、のんびり電車に揺られた日帰り旅行。

1回分だけ残った切符、もう使えないかもしれないなぁと新宿に着いたその足で金券ショップへ売りに行きました。

いくらで売れたと思いますか?

3,800円です。

11,850÷5=2,360が、なぜか3,800円に。

あと1ヶ月くらい期限が残っていることもあり、残り回数が少ない切符は需要が多いそうです。

全部使いきれないかも、と思ってもとりあえず3回分くらい使う予定があるなら買って、いっぱい乗って、もう乗らないかもと思ったら期限が多く残っているうちに売ればいいんですね。

初めて売りましたが、これからは「使い切れないかも…」と思わずに、躊躇なく青春18切符を買えそうです。

次は12月、またこの切符でどこかへ行こうかな。

 

千葉県いすみ市へ その1

先月、東北への旅へ連れて行ってくれた青春18切符の残りで、どこ行こう。

 

サービス業のためシフト勤務なのですが、山の日3連休は偶然お休みでした。

天気は悪くなさそうだけれど、観光地は絶対どこも混んでいる。

涼みに山へ行くにしても 、高速バスで行くのはなぁ…渋滞だろうし。

到着が何時になるかがある程度読めないと計画も立てられない。

 

こんなときは山へ行かず、地図を見てテキトーに選んだり、行ってみたいなぁと思っていた場所へ。

都内はすいていそうだけれど、JRで旅するという目的がありますので。

日帰りですから、千葉・埼玉・神奈川・山梨から選びます。

日光東照宮に行ったばかりのせいかそういう場所が浮かび、お不動さまのいるお寺に行くことに決めました。

私は不動明王大日如来が好きなのです。

房総半島の東、いすみ市に2つのお寺があるようなので、そこにします。

 

朝早く起きて新宿へ。

新宿駅では駅員さんのいる改札で、今日の日付の入ったスタンプを青春18切符に押してもらって入場します。

急ぐ旅ではないので、総武線の各駅停車でうとうとしながら千葉駅へ。

外房線に乗り換えて大原駅へ。

途中、横殴りの雨にちょっとひるみます。

傘、ないけど…あ、晴れた。ラッキー♪

 

雨上がりの炎天下、15分ほど歩いて波切不動尊へ。

茅葺屋根が天使の輪のように光っています。

あまりにそろっていて、茅葺と気づかなかった…

 

f:id:yueguang:20190813205513j:plain

キレイにそろっていて美しい…

ここへ来る途中、「大原漁港入口」という信号がありました。

漁港が近いの?

なんかおいしいもの、食べられるかも…

そして向かった「船頭の台所」

一般のお宅のような玄関から階段を上ると、港が見える大きな窓から光が入り、とってもきれいな店内でした。

期待が高まります。

メニューはこちら。

船頭の台所 | お品書き

 

他にオススメのようなボードを渡してくれます。

そこにあった「シラウオ丼」を注文。

ほかに「たこ飯」「いかなめろう天ぷらハーフ」

いかのなめろう

アジのなめろうはよく食べるけれど。

そしてなめろうが天ぷらに?

字ばかりのメニューなので、味も見た目も全く想像できずに注文しました。

 

たこ飯は、コンロにセットされた状態ですぐ運ばれてきます。

火が消えたら食べていいとのこと。

焦げていい香りを放つ汁がときどき、ジュワっと吹きこぼれます。

 

そしてシラウオ丼が到着。

 

f:id:yueguang:20190813210838j:plain

おいしいよぅ…

きれいです。

そしておいしいです。

生シラスのようにねっとり感は強くなく、食感がいい。

ショウガも添えられていますが生臭くなく、夢中で食べました。

 

f:id:yueguang:20190813211436j:plain

体長5センチほど

そして、大葉にくるまれたなめろう天ぷらが。

なぜか追加してしまったゲソ天もすごい量です…

f:id:yueguang:20190813211747j:plain

 

これ、いか?

ほろほろして、おいしい。

なめろうといえば、アジなどをたたいて味噌やショウガであえたもの、と思っていました。

なめろうでイメージするのとは違う、上品な味。

他のテーブルには、天ぷらじゃない「いかのなめろう」が運ばれてきています。

あれはどんな味なんだろう…?

たこ飯も香りまでおいしくて満腹…さすがに無理、もう食べられない。

 

f:id:yueguang:20190813214208j:plain

いい景色です

漁港を散歩して大原駅へ戻ります。

あちゃー、1時間に1本の電車が行ったばかりです。

電車の時間、分かってはいたけれど、寄り道するとどうしてもね…

近くの神社にこんなりりしい狛犬がいたりするもんだから。

ねじり鉢巻きがお似合いです。

 

f:id:yueguang:20190813214751j:plain

さすが、海の近くの神社ですね

大原駅からいすみ鉄道に乗り、もうひとつのお寺へ向かいます。

JRではなく、Suicaなども使えないとのことで券売機へ並びます。

ホームには1両のかわいらしい電車が到着しており、写真を撮っている人が数名。

真似して撮ります。

 

f:id:yueguang:20190813215208j:plain

黄色がかわいらしい

どうやら菜の花の季節が有名らしい。

菜の花の黄色と、車両の黄色。

すてきだろうなぁ。

 

f:id:yueguang:20190813215356j:plain

のどかだなぁ

f:id:yueguang:20190813215428j:plain

どこまでも

単線ってそれだけで、ぐっときますね。

まっすぐなところも。

 

f:id:yueguang:20190813215620j:plain

 

走っている電車の窓に切り取られる、刷毛ですっと塗ったような緑のグラデーション。

スマホの画面ばかり見ているのがもったいない。

 

このときまでは「電車の写真を撮る」ということに全く興味がなかったのですが、この電車に乗った途端にカメラを向けたくなりました。

そして帰りの電車でも。

 

続きは次回…