山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

もっとお花見したかった… その2

3月26日の午後、週末は不要不急の外出を自粛するよう首都圏の知事から要請が出ました。
そのとき、ちょうど今年最後になってしまうお花見散歩をしていました。
この記事は、そのときのものです。

これからは歩くだけもダメなのか…
スーパーでは食料品の買いだめも始まったようで、ガランとした棚が映し出されていました。
トイレットペーパーの次は食料品かぁ…。
何ヶ月籠城するの? というくらいに、いくつものカゴに山盛りのインスタントラーメンや冷凍食品。
ま、いいや。
米はこの前買ったばかりだし、会社から創立何周年かなんかでくれたレトルトカレーもある。
サバの味噌缶もあるし、青汁パウダーやトマトジュースもある。
トイレットペーパー、最後のひと巻を使い始めたらタイミング良く買えたし、物流が停滞しているわけではないから、食料品だって足りなくなる前に買える。


f:id:yueguang:20200327122932j:plain

桜、もう散り始めていますね。
明大前駅から歩き始めました。
桜がいっぱいの明治大学、卒業式なのか、校舎の前で写真を撮る子たちがちらほら。

神田川沿いに出ました。
このあたりの桜には思い入れがあります。
高校を卒業してすぐ、いろんな仕事をしてみたくてバイトを3つ掛け持ちして、休みなく働いていました。
そのうちの1つが、5年続けたヤマト運輸の早朝仕分け。
5時前に出勤です。
まだまだ暗い。
1年のうちのたった1週間ほどですが、この季節はほんとに出勤が楽しみでした。
濃紺の空にぼぅっと浮かぶ桜が本当に美しくて。
ゆっくりゆっくり自転車を漕ぎながらの出勤でした。
毎日毎日、自然と笑みがこぼれました。
あれ以上の桜の思い出、まだありません。

永福稲荷神社でおまいり。

f:id:yueguang:20200327122340j:plain

神社からすぐの踏切を渡り、永福町駅に到着。
ここの大勝軒にも通ったなぁ。
仕分けが終わって、昼前だからお腹がペコペコで。
猫舌でなかなか食べ進まないもんだから、どんどん麺が増えて、いつまでたっても食べ終わらない。
常に大盛り状態。
今、あんな量を食べられるかなぁ…

f:id:yueguang:20200327122616j:plain

食べ物と記憶、ってほんとに結びついていますね。
大勝軒を見ただけで、一緒にバイトしていたおばちゃんたちを思い出します。

さて、本日はラーメンではなくピザです。

https://www.piccolatavola.jp/particular#a03

「ラ・ピッコラ・ターヴォラ」
食べ終わって満足して、外に出て気づきました。
このお店はどうやら、有名店だったようです。
ミシュランとか、いろいろシールが貼ってありました。

f:id:yueguang:20200327205337j:plain

ランチはランチコースのみ。
・手長エビのトマトクリームパスタ
・ピザはハーフ&ハーフができたので、半分はマルゲリータに生ハムとルッコラをトッピング(+500円)し、半分はニンニクとソーセージのマチェラータ
を注文。

f:id:yueguang:20200327123109j:plain

ピザは直径30cm!
一人前にしては多くないですか…みなさん、食べ切れるんですか?

f:id:yueguang:20200327123212j:plain

トッピングした生ハムとルッコラの量がすごい!
そして、生ハムもとてもおいしかったのですが、ルッコラのおいしさにビックリ。
ルッコラって…苦い葉っぱ、くらいのイメージで…トッピングしておきながら、あまりに苦かったら抜こうと思っていた。
それなのに、おいしい!

デザートには、ティラミスとピスタチオのジェラート
どっちもおいしい…至福…
ピスタチオの粒が残っている感じが最高!
デザート、もっと食べたかったなぁ。
あまり、こう思うことないのですが。
それくらい、おいしかった。

お腹いっぱいになりました。
桜を楽しみに、永福町駅から善福寺川を目指します。
あ~、太陽が気持ちいい。
川沿いの散歩道はぽかぽか、いい陽気です。
ベンチでのんびりしている人たちも笑顔。
上を向いて歩くと気分がいい。
桜はもちろんきれい。
ユキヤナギも好き。
白と黄緑って組み合わせ、爽やかで好きです。
陽を透かしたモミジ。
みんなみんな、きれいだなぁ〜。
風が吹くと、ふわぁっと桜吹雪。
その花びらを手で受け止める真剣な横顔の女の子。
かわいい!

f:id:yueguang:20200327204409j:plain

あたりを見ると、少人数でお弁当などを食べながら、みんな静かに桜を見上げている。
こんな花見のほうがずっといい。
自分がお酒を飲まないせいか、花見とか言いながら騒いでいる人たちがフシギなんです。
騒ぐなら桜の下じゃなくてもいいんじゃない? と。

f:id:yueguang:20200327205422j:plain

善福寺川と五日市街道が交差したあたりが、杉並区の成田東です。
近くに児童交通公園があります。
川の両側が桜。

f:id:yueguang:20200327204326j:plain

この風景が好きです。
まだまだ蕾の木もあります。
これからも楽しめそうなのに…自粛…
水面を花びらが流れていきます。

頭上を桜が埋め尽くす好きな場所がもうひとつ。
三鷹駅調布駅を結ぶ三鷹通り。
三鷹駅から、調布航空宇宙センターあたりまでが桜並木なのですが、本当にきれいなんです。

f:id:yueguang:20200327204457j:plain

この成田東に、大好きな焼き鳥屋さんがあります。
昔、杉並区に住んでいた頃、よく自転車で買いに来ました。
今は原付ではるばる通っています。
もう30年近く買いに行っているんです。
肉がついているナンコツ、ももニンニク、せせり、鳥ハラミ…あぁ、今、食べたい!!

ここから吉祥寺にバスで移動します。
本日の最終目的地、井の頭公園

f:id:yueguang:20200327205556j:plain

この公園、は前の職場への通勤経路だったので、春と秋は通るのが本当に楽しみだった。
桜や紅葉は、通勤途中にふと見るのがいちばん心に残るのかも。

f:id:yueguang:20200327204827j:plain

ボート乗り場には行列!
池にかかる桜の真下で写真が撮れるからですね。

f:id:yueguang:20200327205049j:plain

来年は、みんなで心ゆくまで桜を楽しめますように。
今年は通勤経路の桜を、ひとり静かにめいっぱい楽しませてもらおうと思います。

3月28日追加:
都内では、上野公園・代々木公園・井の頭公園の桜が多く咲いている場所は、立入禁止となりました。
目黒川は、生活道路ということもあり立入禁止にはなっていません。

やっぱりお花見したい その1

明け休み、ちょうど桜が満開のところが多くなっていました。
桜をみたい!

以前は入学式に満開だった桜は、卒業式に満開になるようになってしまったんですね…
今年だけのことではないですから、温暖化は本当に深刻なのだと思います。
昨年のような勢力の台風が当たり前のようにくるようになったら…
水面の上昇で水没してしまう国もあるという報道もありました。
東京でも低い土地が多くありますし、他人事ではありません。


さて、桜ですが…
お腹がぐぅぐういっています。
まずはご飯!
串揚げの「串の坊」

https://isetan.mistore.jp/store/group/isetan_kaikan/shop_kushinobo.html

おまかせコースを注文。
お腹いっぱいになったらストップの声がけをします。
15年くらい前に食べたときは、余裕で一周(用意されている串を全種類食べる)できたけれど、今は40歳を過ぎた身。
そんなことをしていいのか。

1本目の芝海老しそ巻…なんておいしいんだろう。
やる気スイッチならぬ、食欲スイッチは完全にオンになりました。
すいている時間に入店したものですから、どんどん揚がって目の前に置かれます。

f:id:yueguang:20200325225817j:plain

ホタルイカ、明太子、砂肝、ミョウガ、セロリ、蕗、コンニャク、レバーなど、揚げ物となっている姿をあまり見ないネタもあり、パクパク食べ進んでいきます。
あ、タラの芽だ〜。
山菜、大好き!

f:id:yueguang:20200325231715j:plain

本日は一周41本だったようです。
少々お腹がふくれていますが、完食!
「久しぶりに完食した人を見た」
と、板さんにも言ってもらえ(?)ました。
特においしかった蟹のキス巻、芝海老しそ巻を再び頼み、赤出汁でしめました。
さすがにご飯は食べられなかった。

私も満腹ですが、こちらもハラいっぱいですね…

f:id:yueguang:20200325230410j:plain

日も暮れてきました。
本日のお花見スポットの常圓寺へ向かいます。

f:id:yueguang:20200325231242j:plain

場所は、東京医大の裏。
最寄り駅は丸ノ内線西新宿駅ですが、各線の新宿駅からもすぐです。

f:id:yueguang:20200325230857j:plain

http://www.joenji.jp/sp/blog/event/%e6%a1%9c%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e5%a7%8b%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%ef%bc%81%ef%bc%81/

高層ビル郡に囲まれた桜。
ここがどこなのか、一瞬分からなくなります。

f:id:yueguang:20200325230938j:plain

18時から21時までライトアップされていて、本当に美しい。
大きな枝垂れ桜。

f:id:yueguang:20200325231129j:plain

来てよかった。
明日は青空の桜を見に行こうっと。

帰りの電車で、なぜか左右違う靴をはいていて、なおかつ、両方とも右のスニーカーの女性がいました。
なんでよぅ?

f:id:yueguang:20200325231852j:plain

春の南房総へ その2

今回の旅行では天気が良かったのでバイクを多く見たのですが、目についたのがキャンピングカー。

公共交通機関を使うのを避けている人もいるのでしょう。

菜の花の黄色が鮮やかで、春は南房総に来たくなります。 

f:id:yueguang:20200323122357j:plain

 

今日は、南房総に来たときにご飯に寄る3軒をご紹介します。

 

■「オドーリ・キッチン」

南房総市白浜のイタリアンレストラン オドーリ・キッチン

ここはランチでよく行きます。

f:id:yueguang:20200323121650j:plain

外を眺めながら食べるのが気持ちいい。

テラス席もあります。

内装が白と青でリゾート気分が盛り上がります。

 f:id:yueguang:20200323121716j:plain

季節のパスタもあり、毎回違うものを頼んでいます。

前菜のプレートの左にある、わらさのなめろうなめろう:青魚の身に味噌、ネギ、シソ、ショウガ、ミョウガなどを混ぜ包丁で細かくたたいたもので南房総の郷土料理)がおいしくて〜。

 f:id:yueguang:20200323121745j:plain

今回は、「菜の花とエビのジェノベーゼ

デザートは「桜香るチーズケーキ」を選びました。

ランチには小さくカットされたケーキがつけられるのですが、そのベリーのケーキがおいしかったので、さらに頼んでしまいました…

桜香る、なんてネーミングにくらっときまして。

言葉ってすごいですね。

f:id:yueguang:20200323124710j:plain

夜は送迎もしているようなので、車じゃない方や、みんなでワインを飲みたい!

そんなときは相談してみてはいかがでしょうか。

 f:id:yueguang:20200323121810j:plain

 f:id:yueguang:20200323121831j:plain

 

■房総半島の先っぽの千倉にある「浜の郷」

浜の郷 (ハマノゴウ) - 千倉/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

昼でも夜でもいいですが、大人気の「大漁丼」は20食限定なので夜には売り切れていることが多いです。

その場合は「浜んご丼」という海鮮丼があります。

 f:id:yueguang:20200323121914j:plain

ここで必ず頼むのが、アジのたたき。

ホワイトボードのお造り欄にアジがあれば、たたきにしてくれます。

そしてアジをのっける大盛りご飯。

カマンベールチーズのフライも毎回食べてます。

シメ(さっきもご飯食べてんじゃん、と自分でも思いますが)のアジ茶漬けは、荒くたたいたアジのなめろうが載っています。

f:id:yueguang:20200323122004j:plain

浜の郷で食べると、アジって本当においしいなぁってしみじみ思います。

天丼はかなりのボリューム。

クジラ料理もあります。

おいしくて安いので、いつも混んでいるイメージがあります。

予約をオススメします。 

 

館山駅近くの寿し甚

寿し甚 (すしじん) - 館山/寿司 [食べログ]

行くときか帰るときに寄っています。

頼むのは地魚寿司10貫セット。

これにあら汁がつくのですが、すまし汁仕立てなんです。

味噌仕立てはよく見るけれど、このすまし汁がおいしいんです…

この10貫セットにウニを1貫つけて、3,000円ちょっと。

普段は回転寿司ですが、あまり変わらないお値段で本当においしくて、いつも満足しています。

 f:id:yueguang:20200323122149j:plain

 もう一人前いける…

f:id:yueguang:20200323122231j:plain

 

 

春の南房総へ その1

快晴のアクアラインを走り、混雑でノロノロとしか進めない駐車場でやっと車を止め(一方通行なのでしょうがないのだけれど、出口を越えたあたりに駐車すると、出るためにまたノロノロと一周しないといけない…)、まずは腹ごしらえ。

f:id:yueguang:20200323120725j:plain

あの大きな半円は、なんだ?
食べたあとで見に行こう。

f:id:yueguang:20200323120809j:plain

眺めのいいカフェレストラン「オーシャン・キッチン」でアサリのココナッツ・カレー。
ほかにエビとホタテが入っていますが、具は少なめ。
小さなナンとライス。
足りない…
アサリ丼のミニサイズとアサリラーメン。

f:id:yueguang:20200323120841j:plain

ハラが満たされたら、さっきのでかい半円だ。
何度も海ほたるには来たことがあるのに、初めて気づいた。
なんと!
これは、海底トンネルを掘り進んだシールドマシンのカッターフェイスの復元だそうです。
8基のシールドマシンが浮島~風の塔~海ほたるの各人工島から発進して、それぞれの区間の中央までカッターフェイスを回転させて掘り進みます。
海底の地盤の中で接合して、1994年の夏から2年かけて全長9.5kmの2本のトンネルが完成しました。
このマシンの直径は14.14mで世界最大規模とのこと。
断面の説明も、半円の前に置いてあります。

f:id:yueguang:20200323120932j:plain

そういえばドキュメンタリーで見たことがある。
海の中にトンネルを作るなんてすげー、とハタチ前後の私はびっくりしていました。

できたばかりの頃のアクアラインは、通行料金が高くあまり利用されていませんでした。
でも、こんなに大変な工事なら高い料金も仕方ないと思っていたけれど…
今は普通車だと、ETCなら800円、それ以外は3,140円。
こんなに料金が違うの知っていましたか?
ETCだと、国と千葉県が割引分を負担してくれるのでとても安いんです。

個人的には夜、木更津から帰るときに目の前にどーんと現れる、要塞のような海ほたるが好きです。
海の上にこんなものが浮かんでいるなんて。


千葉県に入りました。
館山方面へ走ります。
鋸南保田ICの目の前に、新しい道の駅があります。

f:id:yueguang:20200323121111j:plain

2014年に閉校した保田小学校を道の駅として、活用しています。
教室に宿泊もできます。

f:id:yueguang:20200323121043j:plain

でも、なんだかきれいすぎて…
閉校した小学校をそのまま使うわけにはいかなかったのでしょうが、「学校のような建物」と「学校」はやっぱり違って、違和感を覚えてしまいました。
こんなカレーを食べたりすれば、小学校の頃の記憶を思い出したりするのでしょうか。

f:id:yueguang:20200323121149j:plain

この鋸南保田ICから行ける花の名所に「佐久間ダム」があります。
残念ながら水仙と早咲きの桜は終わってしまっていて、ほかの桜はぷっくりとした蕾でした。
桜の木がたくさんあったから、満開になったら圧巻だろうなぁ。

f:id:yueguang:20200323121228j:plain

そこから崖観音へ。
がけかんのん、とそのまま読みます。
崖にへばりつくように建っているから、崖観音。
少し高台にあり、ちょっと曇ってきてしまいましたが海も見渡せました。
気持ちいい!

f:id:yueguang:20200323121311j:plain


南に行くほど、昨年の台風被害が残っていました。
青いビニールシートの覆われて重しを置いた屋根が、まだまだいくつもあります。
私が泊まった、知人の会社が持っている南房総のリゾートマンションも、バルコニーの隔て板がなくなったまま。
全部、風で吹き飛んでいったようです。
隔て板より修理しなくてはならないところが、もっともっとあるのでしょう。

f:id:yueguang:20200323121358j:plain

青っぽい銀色の波がギラギラと光っていて眩しい。
昨夜の風がまだ残っていて、波は大きく大きくうねり、砕けるたび白い帯のようにたなびいています。
ただ、その景色を眺めているだけで時間がたっていきます。
山が好きだけど、やっぱり海も好き。
磯の香りをかぐと、なぜかなつかしいと
思ってしまいます。

f:id:yueguang:20200323121433j:plain

目を覚ませば上高地

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

花粉症という理由だけでなく、新型肺炎の流行のため、山へ出かけるのも控えめににならざるを得ない状況で…山のブログとしながらも今はあまり山の記事を書けずにいます。

今回は、夜のバスタ新宿(巨大バスターミナル)について書きたいと思います。
あえて「夜」としたのは…昼とは全く雰囲気が違うと思うからです。
どこかへ出かけようとする人たちの高揚感が漂うのは、昼も夜も変わりません。
移動が日常になっている方も中にはいらっしゃると思いますが、多くの方にとっては高速バスに乗り込んでどこかへ向かうのは非日常。
もちろん私にも非日常です。
「山に行く」か「旅行」かのときですもん、バスタ新宿を訪れるときは。

夜は違う、と感じるのはきっと、夜だからこその興奮感。
なんと説明したらいいのか…
数年前に職場の人たちと、新宿の高田馬場にあるグラウンドを借りてソフトボールをしていました。
そのソフトボール大会、仕事後(&翌日も仕事)もかかわらず、何回目かにはいくつかの支社から40人ほど集まったりするようになりました。
なぜだか分かりますか?

ナイターだったからです。
小さい頃、野球少年だった同僚もいますが、みーんな
「夜の球場っていいね!!」
と言い合っていました。
楽しそうなみんなの顔を見るのが、とっても嬉しかったです。

ソフトボールやりたいなぁ〜」
で始まった集まりが、
「ナイターでソフトボールができるんだよ!」
になり、参加する人が増えました。
グラウンドに足を踏み入れた瞬間、みんな
「うわぁ」
と笑顔になっていました。

昼間の球場より、ワクワク度は何倍も増していました。
強い光に照らされた芝は昼間よりも白っぽく見えますし、「眩しいね〜」なんて言い合い、ボールを追いかけるだけなのに…
なんでしょう! この楽しさは。
初心者でも参加しやすいよう、ルールはゆるく、守備もやりたい人は全部出ちゃうので、外野にスキがない。
おもしろかったなぁ。
またソフトボールをやってみたくなりました。

バスタ新宿に話を戻します。
目を覚ませばそこは登山口。
たとえば上高地
槍ヶ岳穂高連峰蝶ヶ岳常念岳~燕岳、笠ヶ岳などなどの玄関口です。
この山域には、夜行バスを利用すれば2泊で歩ける山が目白押しです。
サービスエリアで3回休憩がありますし、到着まで熟睡できる人は限られているでしょう。
新宿で乗り込んで、次に目を覚ませば上高地
というわけにはいかないけれど(それは疲れすぎだと思います)、それでも日常からのワープ感がますます気分を高めてくれます。

上高地へは朝に出発するバスもあります。
夜行バスと違って体は疲れませんが、高揚感が違うんですよね…。
私だけ?
もちろん山に行くワクワク感は変わらないのですが、夜のバスターミナルに満ちている空気が違うんでしょうね。
白馬や飛騨高山(平湯を通るので、穂高方面)など、それぞれのバス乗り場には大きなザックを背負った人の列。

思い出すだけでワクワクしてきました。
上高地の清々しい空気を吸いながら穂高連峰を眺め、
「よーし、今日はあそこまで歩くぞ!」
と、1歩を踏み出す。

今年もそんな夏と秋を過ごしたいと思います。

f:id:yueguang:20160831093726j:plain