山、はじめます。

生きていれば、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちにさせてくれる。

久米島でダイビング

ダイビングは沖縄・久米島のダイビングショップ、DIVE ESTIVANT(ダイブ エスティバン)へ

今日だけなんですよね、晴マーク。

あとは、ずーっと雨と曇。

風さえ強くなければいいけれど…

ともかく、今回はおそらく、今日のダイビングが最高だと思います。

楽しむぞ~。

 

初めてのショップは緊張します。

ボートなどの使い勝手はもちろん、段取りなどわからないことだらけ。

ショップによって、全然違いますから。

 

1ダイブ目は「マンタステーション」

船長さんが「1ダイブ目は、どこ行くかお客さんに決めてもらうか」

周りをチラッと見まわしても、誰も何も言わない。

では、言わせていただきます。

 

はい!

マンタが見たいです!

「朝イチだと出るかわからないけど…透明度もいいかわからない。行ってみてになるけどいい?」

もちろんです!

さぁ、出発~。

 

見れたらいいな、マンタ。

今まで遠目で見たことはあるのですが、至近距離ではありません。

追いかけたって、追いつけるわけありませんしね。

 

お尻から海へドボン。

体を縦にした途端、流れにもってかれ、船底に頭をゴチン。

こりゃ危ない。

すぐに潜降します。

 

京都の庭園みたいな模様だ。

なに、この透明度〜。

20mはある。

よかった!

 

マンタを見るときは、マンタの通り道を邪魔しないように、根(海中にある隆起しているところ)のトップではなく、真ん中あたりから見上げる感じにしなさい、とのこと。

 

10mくらい先を泳ぐガイドさんについていこうと、根の上にヒョイと上がったら…

目の前に、いきなりマンタがいた。

動けませんでした。

山で熊と出会ったときはすぐ動けたのに。

しかもビックリして反射的にシャッターを押したらしく、上の写真が撮れていました。

ピントが合ってます。

奇跡。

背景に見えている泡が、ガイドさんのものですね。

ここで水深10mほど。

体験ダイビングでも潜れる水深です。

こんなに浅いところで見られるなんて。

久米島の新マンタスポットに注目! ダイビング&グルメ&観光情報|エリア情報|Marine Diving web(マリンダイビングウェブ)

 

こんなに大きいんだ…

このマンタは、ちぎられたようにしっぽがない。

 

今思えば、根から後退して、深度を下げなければいけなかったんです。

最初に言われていたのに、ごめんなさい。

這いつくばって、泡を直接ぶつけないようにするのが精一杯でした。

 

ドックン。

ドックン。

 

何の音だろう?

すごくうるさい。

 

自分の鼓動でした。

驚くほどの音量です。

 

手をのばさなくても届くほど近く、頭上を何度も旋回して、去っていきました。

気づいたら、マスクの中が曇るくらい、涙が出ていました。

 

マンタが根から少し離れたときに、そろそろと移動してガイドさんの近くへ。

 

そのあとも、2回遭遇。

そのたびに呼吸がとまってた…

ダイビング中は、呼吸とめちゃダメなんですけどね。

 

この1ダイブのために、今回、久米島に来たんだ。

忘れられないダイビングになりました。

 

 

「エイ」と「マンタ」の違いって? | ことくらべ

 

昼に到着する人を待つため、早めのお昼ごはん。

タコライスでした。

吐いたから、お腹は空っぽです。

30分かけてやっと完食。

まだまだ時間があるな。

奥武島(おうじま)へ渡る橋まで歩いてみるか〜。

 

奥武島には、畳石という観光スポットがあります。

直径が1〜2mの五角形、六角形の石が、亀の甲羅のように接着して広がっています。

橋を渡ってからさらに距離があるので、畳石までは行かずに、海沿いの石の上を歩き、王冠(勝手に名付けました)へ。

船から見ると、王冠に見えるんですもん。

天気がいいって、最高だ。

 

2ダイブ目は「イマズニ」

色がなぜか変に写りましたが、バイカナマコ。

ほんとはもう少し茶色っぽかったのですが…

なんで?

真ん中に横たわる30cm以上あるナマコです。

イカとは、梅花のこと。

私は、星形だなぁ〜と思ったのですが、梅の花か。

なるほど。

この近くに、ナマコの触手がありました。

これで餌をとるのです。

攻撃されたときは、こういうのをもっといっぱい出します。

 

ナンヨウハギがわらわらと。

こんなにいっぺんに見たのは初めて。



セダカギンポです。

5cmくらい。

 

モンガラカワハギ。

派手でかわいくて好き。

 

ツバメウオのペア。

成長するにつれ、どんどん姿が変わります。

ツバメウオ - Wikipedia

 

ここでのメインは、ガイコツパンダホヤ!

10月半ば〜5月上旬くらいまで見られるそう。

爪くらいの大きさです。

ほんとに、パンダのガイコツだ。

正式名称はないですが、この名前がピッタリです。

 

 

3ダイブ目は「シチューガマ」

シチューをつくるお釜ではありません。

シチュー(と呼ばれている、地味なイスズミという魚)が住む穴、という意味だそうです。

でも、もうイスズミはそんなに数がいないんですって。

 

ここでは、ハナゴイの求愛を見ました。

私のカメラでは、まぁ、うまく撮れませんがこんな魚。

ハナゴイ - WEB魚図鑑

目では見たけれど、写真には残せなかったので、こちらをご覧ください。

きれいですよ~。

赤い背びれがピンとたち、メスにアピールするときにはしっぽが黄色くなります。

 

L字の洞窟の中には、アカマツカサの群れ。

 

洞窟から出たら、今度はノコギリダイとアカヒメジの群れ。

黄色い点がノコギリダイ。

黄色いラインがアカヒメジ。

どちらも黄色が鮮やか、青い海の中で映えます。

なぜ、白と黄色なのに、アカヒメジなのか?

しかもヒメジって、たいてい砂地の海底を這うようにしているイメージだけど…

と調べてみると、とてもわかりやすい説明が!

海のいきもの アカヒメジ~白黄なのに何故に赤?|Marine Diving web(マリンダイビングウェブ)

私も以前、ホンソメワケベラにクリーニングされて色が変わった個体と、まだの個体が並んでいるのを、宮古島で見たことがあります。

下の写真がそれ。

白いほうの口元にいるのが、ホンソメワケベラです。

 

モンツキカエルウオが2匹。

1匹は卵を口で保育しているようでしたが、写真ではうつらなかったなぁ。

 

今日潜ったのは、北東のポイントですね。

マンタステーションは、イーフビーチからすぐです。

明日から北の風、北東の風になります。

今日のポイントは、いずれも10〜15分で到着しましたが、風をよけて島の反対側へ行くとなると、ボートの時間も長くなる。

5mの波でそれは、私にはムリです。

風は数日続くとニュースでやっていました。

もしかしたら、今日しか潜れないのかもしれません…

でも、それでもいいやと思えています。

マンタを見たときの、自分の鼓動の音もハッキリと覚えてる。

ほんとにほんとに、今日潜れてよかった。

 

 

結局、そのあと2日間、船は出せなかったそうです。

展望風呂から見ても、すごい白波だったもんな…

「うねりを伴う高波に注意しましょう」

って、ニュースで言ってました。

Windyで見たら、真っ赤っ赤ですもん。

潜れる気がしない。

ボートに乗れる気もしない。

 

今回は、たった1日。

でも、最高の1日でした。

 

 

さよなら、またね。

久米島ごはん その1

久米島で食べたものをご紹介してもいいですか…

結果的に「食の旅」みたいになってしまったものですから。

 

1日目の夜:サイプレスリゾート久米島

レストラン | サイプレスリゾート久米島【公式】

このホテル付近は飲食店がないので、車がないと食べに出るのは難しそう。

レンタカーがないなら、タクシーですね。

帰りは真っ暗でしょうし。

レストランに入る前に、ちょっと外に出て振り返ったら…

さすがリゾートホテルという佇まいでした。

・車海老を、塩焼きと天ぷらで

・自家製豆腐 茄子と生姜の麻辣醤ソース

・紅芋の冷製スープ

・島野菜のピクルス

久米島は、車海老の出荷量が日本一だそうですよ。

塩焼きは車海老だけでしたが、天ぷらにはゴーヤや紫芋なども添えられていて、得した気分。

島野菜のピクルスも頼んだけど、こないなぁ。

サッパリしたかったんだけど。

ま、いいや。

紫芋の冷たいスープは、いいデザートになりました。

 

 

2日目の夜:海坊主

居酒屋 海坊主(久米島/居酒屋) | ホットペッパーグルメ

約15年前にツレと来ているんです。

すごくおいしかった記憶があったのですが…

メニューは、こんな感じだったっけか?

2年前に、今の場所へ移転しています。

 

・づくし鍋(もずく、車海老、島豆腐など)

・中味イリチャー(豚のホルモン)

海ぶどう

海ぶどうって、たいていポン酢で出てきます。

もともと塩っぽい味なのに、さらにポン酢だと喉が渇くし、しょっぱさ倍増なんですよね。

海坊主では、ポン酢ではなくゴマ油でした。

合う!

これから、こうやって食べようっと。

 

 

3日目の朝:イーフビーチホテル

久米島の朝食、ランチ、ディナーなら久米島イーフビーチホテル【公式】

海を眺めながらの朝ごはん。

テラス席もあります。

ジーマミー豆腐の天ぷら

・ご飯に油味噌をのっけて

・島豆腐のカプレーゼ

・イナムルチ(甘めの豚汁のような)

・島野菜とフルーツのスムージー

・ソーメンチャンプルー

・クーブイリチー(昆布の炒り煮)

 

 

3日目の昼:ファミリーマートの沖縄シリーズ

 

3日目の夜:島の猿

島の猿 (SHIMA-MONKEY) - 久米島町/居酒屋 | 食べログ

海坊主から帰る途中にありました。

島らっきょう餃子?

おいしそう。

「明日はここにするぞ〜」

と、店の前でネットで定休日を確認すると、不定休とある。

こんばんは〜、と店に入ったら満席でした。

定休日は、月曜日だそうです。

満席になることも多いので、と予約をとってくださいました。

ホテルから近くてよかった。

雨だし〜。

この風では濡れるから、傘さしません。

 

・とりもも串

・島らっきょう餃子

・フーチャンプルー

ん?

ここのシークワーサージュース、おいしい。

かすかに苦みがあって。

オシャレなお店だなぁ。

メニューも食べたくなるものが多い。

たぬきもずくって?

もずくに麺つゆ、天かすとネギをあえてるそうです。

おいしそう。

けっこう、もずくってお腹ふくれるんだよなぁ。

でももずくを食べるなら、天ぷらだな〜。

初めて沖縄に来たのは、ダイビングの講習を受けるためでした。

妹も「私もやりたい!」と、一緒にお金を貯めて。

「紅生姜がのってる! 肉やわらかーい」と、沖縄そばにも驚いたし、もずくの天ぷらはもっと驚きました。

「なにこれ、もずくって天ぷらになってもこんなにおいしいんだ!」

って、妹とおかわりしたくらい。

もともと、もずく好き。

 

島らっきょう餃子は、紅生姜と塩で食べるのか。

餃子、でかいな…

近くの海坊主がガラガラだったのがわかる。

こちらの方が、値段も安いし、味だっていい。

メニューが豊富だし。

フーチャンプルーが特においしかった!

もずくの天ぷらもおいしいんだろうな…

でも、もうお腹いっぱい。

 

雨に濡れて帰ったら、ホテルのロビーがクリスマスになっていました。

クリスマスソングも大好き。

 

 

4日目の朝:イーフビーチホテル

・サクナ(長命草)スムージー

・もずく天ぷら(昨夜、食べたいなぁと思ってたからタイムリー!)

・うむくじ(紅芋)の天ぷら

ゴーヤチャンプルー

・沖縄味噌味(具だくさん)

・ごはんに油味噌をのっけて(お気に入り)

・田芋の茎の甘辛煮

長命草のスムージーって苦いのかなと思いましたが、爽やか。

野菜や海藻をとれているせいか、お腹の調子もいいのです。

田芋の茎は、シャキシャキ食感。

紅芋の天ぷらが、これまたうまい!

モッチモチしてて。

揚げたてが出てきたので、おかわり!

デザートにしました。

 

続きます。

 

久米島へ その2

ベッドの寝心地がよく、スッキリ目覚めました。

穴守稲荷神社へ〜。

東京羽田 穴守稲荷神社

ホテルから約1キロくらいみたいです。

海老取川を渡ると、鳥居が見えました。

 

さらに歩いて、穴守稲荷神社に到着。

 

りりしい狛狐さん。

 

鳥居が続いています。

 

京都の伏見稲荷大社を思い出しました。

もうずいぶん前になるけれど、夜明け前に行ったなぁ。

 

 

階段を上ると…

石が御神体です。

手前の石に膝をつき、おまいりします。

 

ここにも、たくさんの狐さんたち。

招福砂を少しいただいていきます。

 

水琴窟がありました。

井戸の水をポンプでがしゃがしゃ汲み上げて、柄杓でかけて目をとじてると…

なんともいえない音色が響き始めました。

う〜ん、いい時間。

来てよかった!

 

お腹すいたな…

羽田空港まで行っちゃおう。

どこかで、朝ごはん〜。

と、探していたら「うちのたまご」

うちのたまご

卵かけごはんのお店みたいです。

でも、それじゃ足りないから親子丼にする。

肉を増量してもらいました。

両隣の人が食べている卵かけごはんもおいしそうだなぁ…

明太子のトッピングもいいなぁ。

食べ始めたときは、おかわりする気だったのですが、意外とお腹いっぱいになったのでごちそうさま。

 

昨夜とうってかわって5人しかいない展望デッキから飛行機を眺め、5階をウロウロ。

なんかオシャレな空間だなぁ。

3階のスタバは狭くて混雑、5階のスタバは席もゆったりしていて、空いている。

いいこと知った。

これからは、5階のスタバに来よう。

 

少しお菓子を買って、保安検査場を通過。

窓際の席が空いていたので、そこから飛行機が到着してからの一部始終を見学。

決められた仕事がサッと手際よく進められていくのは、正しいものを見せてもらえているようで、なんだか気持ちがいいものでした。

ああやって、積まれた荷物が出されていくのか。

たくさんの荷物と何百人も載せて、これが飛ぶんだもんなぁ…

そして、これから向かう荷物を入れたボックスが続々と積まれていきます。

飛行機にくっつけたジャバラの横のドアからは清掃の人が出入りしていました。

飛行機が空港について、また飛び立つまでの短い間、たくさんの仕事があるんだなぁ。

 

今朝の天気予報では、沖縄は雨でしたが、着いてみたら快晴。

だからいつも

「沖縄の天気予報はアテにならん」

と思ってしまうのです。

晴れてるんだから、いいや。

逆はガッカリだけど。

気温は24℃、海も青い。

 

でも、久米島に着いたとき、ホテルの方に

「昼前まで豪雨だったんですよ、やんでてよかったですね〜」

え、そうだったの?

前線が通過したタイミングで、南風と北風が入れ代わり、風も強かったらしいです。

 

那覇空港でお腹がすいたので、スパムむすびと、田芋(たいも)アンダギーで遅いお昼ごはん。

田芋って、沖縄以外で見ないよなぁ。

甘くて好き。

 

観光バス2台分くらいの、小さなプロペラ機へ乗り継ぎます。

30分で久米島に到着。

那覇から約100kmだそうです。

窓際の席がとれたので、景色を見ていたらあっという間。

収納された車輪がすぐ出てくる、フライトの短さです。

慶良間(けらま)諸島だ〜。

初めての離島ダイビングはここでした。

海の色に圧倒され、どんどんダイビングにのめりこみました。

 

今日だけ泊まる「サイプレスリゾート久米島

久米島リゾートホテル | サイプレスリゾート久米島【公式】

いかにもリゾートホテル。

ロビーからの景色もステキです。

大浴場があり、炭酸泉でした。

 

明日は潜れるだろうけど、明後日から風が強い予報です。

潜れるポイントがあるといいな…

ホテルでゴロゴロ、なんていやだ!

ひとりでしても、つまらんだろう。

 

続きます。

久米島へ その1

 

https://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000356.aspx

町章 | 久米島町

久米島の名前の由来は「琉球でいちばん美しい島」という意味の「琉美島(くみじま)」と呼ばれていたことがはじまりと言われています。 

すてきな名前です。

 

今年最後のダイビングは久米島

飛行機は月曜日の昼の便ですが、朝のラッシュの時間帯の電車には乗れない。

人に酔ってしまうのです。

いつも乗る羽田空港行きのバスは、中央道と首都高恒例の朝の混雑でいつ着くかわからないし…

で、前泊しました。

仕事を終えて、日曜日の夕方なのに予想外にギュウギュウの京急線で、羽田空港へやってまいりました。

天空橋駅のホテルをとったのに、なぜ羽田空港へ来たのか。

目的は、いつもの中華!

中華料理 彩鳳 羽田空港第1ビル - 羽田空港第1ターミナル(東京モノレール)/中華料理 | 食べログ

明日の出発は12:00。

お店は11:00オープンなのでギリギリいける気もするけれど、保安検査が間に合うかとかドキドキしたくないので食べられない。

そして帰る日は22:00過ぎ着のため、食べられない。

それなら今日だ!

メニューを見るまでもなく、いつもの担々麺と炒飯のセットにしようと思っていたのに

ワンタン麺?

右に写っているメニューです。

ワンタン、好き。

しかも写真のワンタン、皮が薄く海老がプリッと透けているではないですか!

この冬限定のメニューだとか。

次に羽田空港に来るのはいつ?

予定はない。

じゃあ、大好きな担々麺にするべきでは?

でもワンタン麺は今だけ。

う〜ん。

ワンタン麺にしました。

2種類のワンタンも、チャーシューもおいしかった。

でも次に来て、どちらもメニューにあったら、担々麺にします。

 

日没が過ぎたのできっときれいだろう、と展望デッキに行ってみました。

6:30〜22:00まで開放されています。

大きなカメラを構えている人がこんなにいるとは!

展望デッキの上は、さらに「ガリバーのデッキ」と名付けられたデッキがありました。

こちらもけっこうな人!

下のデッキとは、景色が変わります。

 

思いがけなく夜景を満喫しました。

今夜泊まるホテルの最寄り、天空橋駅へ向かいます。

すてきな名前。

「うちの最寄り駅? 天空橋だよ」って言いたい。

なんせホテルの住所を見ても「大田区羽田空港1-1-4」です。

でも意外に、駅の周辺はマンションや一軒家がたくさんありました。

すぐそこが今夜泊まるホテル、羽田イノベーションシティです。

腹ごなしにちょっと散歩するか。

 

この上に、足湯がある!

行ってみよう。

おぉ〜、景色もいい。

足湯は2つありました。

羽田空港の滑走路も見えます。

体がポカポカ。

 

【公式】京急 EXイン 羽田イノベーションシティ

ホテルに、大浴場がありました。

6人ほどが入れる浴槽が2つ。

たまたま夕食の時間帯だったせいか、私だけでした。

ラッキー!

ワニさん歩きをします。

いい汗をかきました。

 

羽田空港へ行くとき、京急線でした。

天空橋駅の隣には、穴守稲荷駅

神社があるのでしょう。

明日、出発前に行こう。

 

続きます。

 

奥多摩 御前山へ

明日の休み、天気が良さそう。

翌日が仕事だから、18:00頃までに家に帰れる山で…

「箱根」「奥多摩」「高尾」「奥秩父」の地図を見て、ピンときたのが奥多摩

 

御岳山は前に、ツレと行ったなぁ。

紅葉がすごくきれいだったっけ。

今まで登ったことがなくて、6時間くらい歩ける山は…

ということで、御前山にしました。

奥多摩駅からバスで15分、奥多摩湖からスタート。

鋸尾根を下っていけば奥多摩駅へ着きます。

 

奥多摩湖のひとつ前「水根」バス停で下車しました。

葉っぱの道がきれいだったので。

今日の登山の無事をお祈りします。

 

準備運動がてら、足つぼを刺激。

 

天気がいい〜。

奥多摩湖 - Wikipedia

8:25

ダムをぐるりとまわり、サンダルを登山靴に履き替えて出発△526

今日のバス、「小菅の湯」行きってのがなぁ…

「そっちに行きたい」と、登り始めに思っちゃうではないか。

 

濡れた落ち葉で、ふっかふかの道。

思ってる以上に積もっていて足が沈むこともあります。

写真では伝わらないかもしれませんが、けっこう急坂…

葉っぱが落ち、陽の光がたくさん射し込む秋の山、って感じの道です。


9:30 サス沢山△940

展望台がありました。

ダムがずっと下に見えます。

きれいな青…

先月登った大菩薩嶺だ!

登山を始めた頃、「名前がかっこいい〜」ってだけで登った飛龍山も見えました。

「ここで引き返してもいいんじゃないか」

と思うくらい、いい眺めです。

奥多摩駅へ戻って温泉か〜」

なんて思う。

「でも登りたくて来たんじゃないか!」

と、先に進むの繰り返し。

 

大きな尾根道に出ました。

右に進みます。


…なんか、お腹が痛い。

あ、生理になってしまってる。

夏の八ヶ岳のときもそうでした。

なぜ、早くくるときはいつも山の中なの?

奥多摩駅までこのまま歩くと4時間半かぁ…

 

帰ろ。

普段は30分も歩けば気分がのってくるのですが、今日はどうもダメだった。

このせいだったか。

さっきのサス沢山の展望台で、サンドイッチ食べて下山しよう。

10:20

来た道を戻ります。

御前山の山頂まで、あと1時間ちょっと、標高差は400ほどでしたが、また来よう。

 

展望台のベンチが混んでいたので、切り株に腰かけてサンドイッチをもぐもぐ。

 

そして、この急坂を下るのか…

「滑落注意」って貼り紙もあるし。

落ちたらケガするだろうな、この坂じゃ。

 

登ってるときはハァハァで気づかなかったけど…

この木、どうなってんの?

ずっと上まで、グルグルとからみつかれています。

 

ほとんどの木は葉が落ちてますが、紅葉もまだまだ残っていました。

 

11:45

ダムまで下りてきました。

せっかく早く下りてきたので、沢井駅で途中下車して「豆らく」で豆腐料理を食べようと思いましたが、お店に電話してみたら20組以上待ってるとのこと。

豆らく (まめらく) :: ままごと屋の姉妹店 :: お豆を素材にしたお料理を気軽に召し上がれるお店です

電車乗る前に電話して良かった~。

行列にビビって沢井駅に戻ったとしても、次の電車まで40分以上待たなくちゃならない。

豆らくは、また今度。

炒り豆腐膳、全食べたかったなぁ。

 

ポカポカの電車で、本を読みながら立川駅へ。

駅の中にある大好きなパン屋さんで、いっぱい買い込んで帰りました。