山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

北茨城へ 

先日、両親と北茨城へ旅行しました。

父が運転する車で行く、最後の旅行です。

父はとっくに後期高齢者になっている年齢です。

ここ最近、高齢者ドライバーの運転がたびたびニュースになります。

父はずっと運転手の仕事をしていました。

「休日だけハンドルを握るドライバーに比べたら、まだまだ!」

という思いもあったかと思います。

しかし、私たちからすると、やはり判断速度が以前に比べて鈍ってきていると感じていました。

こういうことを伝えるのは難しい。

「トシだから運転やめて」

なんて言い方では、うまくいくわけがありません。

自分で決心してもらわないと、きっと「取り上げられた」という思いがずっと残ってしまう。

いつも売り言葉に買い言葉のようにケンカになってしまう父と私なので、手紙を書きました。

 

父(もちろん母もです)がずっと運転手でがんばってくれたから、私たちは学校や習い事に通えたこと。

家を買えたこと。

山に行くとき、JRの始発に乗れるように送ってくれたこと。

思いつく限り、たくさんの感謝を書きました。

そして、その感謝を悲しいものに変えたくないこと。

体の動きや判断の衰えは、年齢を重ねれば当たり前のことであり、こういうことは徐々にではなく、階段のようにあるとき一気にきてしまうこと。

 

手紙を渡し、待とうと思いました。

1週間ほどして、父から

「次の免許の更新はしない」

と言ってきました。

更新まで、まだまだ期間があります。

でも、私も伝えたいことを伝えましたし、それが父の答えですから、

「そっか」

とだけ言いました。

「今までありがとう」

ともう一度、ちゃんと言葉にして伝えました。

「免許返納は先になるけど、車は売る」

驚きました。

「借りてまで運転はしない」

もう運転しない、と決めたんだ。

「じゃあ、最後にどこか行こうよ。どこに行きたい?」

と聞くと、茨城がいいと。

 

「海の幸を食べたい」

袋田の滝に行きたい」

というリクエストに従って計画を立てました。

 

1泊目は五浦(いづら)観光ホテルへ。

五浦観光ホテル別館 大観荘【公式】

海が見えない部屋に泊まっていても大丈夫です。

屋上から大きな景色を見ることができます。

 

 f:id:yueguang:20191107212859j:plain

 

仲居さんは外国の方も多いのですが、少し聞こえが悪くなっている両親には、たどたどしいながらもゆっくりはっきり発音してくれる彼女たちの言葉の方がずっと聞きやすかったようです。

料理もおいしくて大満足。

大浴場までは長い廊下を歩いていくので、行くのが少しめんどくさくなってしまいました。

あんこうの季節にも行きたい。

 

翌日は、ホテルから見えていた「岡倉天心」ゆかりの六角堂へ。

 

f:id:yueguang:20191107212944j:plain

 

紅葉の美しさで有名な「花貫渓谷」の汐見滝吊橋へ。

汐見滝吊り橋 | 高萩市観光協会公式ホームページ

私は緑も大好きです。

ゆらゆら往復しました。

 

f:id:yueguang:20191107213018j:plain

 

次は「竜神大吊橋」へ。

滝とか橋が好きなんだな、両親は。

けっこうな長さです。

 

f:id:yueguang:20191107213101j:plain

 

鯉のぼりの季節の写真を見ましたが、すごい!

竜神大吊橋 公式サイト - 茨城県常陸太田市にある長さ本州一の吊橋です

バンジージャンプもできるんですよ、ここから。

腰痛の心配がなければ、やってみたいのですが。

 

待望の袋田の滝へ。

袋田の滝・生瀬滝(国名勝) | 大子町公式ホームページ

凍っている滝も迫力あるだろうなぁ。

 

ここでまさかの「来たことあった」

…そうでしたかー。

 

f:id:yueguang:20191107213233j:plain

 

ここを通り、エレベーターで上の展望台にも行けます。

この日は、水量が少なかったそうです。

 

f:id:yueguang:20191107213326j:plain

 

f:id:yueguang:20191107213550j:plain

 

滝のそばの土産店で購入したら、見学している間、駐車場に車を置かせてもらえました。

 

この日は、袋田の滝近くの宿をとりました。

雰囲気がよく、ホテルの中も外も探検しました。 

 

f:id:yueguang:20191107213814j:plain

 

f:id:yueguang:20191107213715j:plain

 

f:id:yueguang:20191107213936j:plain

 

茨城県奥久慈|袋田温泉 思い出浪漫館【公式】

ここもなぁ…お風呂がおしい!

大きくて気持ちのいい露天風呂だったのですが。

部屋から遠い…のは仕方ないとして、ちょっと物騒な感じがします。

宿の敷地ではありますが、外から入ってこられそう。

スリッパを脱ぐ場所が外から丸見えなので、何人入っているか分かってしまう。

宿の性質上、開放しておかなくてはいけないのでしょうが、確かにこれだと暗くなってから1人では入れないかなぁ。

 

大浴場の入り口にあったこの鏡、のれんをくぐれば自分がうつります。

名だたる美人と並べます!

 

 f:id:yueguang:20191107213406j:plain

 

餃子が好きな両親。

翌日は宇都宮に寄って、餃子の食べ比べ。

同じフロアに2つ店があり、1つは1時間以上の行列、1つは少しだけ行列。

少しだけの方に並び、20分後くらいに無事に食べられました。

いろんなお店の餃子が1皿に1個ずつ載っています。

どの1皿を選ぶか…迷います。

これの他にもまだメニューがあるんですよ。

前は30個くらいペロっといけたのに…12個しか食べられなかった。

 

f:id:yueguang:20191107214051j:plain

 

f:id:yueguang:20191107214020j:plain

 

そして、今夏にオープンしたばかりの蓮田サービスエリアへ。

果物や野菜がとてもおいしそう!

道の駅で大量に野菜などを買うのが趣味な母。

楽しそうに選んでいました。

 

無事に我が家へ到着。

車は翌日、無事に売られていきました。

 

ところで、「茨城」は「いばらぎ」ではなく「いばらき」と読むこと知らなかったのです…

大阪の「茨木」は「いばらき」で、「茨城」は「いばらぎ」だと思っていました…恥ずかしいです。

同じ「城」がつく県名でも、「宮城」は「みやぎ」、「茨城」は「いばらき」。

もう覚えました。