山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

山中湖そばの「石割山」へ

梅雨入り前の貴重な晴れだというので、最高気温31℃の予報だったけれど昨日行ってまいりました。

 

バスタ新宿から、富士五湖行きの高速バスが出ています。

途中で河口湖や富士急ハイランドを通るので、国際色豊か&若い人たちがたくさん乗っています。

中央高速の三鷹料金所より西にお住まいの方なら、途中のバス停(深大寺や日野など)からも乗車可能です。

乗り換えがなく、指定席なので便利ですが、特に土日だと到着時間が読めないので…どうしても行きたい!というとき以外で利用しています(暑いせいか、少し消極的です)。

乗り込んでシートベルトをしめた途端に爆睡。

寝てると口が開くのでマスクは必需品です。

下を向くだけで酔うので、寝るに限ります。


気がついたら富士急ハイランドでした。

あんなすごい乗り物に乗れる人の人生と、私の人生は全然違いそうだなと、なんとなく思う。
そして、富士山がどーん。

雪がもう少ない。あと1ヶ月もしないうちに山開きですもんね。

 

あまり詳しく書いてしまうと、歩く楽しみがなくなるかと思うので、ざっくりとだけ。

10:30頃、平野バス停で下車。

観光案内所でお手洗いを済ませ、しばらくは舗装路を進みます。

緑の濃い匂いがして嬉しくなります。

11:00 鳥居から続く階段ながっ…

f:id:yueguang:20190607192644j:plain

気合を入れます

「登り始めは意識してゆっくり」を鉄則にしていますが、意識せずとも400段を前に、歩みはカメ。

f:id:yueguang:20190607192731j:plain

ぜぇぜぇ数えながら上ります

15分かけて、400段の階段を登ります。

途中から幅が広くなり、2歩で1段…。

若い頃は手すりの助けなどいりませんでしたが、今は「お助けを…」

頭のてっぺんから太ももまで汗がとまりません。

水はちょこちょこ飲みます。いっぺんに飲むと体に負担だし、吸収されないそうです。

この日は本当に暑く、麦茶2リットルを飲み切ったのに、水分が足りていませんでした。

 

f:id:yueguang:20190607193018j:plain

この色が好きです

階段終わるといい道です~。

こぼれ落ちる陽の光や、陽を透かした葉っぱがきれい。

周りの声をうるさく感じてしまったら…ほんの数十秒、休んだり、歩みを遅くするだけで静かな山歩きができます。

山で何を話そうと自由ですが、隣の家の屋根が雨漏りしてて、とかそんな話を山で聞きたくない。

鳥の鳴き声や、風で葉っぱがすれる音…聞いていたい音はたくさんあります。

お茶でも飲んで、休んでるフリをして、抜いてもらいましょう。

後ろにいなければ意外と聞こえないものです。

登山口から出発するときも、周りと重ならないようタイミングをずらしています。

 

11:40 石割神社

大きな岩が御神体です。

f:id:yueguang:20190607193211j:plain

岩の後ろを通れると願いが叶うとか。

f:id:yueguang:20190607194948j:plain

狛犬のこども

f:id:yueguang:20190607195026j:plain


ここから20分ほどで△(標高)1412メートル 石割山の山頂です。

富士山は…雲の中。

気温が高いから雲が出ちゃうんですよね。仕方ありません。

次の平尾山へ向かいます。

すぐに急坂。雨の翌日だとかなり怖そうな下りです。

ロープがありがたい…助けてもらいます。

頼り切るのではなく、あくまでも補助で。


道の真ん中が、細い水路のようにえぐれている道は滑りやすく急です。

その道しかないときは仕方ないですが、並行して緩やかな道があることも。

足元ばかり見ずに、たまに視線を遠くにやると歩きやすい道が見えます。

急坂は5分ちょっとで終わります。そこからは、またいい道が始まります。

f:id:yueguang:20190607195747j:plain

静かで気持ちよい。

太陽が頭の汗を乾かしてくれました。風がきもちいい

 

30分ほどで△1318 平尾山

山中湖を白鳥の船がすいすい進むのが見えます。

ここからは、丸太の下り階段。

最初の400段もきつかったが、逆ルートでこれを上るのもきつそうです…。

丸太の階段を少し登り返します。

丸太の階段って、丸太の上に足を置けない(滑ったり、金具が緩んでいれば不安定ですし)から、脚を高く上げなければならず、いいトレーニングになります。

 

バスで席が隣だったおじさんと、途中ですれ違って、お互い振り返り「あ~」って。

「逆ルートだったんですね」と笑い合いました。


また30分ほどで△1295 大平山 

f:id:yueguang:20190607195542j:plain

空気の澄んでいるときに、また来よう

だぁーれもいない山頂で休憩することにします。

大して歩いていないですが。

ここから、また下る丸太の階段。

丸太の階段、飽きてきた…。

風や緑の匂いが気持ちいいから、目をつぶって深呼吸しながら歩いていたら、葉っぱにぶらさがっていた毛虫に顔から突っ込んでしまった。

f:id:yueguang:20190607195647j:plain

松ぼっくりがたわわになっています

30分後、 舗装路まで下りてきました。

f:id:yueguang:20190607200121j:plain

今まで見た中で、いちばんゆっくりな道です

f:id:yueguang:20190607200157j:plain

ご当地(?)マンホールが好きです

山中湖へ向かいます。

f:id:yueguang:20190607200026j:plain

白鳥ボートと白鳥

湖でくつろぐ、たくさんの白鳥。ぷかぷか浮かんだり。けっこういました。


歩いて20分ほどの「山中湖高アルカリ性温泉 紅富士の湯」で汗を流します。

アルカリ性なのにマイルドな泉質という珍しい温泉だそうです。

視力回復手術のおかげで、温泉の説明書きも時計も見えます。

https://www.海山香月.net/entry/2019/04/21/視力回復手術%EF%BC%88眼内レンズ挿入術%EF%BC%89を受けました


露天風呂は、あつ湯42℃とぬる湯37℃があります。

あつ湯で体を温めてから、ぬる湯でのんびり。

夕方、雲がとれた富士山が見えました。

内湯では、29℃の源泉と隣の気泡風呂を交互に入ります。

この入浴法は体が温まる、と近所のお風呂屋さんで教わり、実践しています。

普通の水風呂より10℃ほど高いので無理なく入れました。

f:id:yueguang:20190607201017j:plain

売れているのでしょうか

帰り際、券売機に「平日限定 岩盤浴セット1000円」とあるのを発見。

入浴料プラス300円ぽっちで岩盤浴できたのか!と悔しいのはもちろん、岩盤浴に入ろうとしていたのに、今まで忘れてた私って…。

入浴料10%割引券がホームページにあります。曜日関係なく使えます。

富士山を眺めながらの露天風呂 | 山中湖温泉 紅富士の湯

 

ここから「富士山 山中湖(ホテルマウント富士)」バス停まで歩いて20分。

高速バスで我が家へ。

 

いいお休みを過ごせました。