山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

千葉県いすみ市へ その1

先月、東北への旅へ連れて行ってくれた青春18切符の残りで、どこ行こう。

 

サービス業のためシフト勤務なのですが、山の日3連休は偶然お休みでした。

天気は悪くなさそうだけれど、観光地は絶対どこも混んでいる。

涼みに山へ行くにしても 、高速バスで行くのはなぁ…渋滞だろうし。

到着が何時になるかがある程度読めないと計画も立てられない。

 

こんなときは山へ行かず、地図を見てテキトーに選んだり、行ってみたいなぁと思っていた場所へ。

都内はすいていそうだけれど、JRで旅するという目的がありますので。

日帰りですから、千葉・埼玉・神奈川・山梨から選びます。

日光東照宮に行ったばかりのせいかそういう場所が浮かび、お不動さまのいるお寺に行くことに決めました。

私は不動明王大日如来が好きなのです。

房総半島の東、いすみ市に2つのお寺があるようなので、そこにします。

 

朝早く起きて新宿へ。

新宿駅では駅員さんのいる改札で、今日の日付の入ったスタンプを青春18切符に押してもらって入場します。

急ぐ旅ではないので、総武線の各駅停車でうとうとしながら千葉駅へ。

外房線に乗り換えて大原駅へ。

途中、横殴りの雨にちょっとひるみます。

傘、ないけど…あ、晴れた。ラッキー♪

 

雨上がりの炎天下、15分ほど歩いて波切不動尊へ。

茅葺屋根が天使の輪のように光っています。

あまりにそろっていて、茅葺と気づかなかった…

 

f:id:yueguang:20190813205513j:plain

キレイにそろっていて美しい…

ここへ来る途中、「大原漁港入口」という信号がありました。

漁港が近いの?

なんかおいしいもの、食べられるかも…

そして向かった「船頭の台所」

一般のお宅のような玄関から階段を上ると、港が見える大きな窓から光が入り、とってもきれいな店内でした。

期待が高まります。

メニューはこちら。

船頭の台所 | お品書き

 

他にオススメのようなボードを渡してくれます。

そこにあった「シラウオ丼」を注文。

ほかに「たこ飯」「いかなめろう天ぷらハーフ」

いかのなめろう

アジのなめろうはよく食べるけれど。

そしてなめろうが天ぷらに?

字ばかりのメニューなので、味も見た目も全く想像できずに注文しました。

 

たこ飯は、コンロにセットされた状態ですぐ運ばれてきます。

火が消えたら食べていいとのこと。

焦げていい香りを放つ汁がときどき、ジュワっと吹きこぼれます。

 

そしてシラウオ丼が到着。

 

f:id:yueguang:20190813210838j:plain

おいしいよぅ…

きれいです。

そしておいしいです。

生シラスのようにねっとり感は強くなく、食感がいい。

ショウガも添えられていますが生臭くなく、夢中で食べました。

 

f:id:yueguang:20190813211436j:plain

体長5センチほど

そして、大葉にくるまれたなめろう天ぷらが。

なぜか追加してしまったゲソ天もすごい量です…

f:id:yueguang:20190813211747j:plain

 

これ、いか?

ほろほろして、おいしい。

なめろうといえば、アジなどをたたいて味噌やショウガであえたもの、と思っていました。

なめろうでイメージするのとは違う、上品な味。

他のテーブルには、天ぷらじゃない「いかのなめろう」が運ばれてきています。

あれはどんな味なんだろう…?

たこ飯も香りまでおいしくて満腹…さすがに無理、もう食べられない。

 

f:id:yueguang:20190813214208j:plain

いい景色です

漁港を散歩して大原駅へ戻ります。

あちゃー、1時間に1本の電車が行ったばかりです。

電車の時間、分かってはいたけれど、寄り道するとどうしてもね…

近くの神社にこんなりりしい狛犬がいたりするもんだから。

ねじり鉢巻きがお似合いです。

 

f:id:yueguang:20190813214751j:plain

さすが、海の近くの神社ですね

大原駅からいすみ鉄道に乗り、もうひとつのお寺へ向かいます。

JRではなく、Suicaなども使えないとのことで券売機へ並びます。

ホームには1両のかわいらしい電車が到着しており、写真を撮っている人が数名。

真似して撮ります。

 

f:id:yueguang:20190813215208j:plain

黄色がかわいらしい

どうやら菜の花の季節が有名らしい。

菜の花の黄色と、車両の黄色。

すてきだろうなぁ。

 

f:id:yueguang:20190813215356j:plain

のどかだなぁ

f:id:yueguang:20190813215428j:plain

どこまでも

単線ってそれだけで、ぐっときますね。

まっすぐなところも。

 

f:id:yueguang:20190813215620j:plain

 

走っている電車の窓に切り取られる、刷毛ですっと塗ったような緑のグラデーション。

スマホの画面ばかり見ているのがもったいない。

 

このときまでは「電車の写真を撮る」ということに全く興味がなかったのですが、この電車に乗った途端にカメラを向けたくなりました。

そして帰りの電車でも。

 

続きは次回…