山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

山の本ばかり その1

山に行けないから、山の本を読んでいます。

 

大好きな「南アルプス山岳救助隊K-9」シリーズ。

単行本の題名は「火竜の山」でしたが、文庫本になるにあたって改題したようです。

f:id:yueguang:20210106201839j:plain

私は小さい頃、背後から大きな犬に乗っかられて倒されて以来、犬がとても苦手です。

でもこのシリーズに出てくる救助犬たちの賢さ、かわいさがたまらない!

救助隊の面々も大好き。

彼女たちに山の中で出会えたらな、って思いますもん。

でも会うってことは、遭難してるってことだしな。

 

「クリムゾンの疾走」も好きです。

救助のスペシャリストというだけでなく、彼らが警察官だということを思い出させてくれるスケールの大きさです。

どれか1冊を選べないくらい、どの本もおもしろい!

 

そして、北岳に登りたくなる。

白根御池小屋に泊まり、草すべりと呼ばれる急登をぜぃぜぃ登り、山頂に立つ。

 

2020年、南アルプスの山々にはほとんど登ることができませんでした。

雑誌「山と渓谷」12月号に、この山域の山小屋が県からの補助金などを受けて、2021年の営業に向けて動き始めている、という記事がありました。

 

f:id:yueguang:20210108161137j:plain

 

南アルプスから見る富士山は、でっかくて、本当に美しくて。

文庫本を持って、北岳のおとなりの間ノ岳(日本の標高3位)のだだっ広い山頂で、のんびり過ごすのが大好きです。

贅沢すぎて、ニヤニヤがとまりません。

 

北岳間ノ岳だけじゃない。

鳳凰三山にも、毎年のように登っていました。

どうか、行けますように。

f:id:yueguang:20210108161433j:plain