山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

府中市郷土の森博物館

f:id:yueguang:20210220211533j:plain

昨年の秋に秩父に行ったとき、

「2月になったら(花粉が本格的に飛ぶ前に)ロウバイを見に来よう」

と思っていました。

とうふ屋さんでランチを食べるのも楽しみにしていました。

しかし、再度の緊急事態宣言で不要不急の外出は控えなくてはならなくなりました。

来年の楽しみにとっておこう。

 

f:id:yueguang:20210220210935j:plain

花粉が飛んでいたって、やっぱり春はいい。

空と花を眺めていると、本当にのどかな気持ちになれます。

秩父に行くことは叶わなかったけれど、天気の良かった19日に京王線府中駅にある「郷土の森博物館」へ行ってきました。

「博物館」という名でプラネタリウムはあるものの、今の季節はみなさん、梅がお目当てでしょう。

300円で入場できます。

f:id:yueguang:20210220210852j:plain

ベンチもたくさんあり、家でおにぎりをつくってきて、ここで食べるのも気持ちよさそう。

甘酒やお団子もあります!

注文してから焼いてくれて、香ばしい匂い~。

やわらか~い。

お腹いっぱいでなければもっと食べられたのになぁ。

f:id:yueguang:20210220211122j:plain

さて、梅です。

食べてばかりじゃないんです!

f:id:yueguang:20210220211019j:plain

こんなにたくさんの種類があるんだ…

きれいだなぁ…

色と枝垂れ、くらいしか違いが分からなくて申し訳ない気持ちになります。

 

「白加賀」という品種がいちばん多かったです。

 

「思いのまま」

なんてステキな名前だと思ったら、1本の木に白と紅色、どちらの色の花も咲かせるからだそうです。

まだ蕾でした。

 

 「新茶青(しんちゃせい)」

黄緑がかった白。

蕾がぷっくぷくでかわいい!

f:id:yueguang:20210220211300j:plain

 

花びらの形もよく見ると違うんだなぁ。

f:id:yueguang:20210220211401j:plain

f:id:yueguang:20210220211446j:plain

 

お目当てのロウバイは、奥にありました。

マスクをそっとずらして香りをいっぱい吸い込みました。

甘い。

f:id:yueguang:20210220211653j:plain

 

夏はお子さんが水遊びができり場所もありますし、恐竜もいます。

f:id:yueguang:20210220212525j:plain

f:id:yueguang:20210220213121j:plain

f:id:yueguang:20210220213046j:plain


このあたりに住んでいると、よく見かける「青木屋」さん。

会社でいただくことも多いです。

郷土の森博物館のお隣に工場があり、売店でできたてのお菓子を買うことができます。

f:id:yueguang:20210220210637j:plain

この日は「武蔵野日誌」という、小さな筒状のバームクーヘン生地にクリームが入っているものでした。

お店で売っているものも充分おいしいんです。

f:id:yueguang:20210220210725j:plain

しかし!

できたてはクリームが柔らかい。

ぜひ、お寄りください。

日替わりなので、何が食べられるかはお楽しみです。

 

f:id:yueguang:20210220210549j:plain

そして、競馬場の周りをぐるっと歩いて東府中駅へ。

競馬場って、でかいんだなぁ。

いつか入ってみよう。

f:id:yueguang:20210220210501j:plain

 

行けてよかった。

楽しかった。

花を眺めている人は、みんな笑っていました。