山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

立山へ その3

朝食をすませて小屋の外に出るとライチョウの声。

砂浴びをしたりしていることもあるそうです。

あえて探すほどではないので、ご来光に集中。

ここから見ると台形に見える前剱のあたりから太陽が! 

5:15でした。

f:id:yueguang:20210809200541j:plain

f:id:yueguang:20210809200706j:plain

5時間以上トイレがないので、もう一度、トイレへ行ってから出発したい。

朝起きてすぐだけでなく、2回目が出れば体内に水分がめぐったという合図だそうです。

 

今日はアップダウンが多い日です。

気合いれてこー!

 

〈本日の予定〉

  6:00 大日小屋を出発

  6:40 七福園(庭園のような場所)

  8:10 奥大日岳 8:30

  9:40 室堂乗越

10:10 新室堂乗越

11:30 剱御前(つるぎごぜん)小屋 12:15

13:00 別山北峰△2880 13:20

14:40 内蔵助山荘

 

f:id:yueguang:20210809201633j:plain

 

青空が気持ちいい。

朝露で膝下が濡れますが、天気がいいのですぐ乾くでしょう。

ザックが濡れるくらいの背丈の草があれば、ザックカバーをかけます。

意外と濡れるんですよ。

f:id:yueguang:20210809200954j:plain

木道が続きます。

その先には剱岳

サングラスが必須です。

太陽に向かってずっと歩きます。

この時間だと、こっちへ向かってくる人いないや。

小屋に泊まっていた方々は、私とバスが同じだった方以外はみんな称名滝へ下山でした。

その方も、私が出発する頃、大日岳へ向かったので追いつかれることはないでしょう。

静かだなぁ。

大きな景色の中に、ぽつんといる。

f:id:yueguang:20210809200839j:plain

f:id:yueguang:20210809201234j:plain

https://youtu.be/WAQE3SF63rA

↑ 山頂からの動画です。


朝露に濡れるチングルマが美しい。

これは木なんですよ。

ビックリですよね。

くるんと丸まっているのもかわいい。

f:id:yueguang:20210809201043j:plain

f:id:yueguang:20210809201712j:plain

 

太陽ってすごいなぁ。

こんなにも暖かい。

この時間はまだ「暑い」んじゃなくて「暖かい」です。

f:id:yueguang:20210809201357j:plain

 

右手には、立山から室堂へのバスが走る道が見えます。

 

出発して1時間。

振り返ってみると、中大日岳、大日小屋、大日岳が見えます。

こんなに歩いてきたんだ…

f:id:yueguang:20210809201548j:plain

 

ちょっとお腹が痛い。

・朝ご飯のちまきがおいしくて、がっつきすぎた

・生理前

・沢の水 → いつも煮沸しなくても大丈夫だし、下痢してないから違うと思われる

歩きながら理由を考えてみることにします。

f:id:yueguang:20210809201510j:plain

奥大日岳の手前辺りから、人とすれ違うようになりました。

20人以上の団体も。

いつも思うのですが、他人のペースに合わせて歩けるってすごい。

私は絶対無理です。

遅くても速くても疲れそう。

それに好きな場所でゆっくりしたい。

f:id:yueguang:20210809201821j:plain

 

7:45~8:05

奥大日岳

f:id:yueguang:20210809202051j:plain

アップダウンがあるとはいえ、汗の量は昨日と比べものになりません。

剱だ~。

近いなぁ。

かっこいい!

f:id:yueguang:20210809201857j:plain

 

自分の影のまわりに虹ができるブロッケン現象も見れました。

そのとき山頂(そんなに広くない)にいたのは、私を含めて3人の単独登山者。

女性ばかり。

羊羹を食べていたら背後から

「あ~、なんだっけ、あれあれ!! ハロハロが見える!」

ハロハロ?

ミニストップのアイスか?

振り返ると「ね、見て見て!」と手招き。

f:id:yueguang:20210809201956j:plain 

あ~、ブロッケン現象だ!

「きれいだね~」と言い合っているうちに薄れていきました。

 

あ、ワンゲル部かな。

ちょっと人数多い。

彼らが山頂に来る前に、出発しよう。

 

鳥も剱岳を見ているみたい。

f:id:yueguang:20210809202327j:plain

 

雪渓の白✕緑、立山はこのカラーリングが最高です。

どんな天才画家でも、この風景は思いつかないと思う。

f:id:yueguang:20210809202444j:plain

地獄谷、すごい噴煙。

行ってみたいけれど、今は通行止めです。

 

荷揚げのヘリが何往復もしている。

荷揚げ基地も見える。

まだまだ荷があるな、あと何回飛ぶんだろう。

あ、さっきとは違う小屋へ向かっている。

何十万円もかかるから、共同で飛ばしているんだろうな。

f:id:yueguang:20210809202607j:plain

あぁ~、いい道。

幸せな散歩。

 

剱御前小屋が見えてきた。

高いなぁ…あそこまで登るんだ…

あそこまで登ったらもうあとは別山まで少し登るだけで、内蔵助山荘まで下りだけなんだけど。

 

9:15

いい岩があったので、ガツンと登るためのおにぎりタイムにしました。

ここから新室堂乗越まで1km弱でした。

 

9:50

新室堂乗越

よく熊が出るそうです。

 

剱御前小屋を見て登るとくじけそう。

いくつかある雪渓を目標に、少しずつ登りました。

雪渓から上がってくる風は冷たくて気持ちいい。

山のいい匂いに励まされ、お腹が痛いのは生理前だからだと言い聞かせながら、1歩ずつ登って行きます。

 

振り返ると、さっき近くに見えていた雷鳥沢のテント場があんな下にある。

ずいぶん登ってきた!

f:id:yueguang:20210809202930j:plain

景色良くて進まない。

 

11:00~11:35

気づいたら剱御前小屋に着いていました。

1歩は本当に大きい。

小さい1歩でも、前に出し続けさえすれば必ず着く。

f:id:yueguang:20210809202759j:plain

カルピスウォーターと手ぬぐいを買いました。

剱岳を眺めながら一気飲み。

f:id:yueguang:20210809203038j:plain

 

どの角度から見てもかっこいいのですが、剱御前小屋から3分ほど登ったところからが好き。

左には剱岳、右に立山三山と室堂。

別山への道は天国!

f:id:yueguang:20210809203306j:plain 

 

12:05

別山△2874

おまいりします。

f:id:yueguang:20210809203417j:plain

北峰へも行こうと思いましたが、ちょうど剱岳はガスの中。

きれいな景色、たくさん見せてもらった。

満足です。

内蔵助山荘へ向かおっと。

1時間ちょいの下りです。

f:id:yueguang:20210809203532j:plain

大きな雪渓だなぁ。

真夏でも雪があるんだもんなぁ。

流れる雲が雪渓に落とす影がいいな。

 

f:id:yueguang:20210809203748j:plain

12:55

分岐

 

13:05

内蔵助山荘に着きました~。

今日も水分は2.5リットル。

夏はやっぱり3リットルは必要です。

 

続きます。