登って潜って、月をみて。

生きていれば、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちにさせてくれる。

機能性タイツは必要か?

なぜ、みなさん歩く前から履かねばならないと思うのでしょうか。

ストックも同様です。

膝に不安がなければ、なくてもいいので?

登山道に与えるインパクトも相当なものです。

 

タイツにしても、まず、履かないで登ってみればいいのに。

そして不調を感じたら、その不安を取り除いてくれるモノを探す。

だってタイツ、高いんですもん。

膝も強く、脚のだるさも感じず、快適に歩けているなら必要ないですよー。

 

歩き方が間違っていることもあります。

街で歩くように、大股でさっさと歩いていませんか?

かかとから着地して、つま先で蹴り上げていませんか?

ふくらはぎや足首に負担が大きくかかります。

ドスドス歩けば、膝に体重の何倍もの負荷がかかります。

山では、静かに歩ける人がカッコイイのです。

体重は関係ありません。

痩せていても「なぜ?」と思うくらいの足音がしていることもある。

忍者を目指しましょう。

 

そして…

やっぱりタイツ履いてみたいと思ったら、いろいろなタイツがあります。

膝を守るようテーピング効果があるもの。

脚の疲れが軽減されるように、部位別に圧がかかるもの。

 

どちらにしろ、履くのも脱ぐのもけっこう労力です。

私は山で元気に歩けているけれど、お客さまに自分の言葉で説明できるように試してみようと買いました。

結果、履くだけで頭に血が昇りました。

やっと履き終わったときに、数時間後に脱ぐ苦労を想像し気が遠くなりました。

私はありがたいことに膝が強いようで、特に何も感じず。

 

あのタイツ、どこいったかなー。