山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

秩父 伊豆ヶ岳へ その1

昨日より8℃も冷え込む予報の早朝、始発で西武鉄道「正丸(しょうまる)」駅へ。
飯能で乗り換え、音楽を聴いていたイヤホンを外したら静寂の車内。
ほとんどの乗客が寝ていました。
正丸駅で降りたのは、私ひとり。
今日も静かな山歩きができそうです。

△301の正丸駅から△850の山頂を目指します。
吾野駅まで14キロほどのコース。

f:id:yueguang:20191213141532j:plain

正丸駅でトイレを済ませ、8時に出発。
駅舎を背に右の階段を下ります。
ビミョーにナナメ。
寒い。
予報では、このあたりは氷点下だったからなぁ。

f:id:yueguang:20191213141636j:plain

ガシガシ歩きます。
寒いから。
10分ほどで暖まってきました。

f:id:yueguang:20191213141710j:plain

さらに10分で馬頭さまに到着。
今日の山歩きの無事を祈ります。

少しヒンヤリしますが、ここからは山道。
木に遮られ、風もない道です。
フリースを脱ぎます。
寒い季節は汗びっしょりにならないようにします。
絶対に乾くことはなく、体が相当冷えてしまうからです。

f:id:yueguang:20191213141805j:plain

馬頭さまから10分。
道しるべが倒れてしまっていますが、実谷のふたまたを左に。

f:id:yueguang:20191213153816j:plain

まぁまぁ登ると、木々がまばらになってきて、周囲の山々が見えます。
おかしいなぁ、晴れの予報だったけど雲が多め。
雨じゃなきゃいいや。

f:id:yueguang:20191213141944j:plain

ここからは、少し散歩気分の道。
標高が上がってくると、あちこちに霜柱。
やはり冷え込んだんですね。
このあたりから木々に守られなくなるので、肌寒く感じたら薄手のものをはおる。
暑くなれば、また脱ぐ。
私はとても面倒くさがりですが、こればかりは面倒くさがらずに繰り返します。

f:id:yueguang:20191213142039j:plain

f:id:yueguang:20191213142113j:plain

男坂には行きません。
右の女坂へ。
しかし、すぐに女坂からも外れます。
指示に従い、左へ。

f:id:yueguang:20191213142156j:plain

f:id:yueguang:20191213142313j:plain

正丸駅から、1時間15分。
山頂に到着。
寒い。
伊豆ヶ岳の山頂には長居しません。
滞在時間1分未満。
展望があまりきかない、というのも理由ですが…
ここからが長い。
トイレまで遠い。

f:id:yueguang:20191213142228j:plain

下りは急です。
本日いちばんの緊張する場面。
落ち葉もたっぷり。
怖ければ、しゃがんで目線を低くして、足をそろりそろりと出せばいいです。
焦って不確かなところへ足を出せば転倒するかもしれませんし、ケガをするのは自分。

f:id:yueguang:20191213142355j:plain

紅葉も、まだちらほら。
山頂からは、アップダウンの始まり。
鍛えてもらいます。

f:id:yueguang:20191213142441j:plain

目指すトイレは、天目指(あまめざし)峠のまだ先。
なんだかトイレが目的地みたいになってしまいましたが、男性より少しばかりトイレに関しては切実なのです。

f:id:yueguang:20191213142517j:plain

この白いの、なんだ?
この木だけ。
下から上までビッシリ。
キノコみたいだけど、触っても柔らかくはない。

f:id:yueguang:20191213142606j:plain

伊豆ヶ岳から1時間で、△695 高畑山。

f:id:yueguang:20191213142635j:plain

f:id:yueguang:20191213142706j:plain

なんでしょう、このラスボス感が漂う佇まい。

f:id:yueguang:20191213142735j:plain

これから大きく育つんですね。
ちょっと生春巻きっぽい。

f:id:yueguang:20191213142836j:plain

この分岐、おもしろいですよね。
どっちも山道なんだけどなぁ。
天目指峠の方、右に進みます。

f:id:yueguang:20191213142913j:plain

天目指峠に11時に到着。
ここからあと1.5キロ、1時間足らずで子の権現へ着くはずです。
一瞬、舗装路に出て向かい側の道へ。
直進ではなく、すぐ右に階段があります。
ここからの登りが私はキツイですねぇ。お腹もすいてきたし。

f:id:yueguang:20191213142955j:plain

夏は汗をかくので、8時間トイレ行ってないなぁ〜、なんてザラにあるのですが夏以外の4時間は…喉も乾くし。
結果としてトイレに行かなかった、ではなく行けない状況。

f:id:yueguang:20191213143024j:plain

木の鳥居をくぐると、そこから3分ほどで「子の権現」。
今でこそ、3時間半くらいでここまで来られますが、登山を始めたばかりの頃はもっと時間がかかりました。
この山を歩くとき、アップダウンではなく、トイレを我慢するのがつらかったのを覚えています。

f:id:yueguang:20191213143108j:plain

みんなの足腰がいつまでも丈夫でいられるよう、お参りします。
でかいワラジ!

f:id:yueguang:20191213143141j:plain

f:id:yueguang:20191213143220j:plain

トイレに紙はありませんので、持参してください。
はぁ〜、やっと麦茶をいっぱい飲める!
サイドポケットでキンキンに冷えていました。
おいしい!

f:id:yueguang:20191213143313j:plain

吾野駅方面へ進みます。
すぐに、参拝者用の駐車場に出ます。
少し舗装路を下り、山道に入ります。
あとは下るだけ。
ここから25分でお昼ごはん!
お腹すきすぎて走ったおかげで、17分で浅見茶屋に到着。

f:id:yueguang:20191213143247j:plain

うどんー!
この山を選ぶ理由は、ここのうどんが食べたいからです。
浅見茶屋
それがすべて。
はるばる秩父まで来て、大好きな山歩きでお腹をたくさんすかせて、おいしいうどんをお腹いっぱいいただく!

店内、改装されてる。
落ち着いたトーンのクリスマスソングが流れており、いい雰囲気なのは変わりません。

まず、味噌田楽でお腹を落ち着かせ、肉汁釜揚げうどんの大盛!
こんにゃく好きです。
好き過ぎて、ハタチ前に腸閉塞になりました。
母に「こんにゃく禁止!」と言われましたが、それからもこっそり食べています。
量は少しにするようにしていますが。

味噌田楽…うまい…
釜揚げうどんもきました。
アツアツをいただきます!

f:id:yueguang:20191213143356j:plain

f:id:yueguang:20191213143421j:plain

大盛にしてよかった〜。
お腹いっぱいになったら、眠い。
4時起きだったし。

甘いものは、何にしよっかな。
いつもは天草きなこ黒みつアイスだが…寒いから…
赤えんどう豆かんてんにしようと思ったら、今日は豆がないそう。
よっしゃ、また歩けば暑くなる。
いつものにする!
この寒天、大好き。

f:id:yueguang:20191213143514j:plain

吾野駅まで遠いなぉ…お腹いっぱいだから…3キロくらいか。
文句じゃありません。
遠くても駅まで歩ける範囲なのは、ありがたいです。
バスだと、おそらく1〜2時間に1本でしょうから、時間を気にしなければなりませんから。
お店を出てしばらくは、一方通行じゃないことが信じられないくらいの道幅。
前から来ないでぇ〜、と祈る思いで運転している人もいるんじゃないかなぁ。
あ、晴れている。
気持いい散歩だなぁ、B'zを聴きながら。
途中、また山道になるのがおもしろい。

続きは明日…