山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

スノーシューで高峰山へ

これらは高峰温泉でいただける地図です。

 

f:id:yueguang:20200308213026j:plain

 

f:id:yueguang:20200308212021j:plain

 

それにしても暖かい…先月は氷点下だったのに、今日は5℃もあり、さらに無風。

長袖1枚でも歩けました。

手袋も不要です。

北海道でも雪でなく、雨が降っているくらいですもんね。

 

 f:id:yueguang:20200309110757j:plain

 

高峰温泉に宿泊すると、スノーシューのみならず、登山靴やスパッツ、ストックなど必要なものは全部無料で貸してくれます。

山に登るつもりじゃなくても

「やってみたい!」

と思えば、売店で靴下だけ購入すれば楽しめます。

温泉を口実に誘って、これで山デビューしちゃうのもアリですね!

スノーシューは小さいサイズもありますので、小学生でも大丈夫なようですよ。

もともと、子どもなら体重が軽いので雪にも沈みこまず、必要ないかもしれませんけどね。

 

さぁ、出発。

宿の玄関を背に右に歩いていきます。

5分もしないうちに「高峰山へ」

赤リボンで歩く道が示してあります。

 

f:id:yueguang:20200309094700j:plain

 

歩く時間としては、往復1時間ちょっと。

高尾山より短い歩行時間なのに、なんていい景色!

何度も振り返ってしまいます。

 

 f:id:yueguang:20200309100946j:plain

 

隣にスキー場があるのですが、気持ちよさそうだなぁ。

雪原にカラマツが影を落とし、その模様は太陽の光に揺れる海の底のよう。

実は、まるでバラ!

 

f:id:yueguang:20200309102011j:plain


f:id:yueguang:20200309102056j:plain

 

シャクナゲの葉っぱも寒いのか、くるんと丸まって細っこくなっています。

でも、先っぽにはちょこんと芽が。

春の準備を始めていました。

 

 f:id:yueguang:20200309104304j:plain


富士山も見えました。

北アルプス八ヶ岳

ぐるりと絶景!

これだけの景色…ふつうはけっこう登らなくては見られないけれど、ここなら少し頑張れば見ることができる。

30分も歩けば気持ちのいい尾根道へ出ます。

 

f:id:yueguang:20200309105539j:plain

 

「誘ってくれてありがとう」

一緒に登った人が、絶景を目の前に言ってくれました。

こちらこそ、一緒に登ってくれてありがとう。

 

 f:id:yueguang:20200309110508j:plain

 

山頂には祠がありました。

これからも楽しく山を歩けますように、と祈ります。

絶景を眺めながら、宿で買ったあんずを食べてのんびり。

頭上には雲ひとつない、真っ青な空。

 

f:id:yueguang:20200309110905j:plain

 

さて、そろそろ下山しますか。

宿でお昼ご飯として、おそばをお願いしてあるので12時には戻らないと。

歩いているときは暑いのに、下りたら体が冷え切っていました。

 

f:id:yueguang:20200309122056j:plain

 

野天風呂で暖まってから、おそばをいただきました。

小諸そば、うまい!

 

f:id:yueguang:20200309123559j:plain

 

自分が「楽しい!」と思うことを同じように「楽しい!」と喜んでくれる人と一緒に来ることができて良かったです。