山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

五竜山荘

f:id:yueguang:20200929210117j:plain

春先にこの模様が山肌に見えるそうです

f:id:yueguang:20200929215641j:plain

五竜山荘について(山小屋のご案内)| 白馬岳だより(株)白馬館

 

今回のメイン「五竜岳

おとなりの唐松岳もそうですが、ゴンドラやリフトであっという間に標高を上げることができ、眺望もいいため人気の山です。

五竜山荘はいつも混んでいる。

山でたまに話すと、よく聞くんです。

「きっと行くことはないんだろうな」と思っていました。

コロナウィルスで、山小屋に泊まる人数が制限されている今ならいけるかも、と天気を見て2日前に申し込んだのですが、紅葉前の平日のため空きがありました。

こんなことがなかったら、行ってみたいけれど行けない山、のままで終わってしまっていたと思います。

良かった、来れて。

帰ってきた今、本当にそう思います。

 

 

受付を済ませ、まず着替えてサッパリします。

汗でかなり冷えてしまったようで寒く感じてダウンも着ました。

トイレの中に更衣室もあります。

 

よ~し、小屋前のベンチで五竜岳から雲がとれるのを待とうっと!

なんか炭酸が飲みたいけれど、コーラとファンタグレープか…缶だと半分以上残さなくちゃいけないしな…リポビタンDにしました。

けっこうおいしいんですね。

手ぬぐいもやっぱり買いました。

人気のTシャツらしいのですが、お酒が飲めないので…

f:id:yueguang:20200929214928j:plain

 

…いつまでたっても五竜岳が見えないので、いったん寝床へ戻ります。

窓から見える景色は、窓枠が額縁で絵画のようです。

雲がめまぐるしく動くから、いつまでも見ていられる。

f:id:yueguang:20200929215000j:plain

天井が高くていいなぁ。

正座して頭が当たるってところもありますから。

f:id:yueguang:20200929215031j:plain

え?

畳、約5枚の幅に定員16人?

横になっているのも合わせると7.5帖なのだけれど、ここに16人?

涸沢並みなんだ…

いつも混んでいるという理由がちょっと分かりました。

f:id:yueguang:20200929215133j:plain

寝返りをうたず、棒のようになっていればいけるのかもしれないけれど、体格のいい人がいるとちょっと難しい…?

ザックは廊下かな、でも2段✕16人のザック=36個…やっぱり二度と泊まれないかも…

f:id:yueguang:20200929215108j:plain

 

受付時、まず驚いたこと。

朝食の時間が5:00~7:30で、幅があること。

ご来光を五竜岳の山頂で見ようとすると、山小屋の通常の朝食(5:00~6:00)だと食べられません。

7:30ならゆっくり下りても余裕があります。

すごくいいな、と思いました。

いつもそういう理由で、山小屋で朝食を食べなかったから。 

 

稜線にある山小屋ですが、宿泊者は水を無料でいただけます。

お湯は500ml、100円でした。

お腹が弱い人は天水だとダメな場合もあるので、心配ならペットボトルを購入した方がいいです。

f:id:yueguang:20200929215243j:plain

f:id:yueguang:20200929215312j:plain

 

布団を敷いてシュラフカバーの中にくるまって休んでいると、外が明るくなりました。

急いで外に出てみると、青空と雲海。

みんな思い思いの場所でただ、空と雲と山を眺めています。

すごくいい時間だな、と思いました。

同じものを見ている。

でもそれぞれの時間を過ごしている。

1時間くらい眺めていました。

 f:id:yueguang:20200929215344j:plain

 

小屋の周囲を歩いていると、食堂の窓枠にでっかい蛾。

もふもふしていそう。

触りたくなるけど、触っちゃダメなんですもんね。

触覚(?)の部分とか、シダのようじゃないですか。

ジーっと観察。

f:id:yueguang:20200929215423j:plain

 

夕食の時間です。

食事も密にならないように、3回に分けていました。

この小屋は珍しく厨房が丸見えです。

なんか懐かしい。

f:id:yueguang:20200929215454j:plain

ずっと前からカレーのいい匂いがしていたのです…早く食べたい!

カレーの他に、コロッケやナゲット、生野菜、フルーツもありました。

味噌汁とカレーはおかわりできます。

カレーは辛いのにとてもおいしくて、もちろんおかわりしました。

体がぽっかぽかになり、ダウンをすぐ脱ぎました。

 

 

ベンチでのんびりしていたとき。

15:00過ぎに到着した男女が受付に向かいました。

本当はここではなく、3時間弱先にある唐松岳頂上山荘に予約を入れていたそうですが、時間的にも体力的にも難しいと判断したのだと思います。

しかし、五竜山荘も定員を減らした状態での満室だったので、ちょっとしたやりとりがありました。

結局、どこかの部屋をあけて(?)泊まってもらえるようにしたようです。

本来泊まる山小屋へのキャンセルも、五竜山荘の小屋の人に頼んで断られていました。

 

定員を減らして予約を受け付けている状態で、もしその2人が予約を入れていなければ、ここが満室だったことを考えても、唐松岳頂上山荘にも誰か泊まれたかもしれません。

山小屋は天候が悪ければ簡単にキャンセルされてしまいますし、こういうキャンセルもあるのです。

それでも受け入れるしかありません。

予約を入れた小屋にどうしても泊まるために、何が何でも無理して歩かなればいけないとは思いません。

暗くなって動けずに救助を呼ぶことになったら、そのほうがずっと大変なことになるからです。

自分の体力・技術力の精一杯で計画をたてるのではなく、余裕をもった計画にしなくてはいけない、とその2人を見て改めて思いました。

 

f:id:yueguang:20200929215722j:plain

 

続きます。