山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

南房総 岩井温泉 網元の宿ろくや

南房総 岩井海岸 岩井湯元温泉の網元の宿ろくや 公式サイト 磯料理と温泉と海水浴の宿。

以前、妹夫婦と泊まったことがある魚のおいしい宿です。

そのあと行きたくても、なかなか予約がとれませんでした。

f:id:yueguang:20210413201202j:plain

最後にどーんと出てきた、マグロのかぶと焼きに度肝を抜かれた記憶が…

そのときはすでにお腹いっぱいで食べられなかったので、今回は金目鯛の煮付けを選択しました。

お刺身もほんとおいしくて。

お風呂も全て貸切で入ることができます。

f:id:yueguang:20210413201055j:plain

知り合いの情報では、姉妹店の鏡ヶ浦温泉のrokuzaは、ろくやより高級な感じだそうです。

貸切風呂は7つ。

広めの貸切風呂は3つ。

チェックイン日は、このうち1つは時間指定で入れます。

ほかの4つの貸切風呂は、扉の前の「貸切中」「空き」の札で使用中かを示し、空いていたら入れます。

翌日の朝は5:00〜、7つすべてのお風呂が空いていたら入れます。

アメニティ完備なので、こだわりがなければ化粧水なども持参する必要はありません。

 f:id:yueguang:20210413200959j:plain

4つのうちの1つが運良く空いており、山歩きでびっしょりの汗を流すことができました。

ヒノキのお風呂。

こぢんまりですが、2人で入るにぴったり。

f:id:yueguang:20210413201139j:plain

夕食前には、時間指定の貸切風呂へ。

「石音の癒」

5人でもゆったり入れそうな大きい浴槽。

いいわぁ〜、ここ。

f:id:yueguang:20210413201539j:plain

そして夕食…

昼にアジフライと大盛ご飯、海鮮丼を食べたことを後悔する量です。

おにぎりふたつにしとけば良かったよ…

でもあのときは腹ペコだったんだもの。

f:id:yueguang:20210413201306j:plain

舟盛りの大きさに圧倒されますが、すべてがウマイ!

ここの刺身がいちばんじゃないかと思います。

 f:id:yueguang:20210413201409j:plain

どんどん料理が運ばれてきて、金目の煮付けに、とろろご飯でシメですが、食べすぎてもお腹ってこんなに出ないでしょ…というくらいの、はちきれっぷり。

熱々の石を入れて仕上げる汁物もおいしくて。

f:id:yueguang:20210413201510j:plain

いつもはつまめるお肉がパンパンでつまめません。

明日の朝までにお腹がすくのか、心配しつつ眠りに落ちました。

 f:id:yueguang:20210413201647j:plain

さて、朝風呂も2回入りました。

寝ただけなのに、お腹もなぜかへこみました。

f:id:yueguang:20210413201725j:plain

朝ごはん。

なんてきれいなんだろう。

できたて茶碗蒸し、まろやか~。

干物は選べます。

私はサバ、ツレは金目鯛を。

サバはしっとり、ふっくらしていて甘みを感じます。

選んで正解。

f:id:yueguang:20210413201756j:plain

イカの沖漬けもうまい〜。

食欲全開!

「明日の朝、食べれるかな…」

そう言い合っていたのに、ご飯おかわりです。

デザートのプリンがまたおいしい。

 

部屋に戻ってお布団にごろん。

あ〜、至福のとき

f:id:yueguang:20210413200249j:plain

そういえば、私たちの部屋は「凪」でした。

鬼滅の刃でいちばん好きな義勇さんの技じゃないですか。