山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

宮古島でダイビング その1

羽田空港で夜明けを迎えました。
空港はいつだって特別な場所ですが、真っ暗なときはさらに特別感が増しますね〜。
大きな窓から見渡す限り、煌々と明かりがついていて闇が際立ちます。
 
地元のコンビニで買ったサンドイッチ2パックと大福を食べてひと息。
明るくなるにつれて、少し人が増えてきましたが、緊急事態宣言が解除されているとはいえ、まだ6時前。
ごった返すほどではありません。
 
9.11テロのあと、いろいろな場所からゴミ箱が撤去されました。
でも今は戻っています。
ゴミ箱と一緒にしちゃダメかもしれないけれど…
気兼ねなく笑い、好きなときに好きな場所へ好きな人と行ける生活が戻ってきたなぁって実感できる日がきますように。

f:id:yueguang:20211019204121j:plain

富士山だ〜。

宝永火口へ来年、歩きに行きたいな。

 

宮古島へ。
沖縄へは離島も含め、何度も行っているのですが、宮古島は初めて。
射し込む光が美しい地形ダイビングがメインのようで、楽しみだなぁ。

f:id:yueguang:20211019204441j:plain

あ、まもる君だ。
宮古島の安全キャラクター(?)です。
どっかの交差点にいるらしいです。

f:id:yueguang:20211019204244j:plain

本当は昨日出発するつもりだったのですが、海は大時化、強風(台風か、ってくらいの風だったようです)のため、行っても潜れないし、1日ずらしました。
今日もまだ、うねりは残っているでしょうが、酔いどめのんで祈るだけ。
10:00頃の到着(JALの直行便は、今のところこの1便だけ。ちなみに帰りは夜遅いです)なので、到着日も2ダイブできます。

タクシーでダイビングショップ「カラカラ先生のダイビングスクール」へ向かい、2階の宿泊施設へチェックインして、水着に着替えて港へ。

f:id:yueguang:20211023132802j:plain

1ダイブ終えて港へ戻ってきたみなさんとカレーライスをいただいてから、船へ乗り込みます。
 
午前中潜ったときは、うねりがけっこう残っていたそうで、港からボートで50分くらいかかりますが島の南側、風の影響が少ないポイントを目指すことになりました。

f:id:yueguang:20211023133021j:plain

いいほうへ天気予報が外れると嬉しい!
「ボートでいちばん酔わない場所はどこですか」
ボートの上の部分は寒いけれど風があるから、そこに転がっていていい、とのことだったのでお言葉に甘えて。
太陽ぽかぽかできもちいー。
今日は3時過ぎに起きてますからね…
あっという間に眠りに落ちました。
途中、多少の揺れはあったものの酔わずに到着。
 
ほんとに凪だ…
奇跡…
透明度もそこそこあります。
「遠くまで来た甲斐あったねぇ」
 
器材をセッティングし、足から落ちるジャイアンストライドエントリーで、海の中へ。
あ〜、これが宮古ブルー!
やっぱり沖縄の海がいいなぁ、明るくて。
 
私にとって(みなさんは2本目)の1本目「ガオー」は地形ポイント。
射し込む光が最高!
このなんともいえない青…
うっとりします。

f:id:yueguang:20211023135929j:plain

f:id:yueguang:20211023133803j:plain

 

f:id:yueguang:20211023140101j:plain

シルエットがかっこいい!

なんて特徴のあるしっぽの形。

かっこいいですよね。

アカモンガラです。

モンガラ~ってつくと、噛みつくってイメージがあるのですが、これは威嚇はするけど噛まないそうです。

ガイドさんは何でも知ってるなぁ…すごすぎる。

シルエットはかっこいいけれど、顔をよく見ると愛嬌があります。

体の色もグラデーションっぽくてきれい。

f:id:yueguang:20211023140318j:plain

しかもこの個体はずっと縦に泳いでいました

 

1時間ほどボートの上で休憩。
今日の最終ダイビング、2本目は「ムイガ」
ここには、かなり長生きしているセジロクマノミがいます。
白いラインが背中からはみ出ているから「はみ子」と名付けられているそう。
私の写真の腕と根気では、動きが素早いクマノミの背中を撮るなんてできませんでした…
 
哲学者っぽいなぁ、といつも思うメガネゴンベ
サンゴや岩の隙間にすぅっと挟まっています。

絶対なにか考えてるでしょ、この表情。

f:id:yueguang:20211023135317j:plain


宮古島には多いという「タマイワスナギンチャク」
キノコのような花のような。

f:id:yueguang:20211023140707j:plain

 

私が酔う最大の難関「3分間の安全停止」も、5m深度あたりを泳ぎ回っていられるので問題なし。
 
港へ戻るときも、ぽかぽか。
宮古ブルーを思い浮かべながら再び寝た。

f:id:yueguang:20211023140804j:plain

 
ここが泊まる部屋です。
風が通る。
30℃近くあっても窓をあけて扇風機をまわすだけで心地いい。

f:id:yueguang:20211019204920j:plain

宮古島って、どんどんリゾート化されていて宿泊が高いんですよ。
ここなら、朝に軽食(食パン、ジャム、インスタントスープ、コーヒーらしいです)もついて4000円ほどです。
シャワーとトイレは共同ですが、翌日のダイビングもあるので遅くまで騒ぐ人もいないでしょうし、お得です。

f:id:yueguang:20211027182715j:plain

 

 

夜ごはんは1100円で用意してくれるのですが、みんなでワイワイ食べるのは苦手です。
山小屋でもそう。
ごはんは好きな人と、または、ひとりがいい。
なので、外へ食べに出ます。

f:id:yueguang:20211019205101j:plain

歩いて10分くらいの「割烹居酒屋すえひろ」へ。
さて、何にしよう。
カウンターにいたおじちゃんが
「これ、おいしいよ〜」
って教えてくれた、沖縄そばをつかったイカスミソバと、フーチャンプルーを注文。

f:id:yueguang:20211019205154j:plain

f:id:yueguang:20211019205215j:plain

ヤシガニは高価(獲れる量も少なくなっている)&ひとりで食べるには多いそうでやめました。
 

f:id:yueguang:20211019205128j:plain

西へ来てるんだ、と実感します。
日の入りが1時間くらい違うんじゃ?
 
朝ごはんを買います。
イカスミソバも食べきれずに持ち帰ったんですけどね。
肉のおかずを少々。
タンパク質は必要だからね。

f:id:yueguang:20211019205451j:plain

10/17は、沖縄そばの日なんですって。
そば粉をつかわなくても、そばと表示することを認められた日とのこと。
ファミリーマートに、宮古そばとつゆが売ってました。
ゆし豆腐も。
この古謝そばは、観光客に人気だそうです。
 
へぇ、チンするじゅーしーのご飯かぁ。
お土産に買いました。

f:id:yueguang:20211019205557j:plain

 
見たことのない飲み物。
甘そうなのでやめました。

f:id:yueguang:20211019205643j:plain

 
明日も楽しく潜れますように。
続きます。