山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

東伊豆の赤沢へ

今年最後のダイビングをしようと思っていました。

豪雨の日だったので、キッパリあきらめました。
ダイビングのあとに宿泊予定だったDHCの赤沢温泉ホテルへと、ワイパーをいちばん速くしても雨がたたきつける天気の中を出発。
スピードを出していなくても、対向車のしぶきが衝撃になるくらいの大雨でした。
 
ここのお風呂は、すべて展望がいいんです!
湯船に体を沈めると、向こう側の青い海に湯がしたたり落ちてゆくような…
それくらい海との一体感を感じられます。
 f:id:yueguang:20211114101422j:plain
 
宿泊棟の隣に、日帰りの温泉館があります。
源泉がそれぞれ違うそうなので、両方行きましょう。
宿泊客はチェックイン前もチェックアウト後も、無料で利用することができます。
DHCの施設だけあって、クレンジングやシャンプー、お風呂上がりの化粧水などは完備されていますが、日焼け止めはないので持参を忘れずに!
普通は持っていきますかね、化粧もしますんね。
日焼け止めしか塗らないので忘れてました。
「手ぶらでいい」の意識が強すぎて。
 
夕食は…
お品書きを見て、まず思ったこと。

f:id:yueguang:20211114101507j:plain

「少なすぎる」
前菜も金目鯛の煮付けもおいしかった。
だけど少ないぞ!
デザートをいただいたら、そのまま日帰り温泉館へ行って
「レストランでラーメンを食べよう! これじゃ足りんぞ!」
と、ツレとこそこそ話していました。
が、シメの食事が
駿河ごはん
・そば
から選べたのですが、この駿河ごはんがおいしくて。
しかもおかわりもできまして。
f:id:yueguang:20211114101539j:plain
満腹になって部屋へ戻り、ベッドへと倒れ込みました。
 
寝る前に、屋上の露天風呂「天穹の湯」へ。
たまたま誰もいなくて、頭上の星、真っ黒い海に浮かぶ釣り船の明かりなどを眺めながら、ぼんやりしました。
 
そして、夕食よりオススメなのが朝食です!
私はここの朝食バイキングが1番だと思っています。
食べたいものがたくさんある。
揚げたてのアジフライもありました。
f:id:yueguang:20211114101637j:plain
2杯目は、しらすをたっぷりのせた白メシ。
小松菜やレモンのスムージーもおいしくて、ゴクゴク何杯も飲んでしまいました。
普段の生活では、スムージーなんて飲みもしないんですけどね。 
夕食よりもお腹いっぱいになって、ベッドへ倒れ込みます。
ダイビングをしていたら、こんなに食べられなかったなぁ…できなかったけれど良しとするか…

f:id:yueguang:20211114101723j:plain

部屋の窓はとても大きく、露天風呂からの眺めと同じように、海が視界いっぱいに広がります。
風がまだ強く、波がパチャついてる。
良かった…酔うわ、これ。
 
f:id:yueguang:20211114101759j:plain
チェックアウト後、「もう温泉はいいね」と象牙美術館へ。
もう何度目だろう、行くの。

f:id:yueguang:20211114101235j:plain

とくに展示品が変わるわけではないのですが、驚くために行ってます。
人の手がこれを彫ったんだよなぁ…と。
象牙からこれを彫り出せるなんて。
しかも仕上げは彫刻刀(思ったより大きい)って、マジですか?
三代にわたって、とか根気がハンパない。
f:id:yueguang:20211114101842j:plain

f:id:yueguang:20211114101924j:plain

フラッシュなしなら撮影可なので、撮って拡大して驚く、を繰り返します。

象牙からくり抜いた球体の中を何層もに彫るなんて、どうやるのよ?

 

f:id:yueguang:20211114102028j:plain

 
ほかに、着色をせずに自然の色を活かした石をつかったもの、西遊記楊貴妃の絵巻も見事でした。
 f:id:yueguang:20211114102138j:plain

f:id:yueguang:20211114102213j:plain

 
でもやっぱり象牙に目が奪われます。
象牙の曲線をいかしたこの作品も美しいです。

f:id:yueguang:20211114101328j:plain

 
伊豆でほかに観光をするところが思い浮かばない&お腹がいっぱいすぎて、昼ごはんを食べるのは無理、と帰路につきました。