山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

吾妻山公園へ菜の花を

花粉症の薬を飲み始めて1週間。

眠くてたまりません。

朝から山に行こうと楽しみにしていたのに、まさかの寝坊。

でも今日は駅から20分で登れてしまう山、というか公園なのでのんびり出発で問題ナシ。

吾妻山公園/二宮町ホームページ

東海道線二宮駅小田原駅から近い)を目指します。

座席でうとうとしていると、サザンの曲が聴こえてきました。

そうか、茅ヶ崎駅の発車ベルはサザンなんだ~。

窓から外を眺めると、ボートがたくさん。

そして真っ白な富士山。

これだけでも来て良かった~と思います。

f:id:yueguang:20220201204450j:plain

二宮駅に着きました。

発車ベルが朧月夜なんだ、この駅は。

朧月夜 (歌曲) - Wikipedia

さすが、菜の花が自慢の駅ですね。

f:id:yueguang:20220201205544j:plain

北口を出ると「吾妻山公園 梅沢口」への案内看板がありました。

10分ほどで鳥居があり、階段を上ります。

f:id:yueguang:20220201204808j:plain

何段か数えるの忘れてしまったけれど、緩やかなのでゆっくり上れます。

少し上がっただけで、キラキラと海が見えてきました。

「吾妻山 菜の花ウォッチング2022」は、2022.1/8(土)~2/13(日)に開催。 | 湘南二宮町観光ナビ

f:id:yueguang:20220201205226j:plain

6万株の早咲きの菜の花と富士山という景色を見たくて。

今年は早く咲き始めたので、1月半ばが見頃だったそうです。

まだ咲いてくれているかな…と思いながら階段を上っていきます。

また鳥居がありました。

f:id:yueguang:20220201205325j:plain


いきなり青空に映える黄色が視界に飛び込んできました。

咲いてくれてた…

f:id:yueguang:20220201205354j:plain

海と富士山と菜の花。

想像していたより、ずっとずっときれいでした。

f:id:yueguang:20220201205428j:plain 

少しですが、木道があり菜の花の中を歩けます。

f:id:yueguang:20220201205521j:plain f:id:yueguang:20220201205648j:plain

桜の木も植わっていました。

富士山と桜かぁ。

水色と薄桃色なんて、きれいに決まってる。

 

無風でポカポカしていたので、ベンチに座って音楽を聴きながらぼんやりします。

ほんと、この時間が好き。

 

f:id:yueguang:20220201210041j:plain

富士山の左には、この前登った金時山が見えました。

 

f:id:yueguang:20220201205944j:plain

菜の花の向こう、穏やかな海を見ながら考えました。

近年、100年に一度、50年に一度、と形容されるような災害が頻繁に起こります。

揺れる大地、あっという間にすべてを奪い去る海、前が見えないほどの豪雨、広い範囲で氾濫して暮らしていた場所をのみこむ川…

そのとき、どこにいるかで、命が終わるか続くかが決まってしまう。
でも、私たちの日常はそれらに生かされているのも事実です。
作物を育てる恵みの雨、火山の麓には温泉がわき癒してくれる。
海は眺めても潜っても最高!
備えて、これからも共に。

f:id:yueguang:20220201211608j:plain 
さて、お腹がすいてきました。
他にも道があるのかなぁと探したのですが、当然、空腹の方が勝ります。
最後に榎の大木を見上げて、来た道をさっさと下りました。
f:id:yueguang:20220201210258j:plain
 
二宮駅から、熱海方面へ4つ目の早川駅へ。

f:id:yueguang:20220201210339j:plain

私はアジフライが好きです。
小田原ではよくアジフライを食べますが、せっかくなので違うところで食べようと調べました。
今回は「さじるし食堂」でいっぱい食べよう!

【公式】小田原漁港 さじるし食堂 @小田原市

f:id:yueguang:20220201210407j:plain

電車の中でメニューを見て、海鮮丼と半生アジフライ単品にしようと決めていたのですが、お店に入ったらお姉さんが「今日はイワシがおいしいよ~」と。

f:id:yueguang:20220201210515j:plain

イワシ!!

大好きです!

それにします。

で、イワシの天重と刺身に、半生アジフライ。

f:id:yueguang:20220201210544j:plain

「これ食べて待っていてくださいね~」

と、骨せんべいをくれました。

ポリポリ、うまい。

20枚くらいいけそう。

f:id:yueguang:20220201210803j:plain

まず、イワシの刺身。

なんて美しい色。

そして、なんておいしいんだろう…

間違いなく、人生でいちばんおいしいイワシの刺身でした。

f:id:yueguang:20220201210824j:plain

お次は、半生アジフライ。

衣はついているけれど、刺身でしょう、この色は。

まず、何もつけずに。 

添えられたポン酢や味噌ダレもつけましたが、針生姜をのっけて醤油につけたのがおいしかったなぁ。

 

天重は…やっぱり重かった。

勢いで注文してから、ダメかも…と気づいたんです。

天ぷら、苦手なんですよ。

というか、油をたくさん食べられない。

うっかり、すきっ腹にワシワシかっこんじゃったけれど、半分も食べないうちに失速。

お腹がいっぱいじゃないのに失速したの初めてです。

ほかにエノキ、ナス、大葉、サツマイモ。

 

いや~、満腹です。

食べたら眠くなってきた。

f:id:yueguang:20220201210959j:plain

小田原駅までは2kmほど。

のんびり歩いて汗かいて、駅前でバナナソフトを食べて、今回の遠足はおしまい。

f:id:yueguang:20220201211139j:plain 

今夜はおでんにしよう~、と練り物セットを買って帰りました。

それでも15時前。

いい1日だったなぁ。