山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

父と伊豆へふたり旅 その1

父が「どこかへ行きたい」と珍しく言ってきたので、じゃあ行きますか、と。

プチ家出です。

仕事をしていた頃の生活時間そのままの父(18時に寝て2時に起きる…)と母の生活リズムが合うはずもなく、毎日ではありませんが両親は別々の家にいることがありました。

ですが高齢なこともあり、お互いが心配になったのでしょう。

同居が始まりました。

心配で電話をすると…

マイペースすぎる母に毎日のように声を荒げていた父も、だんだん菩薩のようになっていて驚きました。

「言ってもしょうがないんだよ…」

やっとかい!

私はずいぶん前から知ってたよ。

 

周囲の人に言うと驚かれるのですが、妹も私も、父とふたり旅をけっこうしています。

私とふたりで出かけるときに、毎回出るネタがありまして。

乗り物好きな父を喜ばせようと、妹が奮発して立山黒部アルペンルートに連れて行ったときのこと。

妹も登山をしています。

今は子どもが小さいので泊りがけの高い山はお休みですが、以前はテントをかついでよく2人で出かけました。

眼前にそびえる北アルプスの山々の大きさに驚く父に、山の名前を妹が教え始めたそうです。

すると、隣にいたおじさんが我慢できなくなったように「違う!!」と。

そして全部訂正されたって!

なぜ自信満々に、周囲に聞こえるような音量で言っちゃったのですか…妹よ。

山に登って山座同定(見える山の名前を確認すること)をするたび、いつも間違えて私に笑われていたではないか。

妹がハッキリ分かるのは槍ヶ岳と富士山だけだと思います、きっと。

 

父をつれて行くならどこか涼しいところへ…と、上高地あたりを考えたのですが、ああいう格式高いホテルは落ち着かないし、なんといっても高いしなぁ。

泊まったことないけど。

上高地バスターミナルから2時間歩ければ徳澤園だけど、疲れちゃうかな。

高速バスと歩きで、片道7時間以上かかってしまうし…

 

魚が好きだから、記念すべき最初の家出は伊豆にしよう。

キンメがおいしい稲取を目的地にしました。

 

その前に、小田原でランチ。 

魚が美味しい小田原の海鮮料理店|SAKANA CUISINE RYO

私は、マグロカツ丼。

父は、海鮮漬け丼。

数十種類の魚のぶつが入っているそうです。

 

稲取は、つるし雛が有名です。

小田原から熱海、熱海から伊豆高原伊豆高原から稲取(踊り子号)…と乗り継いで、のんびり宿へ向かいます。

熱海からは、先日も乗ったキンメ電車でした。

真っ赤なカワイイ車両。

窓が大きく海に向いている座席も最高です。

 

計画した時点では、台風で2日間とも雨予報だったので、晴れて嬉しい〜。

 

【公式HP】伊豆稲取温泉 | 石花海 別邸 「海うさぎ」

無料の貸切風呂が4つもあるんだ!

予約制ではなく、空いていれば扉横の札を「使用中」にして鍵をかけて入れます。

4つのうち、いちばん手前の「春うさぎ」 は、バリアフリーでした。

赤ちゃん用のベッドもありましたよ。

 

下の写真は、冬うさぎです。

 

宿泊者は、向かいにある姉妹館(石花海)の大浴場も利用可能です。

石花海(せのうみ)のお風呂はきっと、遮るものなく海がどーんと見えるのでしょう。

でも、貸切でのんびり入れるほうがずっといい。

3人は入れる大きさの湯船です。

熱めの湯でサッパリ。

脱衣所も広々としており、とても気に入りました。

 

父とおしゃべりをしながらゴロゴロ。

 

お腹がすいた。

量はそう多くはなく、キンメのしゃぶしゃぶや煮つけもありました。