山、はじめます。

生きていれば、山を元気に歩ければ、こんな景色に出会うことができる。こんなに幸せな気持ちになれるんだ。

八ヶ岳 オーレン小屋

ここには、お風呂があるんです!

そして、夕食のメインは桜鍋(連泊の方をちらっと見たら豚肉でした)なんです!

八ヶ岳オーレン小屋(硫黄岳 天狗岳 赤岳 登山に最適な山小屋)

 

八ヶ岳に登るときは茅野駅を利用するのですが、ほぼ毎回「さくらさく」という馬肉料理屋さんに行きます。

そこで食べるのが八ヶ岳登山の楽しみのひとつなのですが。

さくらさく | 信州の馬肉文化と新鮮な高原野菜が織りなす、小粋な一夜

今回の1日目は朝イチのバスだから食べられない。

下山は定休日に当たってる…

だから馬肉は食べられないと思っていたのに、山小屋で食べられるとは。

 

 

入浴は夕食までとのこと。

空いているうちに入っちゃお。

シャンプーや石鹼は使用禁止ですが、そうだとしてもお風呂は爽快感があります。

汗拭きシートだけでは落としきれないものがきっとあるんですね。

かき混ぜても熱かった…

カラスの行水だったけれど、サッパリしました。

日焼けにしみます。

腕が白と赤に、二分割されています。

首の後ろと耳の後ろも痛い。

今日は、左と後ろから日差しを受けました。

日焼け止め塗らなきゃ、こうなりますよね~。

昨日に続き、今日も個室でした。

平日はすいているそうです。

布団にインナーシーツを敷いて、その上にゴロン。

明日の計画の練り直しをしないと。

天気が悪くなるみたいなんですよ。

それが何時からなのか。

 

①計画通り、東天狗~白駒池でバスで茅野駅へ(歩行は約6時間)

②オーレン小屋から約2時間歩いたところにある桜平へタクシーを呼んで茅野駅

 

早く降り出すなら②なんだけど、問題はタクシー代。

茅野駅→桜平まで8000円くらいというのは、以前運転手さんに聞いて知っているのですが、桜平へ呼ぶとなるとそれ以上かかるらしい。

かといって歩くのはなぁ…

茅野駅までは10km以上あるらしいし、この暑さです。

途中で路線バスが偶然通ればいいけれど、タイミングが悪ければ歩き続けなくてはならない。

限界まで歩いてタクシーを呼ぶか。

山を歩くのはいいですけど、舗装路を延々と歩くのは嫌なんです。

タクシー代だって、数人で割れればいいけどひとり。

中央アルプス空木岳のようにタクシーしか行けないっていうのならいいんだけれど…まぁ、桜平もバス便がないのだから同じなんだけど…でもなんか。

 

 

あ!

なんで思いつかなかったのか。

雨が早くに降り始めてもいい道があるじゃんか。

 

初めて八ヶ岳に来たときに歩いた道を思い出しました。

JR小海線の小海駅からバスで稲子湯、そこから歩き始めて「しらびそ小屋」に泊まったのです。

あそこも森の中だった。

雨が降っても①より心配ないし、歩行時間も4時間弱と短い。

 

雨の心配さえなければ①がベストだったんです。

東天狗だって景色はいいし、白駒池のほとりにはおいしいカレーがありますし。

食事|北八ヶ岳 白駒の池 白駒荘|公式ホームページ

どれだけカレーを食べようとしているのでしょう。

 

そうやって計画を立てているうちに、お客さんが増えてきて気付きました。

この音、どこからするの?

ドゴゴゴゴゴ…

扉の開閉音なのでしょうが、下からなのか隣なのか。

判然としませんが、すごく響く。

耳栓をしても体に響く。

嫌な予感がします。

消灯時間まで続くのでしょう。

そして夜中にトイレに起きる人がいれば、そのたびに目が覚めそう。

 

まぁ、音問題は仕方ない。

③の案が出てきたのは良かった。

問題は稲子湯から小海駅へ行くバスが運休していないか、です。

調べるにも、ここはdocomo以外は電波ナシ。

いちかばちか、で行くとしよう。

茅野駅まで歩くより、稲子湯から歩く方が距離が短いので現実的です。

バスが走ってたらラッキーってことで。

走ってなかったら歩けばいいさ。

 

お腹すいた~。

桜鍋の夕食です。

甘めの味付けでおいしい。

 

食後は部屋で、持ってきた本を読みながらストレッチをして過ごしました。

今日の赤岳往復で、すでに筋肉痛。

歩いているときにけっこう麦茶を飲んだつもりだったのに、全然足りていなかったようです。

午後からまったくトイレに行かないのが気になる。

心配で寝る前にいっぱい飲んだら、目が一重になりました。

腫れぼったい。

 

翌朝、目が覚めると青空でした。

天気予報を確認すると、12:00から雨マーク。

①でもいけそうだけど、昨日の時点では夕方から雨予報だったのが早まっているから、やっぱり③にしよう。

朝ごはんをいただき、出発です。

 

 

続きます。