山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

その靴底、剥がれませんか?

冠婚葬祭の場でよく見かけませんか?

裏がべろーっと剥がれてしまった靴。

足を持ち上げるたびにベロンっと持ち上がり、着地するときにペタン。

1歩1歩、歩くたびに音がして恥ずかしいですよね…

たまにしか履かない靴に起こる現象ともいえます。

 

理由は

  • 保管場所が悪かった
  • 単純に劣化。いつも履いていないから気づかなかった

 

ほとんどの接着剤に共通することだと思われますが、最初の柔らかなトロトロの状態から、少し乾くことで接着力を発揮するわけです。

暑い場所にずっと保管していると靴底の中で、この接着剤が溶けてしまい剥がれるのです。

買った箱のままでの保管もやめましょう。

 

剥がれた場合の応急処置としては、セメダイン発売の「シューズドクター瞬間接着剤」がいいかもしれない、とは思っているのですが…できれば試したくない。

底が剥がれた靴をワイヤーやガムテープでぐるぐる巻きにして歩き続ける光景…山の中で何度も見ていますが、「お気をつけて」しか、かける言葉が見つかりません。

私は幸い一度もありませんが、毎回チェックは欠かしません。

今までは合う登山靴がずっと見つからず、頻繁に買い替えていたおかげで劣化することもなかったのですが、ゴローの靴はずっと履き続けられそうなので。

 

剥がれてしまったらそのときの現在地にもよりますが、登山をやめて下山しなければならないかもしれません。

応急処置はできたとしても、またいつ剥がれるか分かりません。

ましてや、そのままで歩き続けるのは危険ですから。

剥がれた靴裏で石や木の根の上を歩くのは不安定、雨が降ってきたら染みて靴擦れやマメの原因になる、などなど。

出発前には靴底のチェックもしましょう。

あと、足つながりで、足の爪を山に行く間際に切るのも避けた方がいいです。

誤って深爪にしてしまうと、歩くたびに痛みがでることも。

 

以前、どこかの山で出会った方が、自転車のタイヤのチューブをカットしたものを持参していると教えてくださいました。

整地された場所を歩くのではない登山。

紐ではすぐ切れてしまいます。ガムテープも弱いしベタベタになるそうです。

 

f:id:yueguang:20190210151057j:plain

足元が不安だと、素晴らしい景色の中でも楽しく歩けません

 

以前、上司や同僚と山へ行きました。

山が初めての上司。

「でも初心者って思われたくない」

え? 誰に?

私以外みんな初めてって、周知の事実じゃん。

誰に対して見栄を張りたかったのか…意味不明。

中古の有名ブランドの登山靴をオークションで2万円で購入した、と聞いて「バッカじゃないの…」と言いました。

思うだけでなく言いました。

その日だけで20回以上。

だって、その金額払うならこんな何年前のだか分からない(しかもサイズ感がイマイチだったらしいです)のじゃなくて、最近の軽量化された登山靴が余裕で買えるでしょーが!!

つーか、スニーカーでいいって言っただろーがっ!

 

登り始めて5分もしないうちに、先頭を歩いていた私を呼ぶ声が聞こえました。

「ペース速いですか?」

「ううん、ちょっと来て…」

はーい。

 

先頭なので振り返れば、その日一緒に歩いている全員が見えます。

集団の後ろに、登山道には通常あまり見えない色が見えました。

黒いものが点々と。

「なんだ、あれ?」

と思いつつ、最後尾の上司のところへ。

 

「剥がれちゃった…」

!! 黒々としたものは上司の剥がれたボロボロの靴底。

 

ザックから小さなビニール袋を取り出し、ダッシュで回収。

恥ずかしいから。

歩き始めて30メートルくらいで剥がれ始めてるし。

役に立ってないじゃん。

まぁ、家からここまでの距離も歩いてきてるけど。

なんて、どーでもいいこと考えつつ回収を終え、上司の隣へ。

「そっち(反対側の靴)も貸して!」

「え?こっちはまだ剥がれてないよ」

「絶対すぐ剥がれるから!! 一応見せて!」

「やだよ、剥がれてないんだから」

あーはいはい。

 

はい、1分もしないうちに。

また呼ばれました。

同僚たちは爆笑。

ポロポロ剥がれていました。

同じ条件なんだから、遅かれ早かれ同じ運命なんですってば。

両方の靴の高さがそろったから歩きやすくなりましたね!

 

またダッシュで回収。

上司は、小学校の時に履いていたような薄ーい上履きの底みたいな状態で歩くことになりました。

「痛いでしょうし、帰れば?」と冷たく言いましたが、本人が歩きたいと言ったので距離を短くすることにして、最後までみんなで歩きました。

自分でもできるだけ平らなところを選んでいたそうですが、やはり小石を踏んでも痛かったそうです。

歩いている最中は何回尋ねても「全然平気!」って言っていましたが。

どんだけ強がりなんだ。

 

帰り道、新しい軽登山靴を15000円で購入したそうです。

さすが上司。おっかねもち~。