山、はじめます。

自然の中で過ごすって、こんなに幸せな気持ちになります!と伝えたくて。

雲取山の夜、熊の唸り声

妹と雲取山の山頂にある避難小屋に泊まったときのこと。

f:id:yueguang:20190406230850j:plain

この木に毎回挨拶をしています

途中で抜いた年配の女性に

「私、今夜テントで泊まるんだけど大丈夫かしら」

何について大丈夫か聞かれているのかが分からない。

気温か?

12月上旬のことですが数日前に降ったのでしょう、足元には数センチの積雪がありました。

「えーっと、夜中寒いかということなら寒いと思います」

「そうよねぇ、ご飯もねぇ」

ご飯?

持ってこないでテント泊ってことないよね?

「寒いのが無理そうだったら避難小屋が山頂にありますし、山小屋もありますよ」

とだけ伝えて先に行きました。

私たちは寝袋は持参していましたが、避難小屋がいっぱいだったら、山頂から少し下った雲取山荘に泊まる予定にしていました。

 

避難小屋には私たちだけでした。

そして私たちが夕食の支度を終えようとした頃、女性は到着しました。

こんな時間(外は真っ暗)だから、もう誰も来ないだろうなぁと思っていたのでビックリ。

「やっぱりテントやめちゃったわ」

「あら、ラーメンなの? いいわねぇ」など頻繁に声をかけてきます。

 

翌日は長時間歩く予定だったので、早めに寝袋に入りました。

寒かったので、夕ご飯で体が暖まっているうちに眠りたかったのも理由です。

途中で何度か目は覚めましたが、眠気も吹っ飛ぶような目の覚め方をしたのが深夜1時過ぎ。

動物の唸り声がします。

かなり大きい。

妹を見ると、妹もこっちを見ていました。

「まさか、熊じゃないよね?」

小声で囁きあいます。

避難小屋の周りをぐるぐると歩いているのか、唸り声は遠ざかったり近づいてきたりします。

「ここの扉、二重だったよね」

「確か、互い違い(どっちか忘れましたが、1枚目を左に開けるなら2枚目は右に開けるということ)になってた。熊って頭いいかな、開けれちゃうと思う?」

「開けれなくても、体当たりで一発でしょ」

どうしようどうしよう。

全然頭が回らない。それでも考えました。

とりあえず、一番上に着ていた服を脱いで左腕に巻きつけました。

一撃目を受け止めることになるかも、と思ったからです。

 

すると明らかに唸り声が変わりました。

強弱がない、笛のような甲高い音になったのです。

「あれ?」

「え?」

妹と同時に、避難小屋の対角線で寝ていた女性の元へ。

 

そうです。

ホンモノの熊ではないのです。

女性のイビキです。

すみません。

でも妹と私の恐怖は相当なものでした。

たった10分ほどでしたが、「2人そろってダメだったら、お父さんとお母さんに何て言おう(ダメだったら言えるわけないのに、動転しているから)」

ここで熊に襲われたら、まず逃げ切れないと思いましたから。

 

朝5時。

「あ~、あまり眠れなかったわ」と言いながら起きてきた女性に絶句。

私たちもです。

「あら、水が全部凍ってる~」

寝袋の外に出しておいたから(寒い季節は無造作に外に出しっぱなしにしません。保温袋に入れてザックの真ん中に入れたり、寝袋の中で一緒に寝たり)です。

今、室内ですがマイナス5℃ですから。

 「あなたたちのは?」

あげられません。これから歩く分もあるんです。

ご自分で溶かしてください。

「一緒に歩きましょうよ」

辞退させていただきます。

 

避難小屋は、広くはないので人数が多いと狭く感じるでしょう。

建物はしっかりしており、少し歩けばトイレもあります。

山頂からは富士山、街の灯りが見えます。